※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「カッカッカッカッカッカwwwww」

唯「笑止wwww」

紬「貴様達・・・愚弄しおって・・・」プルプル

梓「律殿も唯殿も度が過ぎますぞ!」

律「ん?中野よ、それはもしかして私に対する 暴言 か?」

梓「暴言?私は躾けをしたまで。学が無い者と話をするのは骨が折れる・・・」

律「中野ォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!」ゴキィ!!!

唯「天誅で御座るwwww天誅で御座るwwww」

澪「やめんか騒々しい・・・」



梓「・・・・・・」ブクブク

律「ほぅ、糞を漏らしたか」

紬「奇怪な・・・」

唯「律、何もそこまでする必要は無かったのでは?」

律「ふん!世が世ならとっくに殺められとるわ。私の広大な心に感謝せい!」

澪「品の無い・・・そろそろ稽古を始めるぞ」

律「何?一人で相撲でも取っておれ」

紬「カッカッカッカッカッカッカwwwwwww」

澪「うぅ・・・」



梓「私が糞を垂れるとは・・・不覚・・・」

律「話すでない、臭いを発するのは下の口からで十分じゃ」

紬「カッカッカッカッカ」

梓「私の口が臭いと申すか?」

唯「無論」

梓「気が付かんかったわ・・・」

澪「梓も気が付いた様だな、稽古を始めよう」

梓「おや澪殿、昼寝はしなくても良いのか?」

律・紬「カッカッカッカッカッカッカwwwwww」

澪「・・・・・」



澪「スパーーン!!スパーーーン!!!」ドシンドシン

梓「本当に相撲を取り始めよったわ・・・・」

律「やめんか騒々しい!!!」

紬「奇怪な・・・」

唯「しかし・・・ちと楽しそうじゃな・・・」

梓「正気か!?唯殿!」

唯「いやいや、本心では無いぞ!本心では」

澪「スパーーン!!スパーーーン!!!」ドシンドシン



澪「ふぅ・・・梓、どうであったか?私の四股踏みは?」

梓「美しゅう御座いました」

律「二度と此処でやるでないぞ!」

紬「姦しいのぉ」

唯「何処がぁ」

バン!

憂「姉上!姉上は居られるか!?」

唯「なんじゃ騒々しい」

律「唯の影武者か。いや、影武者は御主の方であったかの?唯」

梓「然様、唯殿の命を狙う者など居ませぬよ」

紬「うむ。同感じゃ」

唯「ぬかすな。して、何用じゃ?憂」

憂「はい、いえ、特に用は無いのだ」

律・梓・紬・憂「カッカッカッカッカッカwwwwww」



平成21年8月某日



澪「合宿をする!」

律「藪から棒になんじゃ!?やかましいのぉ」

唯「すまぬ、ちと厠に・・・」テクテク

紬「・・・チラッ」サラサラ・・・

澪「このままでは何時までたっても上達せぬぞ!折角の夏休みなのだから・・・」

律「では問うが、場所のアテはあるのか?」

澪「そ、それは・・・つ、紬よ?」

紬「何用?」

澪「別荘とか・・」

紬「無」

律「ほれ、他にアテは!?そこに行く為の銭は誰が出す!?答えよ!!!秋山澪!!!!」

澪「うぅ・・・」



ガチャ

唯「すまぬすまぬ。して、何の話じゃったか・・・」

紬「まぁ唯よ、急かさずとも良い。この茶を飲め」

唯「うむ。」ゴクゴク

紬「・・・」

唯「・・・っ!!!ゴホっゴホっ!・・き、貴様!茶に毒を盛りおったか!!?ゲハァッ・・・」

紬「カッカッカッカッカッカ」

律「ほほう?どれ、私も・・・」ゴクゴク

律「ゲボォオオオ!!!ゲハァ・・・こ、これはいかん・・・オゲェェエエエエ」

紬「カッカッカッカwwwこりゃ愉快じゃwwwサルじゃwwwwカッカッカッカッカwwwww」

澪「・・・」



ガチャ

梓「失礼する」

澪「おお、梓良く来たのぉ」

律「寄るな梓よ。また糞を漏らす気であろう」

梓「失敬な!もう漏れておるわい!」

律・紬「カッカッカッカッカッカwwwwwww」

澪「では全員揃った処で、稽古に移すか」

梓「澪殿よ、私はまだ茶を飲んでおらん」

澪「ええい!はよう飲めぃ!」

梓「言われずとも・・・グッ!ゲッ、ゲハァ!ど、毒を盛られたぁ・・・オゲェェェエエエエ」

律「ふむ・・・三度目となると流石に飽きが来るのぉ」

紬「下らん」

唯「これがホントの 茶番 じゃな」

律「・・・ん?」

澪「ええい!!!」



澪「では、今日はこれにて」

律「うむ、皆、帰るぞ」

紬「言われずとも」

澪「律、すまぬが今日は唯と帰ろうと思うのだが・・・」

律「今日もか・・・良かろう、好きにするが良い」

唯「すまぬな」

律「なに」

律・紬・梓「では、またいずれ」

澪・唯「うむ」



テクテク

唯「・・・ねぇ、澪ちゃん?」

澪「・・・どうした、唯?」

唯「・・・私、もう疲れちゃった・・・」

澪「・・・」

唯「皆・・・おかしいよ・・・どうしちゃったの・・・」

澪「・・・唯、この世界でおかしいのは私達の方なんだよ」

唯「・・・」

澪「周りと同じルールで生きて行かないと・・・私達の居場所は無くなる」

唯「・・・うぅ・・・ヒック・・・」

澪「・・・くっ・・・グスッ・・・うぅ・・・」



自分を壊す様に努力する時が来るなんて、夢にも思っていなかった

私はそれに全力を注いだ、しかし心は壊れなかった

唯が居たからだ

その事実に感謝すべきなのか、その事実を怨むべきなのか

答えの無い涙が溢れた