ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 北雲錬


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(ダブルクロス3rd/キャラ名でページ作成をお願いいたします。) 


ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:hotaru

「決め台詞」
 簡易な設定

【基本情報】
名前:北雲 錬(キタグモ レン) コードネーム:錻力騎士(Toy Night)
年齢: 17歳  性別:男  星座:天秤座
身長:165㎝ 体重:63㎏ 血液型:A
ワークス:文化部A カヴァー:科学的詩文部部員
ブリード:クロス シンドローム:モルフェウス・ブラックドック

【能力値】
肉体:3 運転:ウォードレス4Lv 運転:二輪1Lv
感覚:3 芸術:詩文4Lv 
精神:2 知識:科学4Lv
社会:1 調達1Lv 情報:アカデミア1Lv

【ライフパス】
出自:貧乏
経験:セレブ
邂逅:いいひと
覚醒:感染(侵蝕値:14)
衝動:闘争(侵蝕値:16)
基本侵蝕値:35(侵蝕値修正済み)

HP:28
行動値:8
戦闘移動:13
全力移動:26

常備化ポイント:49
財産ポイント:0

【ロイス】
Dロイス 測定不能P: N:
P: N:
P: N:

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセ:ブラックドック 2 メジャー シンドローム - - - 2
02 鋼の馬 3 メジャー・リアクション 運転 - - - 2
03 ヴィークルモーフィング 3 マイナー 自動成功 自身 至近 2 ヴィークル作成
04 イオノクラフト 1 マイナー 自動成功 自身 至近 1 飛行で戦闘移動 移動距離+(Lv×2)
05 ポルターガイスト 1 マイナー 自動成功 自身 至近 4 100% シーン間攻撃力+(所持武器一つの攻撃力)指定した武器は破壊される
06 メカニカルハート 1 オート 自動成功 自身 至近 8 闘争120% HP10で復活 以降シーン間攻撃力+5
07 黄金錬成 3 常時 自動成功 自身 至近 基本値+3 常備化ポイント +(15×Lv)

イージーエフェクト
折り畳み2Lv
万能機具1Lv

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
両手剣 白兵 白兵 -3 10 3 至近 9 装備中他武器装備不可




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説
パワーアシストアーマー 防具 -10 -5 25 37 装備中【肉体】判定ダイス+2 白兵攻撃力+5 1シナリオ1シーン間装備可能

【ヴィークル】
名称 技能 攻撃力 行動 装甲値 全力移動 解説
モーフィングロボ ウォードレス 15 -3 18 50M
モーフィングバイクⅡ 二輪 11 0 300M

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
錬金秘本 その他 EXP15 黄金錬成効果を 15×Lv に変更 基本値+2
ウェポンケース その他 1 折り畳み収納品
ウェポンケース その他 1 折り畳み収納品
学園通の友人 コネ アカデミア 1 判定ダイス+2

【コンボ】

【設定等】
オーヴァードアカデミアに通う高校生 科学的詩文部に所属 Cランクオーヴァードとして登録されている
どちらかといえば真面目 謙虚 人畜無害 いい人そう 影が薄い 男子生徒CかDくらい というような評価を周囲からはうけている
卑屈な態度をとるわけではないが自己への評価が極端に低いため他人と意見が対立するような場面では相手に譲ることがほとんどである
またそういった自己評価のため、自分の力よりほかの道具などの力を頼る傾向がある

あまり裕福とはいえない家庭に生まれそれなりに幸せな幼少期を過ごす。
しかしある時偶然に錬金秘本に触れることによりオーヴァードへと覚醒してしまう
当初こそ本人も家族もオーヴァードの能力に驚いたものの、黄金錬成によって生まれる財産を前にすぐにその能力を歓迎した
そして黄金錬成により生活は一変。とても裕福で幸せな生活を送るようになる
幸せな生活がいつまでもは続かなかった、
錬は家族のことを以前と変わらず大切に思っていたが、家族はいつしか錬本人ではなく彼の生み出す黄金しか見ないようになっていた
家族のそんな変化に気付き傷つき対人恐怖症のような状態に一時は陥ったが、そんなときにUGNが錬に接触。
彼と彼の周囲の環境を考慮したUGNはオーヴァードアカデミアへの入学を彼に勧め、錬はそれを承諾しアカデミアへと入学することになった

新しい環境に身を置くことにより対人恐怖症からは回復したものの、その後遺症のようなものとして自己への評価が酷く低くなっている