「俺は大人だからな」「平気でこういう事が言えるんだ」

「人生は妥協だ」「俺はお前を我慢して愛す」


名前 :鶴喰 梟(つるばみ ふくろう)
スタイル:漢字使い、誤変換使い、名札使い、童謡使い、嘘八百使い、逆説使い、換喩使い、遺言使い
肩書き:「梟博士」「女性を靴下から好きになる男」

三年前、黒神家の7つの分家の代表が黒神家の跡取りであるめだかと婚約関係を結ぶために一堂に会し、
優勝者にめだかと結婚する権利が与えられる月氷会主催の地獄の宴会「漆黒宴」に鶴喰家の代表として参加した、鶴喰鴎の実の父親。
他の分家の代表とは違い、「漆黒宴」の開催当時中学生だっためだかを妻ではなく娘として愛した。
しかしそれはめだかにとっての理想像を演じていただけだった。
この件をめだかは気づいていて、舵樹は察している雰囲気がある。
めだかにとっては演技であっても本当に優しく父と言えた程とのこと
そして鶴喰梟も、見切っためだかが再び会いに来た際『娘』扱いし大歓迎すると言い、梟にとってめだかがどんな存在であるかは謎である。


「漆黒宴」で優勝したが、ほどなく月氷会によって殺害される。
めだかは、「梟博士は漆黒宴で勝ち残ったから殺された」つまり、「私が殺したようなもの」だと感じている。
理由は演技であっても あの 鶴喰梟が善人を演じていた中、当時は人の心がわからずその演技を見破った上で更に理想的な人格に更正を求めた
それは鶴喰梟にとって殺されるより辛いことであったため、鶴喰梟は自殺を選んだ
めだか曰く鶴喰梟がまともな人間になれる最後のチャンスだったとも
そして本人曰く、品改良の結果極上すぎためだかの愛と苛烈さに殺されたとの事。
息子の鴎は父親である梟の死の真実を聞いてもうろたえもしなかったが、ある程度思うところはあるようだ。
失敗作と聞いた際にも表面情はなんとも思っていないようだが悲壮感がにじみ出ていた
当の梟は鴎を失敗作として何の興味も無かったようだが。

初回は血色のいいダンディとしか判明していなかったが、次の回にて
いきなり不知火半袖に求婚するなどアクの強い(褒め言葉)キャラを発揮。
無職四十台マッドサイエンティスト引きこもり死人人殺しシスコンで女性を靴下から好きになる男
それが梟博士である、特にシスコンは重度。黒神財閥の連中はこんなんばっかりで困る。

血色のいい死体と言われていたのは梟博士は月氷会に刺された後、スタイル(音)によりその筋肉を振動させ、心臓を介さずに全身に血液を送って三年間生きて?きた。
もっともそれで傷が治るわけではないらしい、刺し傷はどうしたんだろうか、縫ったんだろうか。

梟にとって姉である鶴喰鳩は献身的で正義感があって情熱があってと理想の女性だったが、その酷い苛烈さについていくのは地獄だった。
だから妥協することにした。
そんなわけで理想の姉を理想の友人と掛け合わせて理想の女性を作ることにしたり、理想の姉の血を分けた弟である自分の娘が理想の女性になるかと産ませたりするが、失敗。
理想の友人の子供は理想以上の手に余るものとなり、自分の娘は息子として産まれ失敗。
理想の姉も死亡する。
そして「もういいやかったりぃ」となり「それっぽきゃいいやおいとこ」と、その性癖は変な方向に暴走。
姉の娘の影武者に落ち着いた。
影武者である不知火半袖ですら自身のそれっぽく無さを言及したが、
本人曰く「高嶺の花の影を眺めて満足することに決めた」だそうだ

\ 人生は妥協だ /

ここだけ見ると一見変態として枯れたように見えるが、半袖を手に入れるために半袖を調べ上げ手を尽くし計画を練った上で
来たら即効で檻に閉じ込め一生監禁宣言、俺も我慢して愛するからお前も我慢しろ、など
実害がある分、ある意味今まで出た変態の中で上位に入るほどタチが悪い。
姉が理想に叶っていたら一体どうなってしまっていたのか……
どっかの好きな人の顔を剥がした過負荷と同ランクで迷惑な男である。
偽物安物粗悪品を好みとし飽きたら捨てられるところがイカしてるとのことだが、失敗作として捨てられ育児放棄された息子の鶴喰鴎や、粗悪品として勝手に好まれ檻に入れられた不知火半袖など被害者続出である。
鶴喰鴎に関しては離れていなければ月氷会によって殺されていたそうだが。


戦闘能力については不明、現在登場した全てのスタイルが使えるようだ。
また、息子である鴎の実力がそれなりにあるので高い可能性がある。
そして、三年前、言葉使い(スタイル)を開発したのはこの人だったりする。
スタイルを作った理由は不知火半袖を妻に迎える際にやってくる
スキル封じの獅子目言彦を撃退するために作ったというピンポイントな理由。
が、しかし梟は妥協に妥協を重ねた人生を歩んだ結果、怒るという感情を理解しておらずスタイルは怒った相手には通じないという弱点を出してしまったり、その対策を練っていなかった。
そして、外から飛んできた怒れる言彦に潰され体の半分が無くなり、黒幕然とした梟はあっけなく死亡した。
もっとも、分裂する嘘八百のスタイルや死人として復活してきた代用品大好き梟博士のことを考えると生き返る可能性もあるが。
一応これで本物ならば作中二人目の死傷者であり、人外を除くならば初の死傷者である。
三年前に死んでいるが。 と、思ったら、言彦死亡後に死体の左半身が動いた描写が書かれ、左半身の舌には『遺』と思われる文字が記されていた。
それこそが鶴喰梟最期の切り札である末期のスタイル「遺言使い」。再び目的半ばで死ぬとき、全人類と心中するつもりで用意したスタイル。
これにより月が地球目掛けて落下してくるという恐ろしい事態に。
詳細は不明だが、自分の死後に起こってほしい出来事を実現するスタイルのようだ。

分家の婚約者候補は月を人質に取られたため、仕方なく従っていた者がほとんどだったが、
常套とかけがえの二人には、好かれ尊敬されていた。
生煮も偽りでも愛してくれた梟博士のためなら戦えると述べていた。

過去、幼少時代のめだかが善吉を気に入り託児室に立て篭もった際に
この世に特別な人間など居ないことをあの少女も学ぶだろうから放っておけ、と言っていた箱庭病院の院長先生もこの人。
13年前の善吉とめだかの出会いを演出したのもこの人らしいが、意図を説明する前にお亡くなりに。

死後は、黒神家の関係者しか埋葬を許されない箱庭墓苑の鳩の墓の隣に埋葬された。
分家であり、さらに取り潰された鶴喰家の人間であったが、めだかの一任で許可された。
そのことについて「偽物ばかり追い続けたあの人も とうとう本物に辿り着いた」と鴎は語っている。

ちなみに、その息子である鶴喰鴎とは息子だからか言動が似通っていて靴から始まる性癖も近い。