※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「だいたいさぁ、バレるのが怖いならあんなところでしなければいいと思うんだ?」

律「・・・まさか、澪から聞いたのか?」

唯「うん、澪ちゃんはりっちゃん達が何してたのかわかってないみたいだったけど」

律「・・・」

唯「詳しく状況聞いたら明らかなんだもん」

憂「そう、ガチ」

唯「憂、静かに」

律「・・・あの日、澪ももうちょっと遅くなるって聞いてたんだよ」

唯「そんな言い訳私にされても困るよ」

律「それもそうだな」

唯「で、話って?」

律「・・・えっと」

憂「あ、私これからご飯支度あるんで。お姉ちゃん、お部屋でお話したら?あとで呼びに行くよ」

唯「そう?わかった、それじゃあとでね」




唯の部屋


唯「・・・で?」

律「・・・澪、なんて言ってた?」

唯「気になる?」

律「・・・焦らすなよ」

唯「焦らしてないよ」

律「は?」

唯「焦らすっていうのは違うよ。私はりっちゃんに澪ちゃんがどう言ってたか教えてあげる気ないもんね」

律「・・・このやろ」

唯「気になるなら自分で聞けば?」

律「・・・」

唯「私、梓と付き合うことになったんだけど、どう思う?って。簡単でしょ」

律「お前なぁ・・・」

唯「なんでも話し合えるのが親友でしょー?頑張りなよ」




律「一つ誤解してるけど、別に付き合ってないぞ?」

唯「へー?じゃあやましいことは何もしてないのかな?」

律「・・・」

唯「してるんだ。なんで付き合ってないの?」

律「・・・別に、お互いにそういうこと言い出さないから」

唯「めんどくさいなぁ、例え口約束がなかったとしてもやることヤッてんだから付き合ってるんじゃないの?」

律「お前、結構言うな」

唯「焦れったいんだよ、三人を見てると」

律「私と梓と澪のことか?」

唯「他に誰がいると思う?」

律「・・・いない、な」

唯「私もムギちゃんも、気持ち悪いとか言わないから。コソコソしないでいいんだよ」

律「澪もコソコソしてた・・・?」

唯「昨日寝ようと思って布団めくったら澪ちゃんが全裸で寝てた」

律「何してんだあいつ。っていうかそれコソコソじゃないだろ、ある意味堂々としてるだろ」




唯「りっちゃんが構ってくれなくて寂しい、だってさ」

律「へぇ、そんなこと言ってたのか」

唯「ほら、澪ちゃんがなんて言ってた教えてあげたんだから、あとは自分で頑張りなよ」

律「そんな邪険にしなくてもいいだろー?」

唯「別に邪険にはしてるよ」

律「その急カーブで私の心にダメージ与えるのやめろよな」

唯「りっちゃんは澪ちゃんのコト好き?」

律「え?うん」

唯「恋愛対象として?」

律「えぇ・・・?難しいなぁ」

唯「なんで難しいの?」

律「エッチはできると思う」

唯「澪ちゃん逃げてー」

律「あー、でも唯とも出来る、かな。うん」

唯「私ちゃん逃げてー」




律「私ちゃんってなんだよ」

唯「あずにゃんのこと好き?」

律「・・・多分な」

唯「ふーん、それなりにマジなんだ」

律「あ、お前今馬鹿にしただろ」

唯「してないよーしたけど」

律「おい急カーブはやめろとあれほど」

唯「できればもうちょっと澪ちゃんも構ってあげて欲しいなー」

律「構ってるっていうか、別に何か態度変えたつもりはないけど」

唯「電話、出てあげてよ」

律「あぁ・・・そういや昨日電話来てたな」

唯「あずにゃんと話してた?」

律「・・・あぁ」

唯「そういうのが澪ちゃんは寂しいんだよ、わっかんないかなぁ。せめてあとから連絡してあげてよ」




律「それもそうだな・・・っていうか」

唯「なに?」

律「やけに澪の肩持つじゃん。唯って澪のこと好きだったり?」

唯「あんまり冗談言ってると1~2本歯抜けるかもよ」

律「怖ぇよ」

唯「あのね、りっちゃんが澪ちゃんにそういう態度を取ると私のベッドが占領されるの、わかるでしょ?」

律「あぁ・・・そういうことか」

唯「そ。だから優しくしてあげてね。そんなことでいちいちあずにゃんも怒らないでしょ?」

律「あぁ、あいつはそういうタイプじゃないよ」

唯「でしょ?じゃあ決まり。はい帰って」

律「寂しいなぁ!!」

唯「もーっ、他に何かある?」

律「んー、私も唯に一個聞きたいことがあったりなかったり」

唯「どっちだよ」イラッ

律「あります、ごめんなさい」




唯「・・・なに?」

律「・・・お前さ、最近付き合い悪いよな?」

唯「・・・へぇー」

律「なんだよ、その反応」

唯「意外だったんだよ、りっちゃんはあずにゃんにかまけてそんなこと気付いてないと思ってたから」

律「んな、なんだよ、それ。それくらい気づくだろ」

唯「へぇ、ちなみに澪ちゃんは気付いてなかったよ」アハハ

律「えー?だって明らかに・・・」

唯「うん、寄り道しなくなったよね」アハハ

律「だよなぁ?」

唯「でも、それがどうしたの?」

律「私はこう見えて心配してたんだ」エッヘン

唯「いらんお世話だけどね」

律「だから泣くって」




唯「だって心配って言われても・・・」

律「それで、梓にその話をしたんだよ」

唯「・・・」ピクッ

律「そうしたら」

唯「もういいよ」

律「え?」

唯「結論から言って?」ニコッ

律「・・・」

唯「なんで黙るの?」

律「・・・これ、外れてたらきっと1~2本歯抜けるんだろうな、と思って」

唯「そのくらい失礼なこと言おうとしてるんだ?」アハハ

律「・・・お前さ、憂ちゃんと」

ガチャ

憂「お姉ちゃーん、ご飯できたよー」




唯「あ、ホント?行く行くー」

律「・・・(タイミングぅぅぅ!)」

憂「律さんも食べてってくださいね」

律「へ?いいのか?」

憂「はい、嫌だって言っても帰しませんよ?もう3人分作っちゃったんで」アハハ

律「憂ちゃん、ええこや・・・!」

憂「それじゃ、私先に行ってるんで」

唯「うん、すぐ行くよ」スクッ

律「・・・話の続きはまたあとで、だな」

唯「うん、ほら早く行こ?」

律「だな、腹減ったー」バタンッ

唯「あ、それとさ」

律「んー?」

唯「さっきりっちゃんが言おうとしてたこと、正解だと思うよ」ボソッ

律「・・・はは、マジかよ」




唯「あはは、笑っちゃうでしょ?」

律「・・・むしろ笑えないから無理矢理笑ったんだけどな」

唯「え?笑えない?爆笑ものじゃない?」

律「お前なぁ・・・」

唯「別に誰かに教える気なんてなかったけどさぁ」

律「うっ・・・悪かったな」

唯「いや、まさか勘づかれると思ってなかったから」

律「・・・まぁ、確かに。私も梓に聞かなかったらわからなかったな」

唯「あずにゃんは?」

律「私よりも早く疑ってたよ」

唯「・・・ま、当然といえば当然だよね」

律「毎日お前と憂ちゃんと会話してるんだ、梓も馬鹿じゃないし」

唯「・・・あーあ、お腹減った」

律「・・・だな」




憂「あ、きたきた」

唯「お待たせー」

律「おぉ、やっぱすげぇ」

唯「でしょー?」エヘヘ

律「お前が作ったんじゃないだろっ」

唯「いいじゃん、減るもんじゃなし」

憂「お姉ちゃん、ご飯は食べたら減るよ」

唯「揚げ足とらないで」

律「へへ、いっただきまーす」

唯「憂、りっちゃんはご飯少な目でいいってさ」

律「言ってねぇよ!?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




律「あー、美味しかった」

憂「そうですか?ありがとうございます」

律「いやー憂ちゃんはいいお嫁さんになるよ」

唯「・・・ん?」

律「なんてな」ニヤニヤ

唯「・・・今のちょーっとムカついたかも」

律「そうか?」カチャカチャ

憂「あ、いいですよ!座っててください、片付けは私がやるんで」

律「えー?これくらい手伝わせてくれよ」

憂「だめですよ、お客さんなんだから」

律「そんな、お客さんっていうか友達じゃん?」

憂「お姉ちゃんの友達はお客さんですよ」ニコニコ

律「えー?私と憂ちゃんは友達じゃないのかー?」

憂「はい♪」

律「・・・」グスンッ




唯「憂とりっちゃんが友達とかやめてよ・・・こわっ」

律「なんでだよー!」

唯「あはは、冗談冗談」

律「いーや、今目がマジだった」

唯「りっちゃんが思うならそうなんじゃない?」

律「ひどいヤツだな」

唯「そういえば、もう結構遅いけど怒られないの?」

律「あぁ、今日はもしかしたら泊まりになるかもって言ってきたから」

唯「そういうところ澪ちゃんと似てるよね」

律「ま、まぁ、ほら、親友だしな///」

唯「褒ーめーてーなーいー」ムニッ

律「いへっ!?ほっへひっはうな!」

唯「あはは、何言ってるか聞こえなーい」

律「いらいいらい!!」




ニャラランニャララン♪

唯「?誰かケータイ鳴ってるよ」

憂「私じゃないよー?」

律「・・・私だ」

唯「メール?」

律「電話」

唯「じゃあ出なよ」

律「澪からだ」

唯「出て」

律「・・・」ニヤニヤ

唯「ちょっと、さっき言ったでしょ?澪ちゃんは」

ニャララ♪・・・

唯律「・・・」

律「おーっと、切れちゃった♪残念だなぁ~」

唯「歯ぁくいしばれぇー」




律「今のお前なら本気でやりそうで怖い」

唯「もー、するわけないでしょ?女の子はそういうことしちゃ駄目なの」

律「さっき私に殴るぞって遠まわしに言ったくせに・・・」

唯「なんで出なかったの?」

律「え?」

唯「だからなんで出なかったの。やだよ、二日連続で布団に澪ちゃんが潜り込んでるなんてやだよ」

律「そんなこと言ってやるなよ」

唯「言うよ、しかも澪ちゃん寝ながら服脱ぐんだから」

律「あぁ、それは不安なことがある証拠だな」

唯「なにそのサイン」




律「悲しいことや心配事があるとき、澪は寝ながら脱ぐんだ」

唯「知らないよ」

律「そっかー、澪のやつ・・・唯の家であれやっちゃったかー」アハハ

唯「いや、笑い事じゃないから。お布団に澪ちゃんの匂いついてるんだから」

律「でもいい匂いだろ?」

唯「うん、それは認める」

律「隣で脱がれてムラムラした?」

唯「やめてよ、りっちゃんじゃないんだから。っていうか一緒に寝てないし」

律「あぁ、澪じゃなくて憂ちゃんにムラムラしちゃった系か」

唯「ホントに殴るよ」

律「でも図星だろ?」

唯「まぁね」

憂「二人ともなんて話してるの」




唯「あ、憂。おかたし終わった?」

憂「うん。ねぇ、あの・・・」チラッ

唯「あぁ、この人いつ帰るの?って?大丈夫だよ、そろそろ帰らせるから」

律「うわ、泣く、今の絶対泣く」

憂「そうじゃないよ、お姉ちゃん!」

唯「え?違った?」

憂「もう、わかってるでしょ?さっきから気になってるんだけど、律さんって・・・」

唯「あぁ、うん。・・・バレちゃった」アハハ

憂「・・・」

律「この世の終わりだ、みたいな顔すんな」

憂「だって、よりによって律さん・・・」

律「そんなに信用ないか」

憂「・・・」ゲッソリ

律「無言の肯定ですね、わかります」


4/6