「世界は平凡か?未来は退屈か?現実は適当か?安心しろ それでも 生きることは劇的だ!」


名前 :黒神 めだか(くろかみ めだか)
誕生日:10月2日
所属 :1年13組所属
異常 :「完成(ジ エンド)」他人の特徴を完成させて自分の能力として身につける
     そのほか習得した踏系スキルの一覧はこちら→「黒神めだかの「踏」系スキル100個
肩書き:「箱庭学園第98・99代生徒会長」「野良黒神」「箱舟中学第六十六代生徒会執行部会計職」「普通の女の子」
真骨頂:その1「上から目線性善説」
    その2「ツンデレ」
    その3「行きすぎ愛情表現」
    その4「乱神モード」
+ モード

VOMIC担当声優:豊口めぐみ(ポケットモンスターDP ヒカリなど)
アニメ担当声優:豊崎愛生(けいおん! 平沢唯、べるぜバブ 邦枝葵 など)

苗字の由来は鹿児島県鹿児島市の黒神町。詳細は有志作製のめだかマップにて

引くほど美人で頭も良すぎ、芸術においても最高レベルを発揮する完璧超人。この漫画のヒロインかつ主人公。
常に凛として威風堂々だがどこかズレている、一周回ってバカと言われるほど。
殴られてもその殴った相手を弱い扱いしちゃうほどだったりなど、その行動はいつも「正しすぎる。」
しかし、「正しすぎる」というのは幼馴染補正のかかった善吉の発言。
本人は「正しくあろうとしている」だけであり、その根っこではいつだって迷ってるしいつだって怖がっていてるとのこと、常に凛としていたのはこれを隠す為だったとか。
基本的に人間味の無い化け物と作中のキャラやら読者やらに言われている、事実、漆黒の花嫁編まで人の心をよく理解せずにいた、恐らく異常等々の結果。
喜界島もがなはそれを「神聖視されすぎて誰も何も教えてこなかった結果」だと思い、遊園地に行ってめだかと一緒にすごした。
結果、普通に楽しむ人間味のあるめだかを見て確信に変わり、もがなはめだかを「普通の十五歳の女の子」として接し、お互い大切な友人になっていく。
また、善吉と不知火の仲の良さに嫉妬したりなど普通の人間味もあることも。
しかし戦闘狂レベルの勝負好きの気がある、戦ってる方が活き活きしてて好きという声が出るほど。

ちなみに初期では人の背後でよくモノマネしていた、後述する「完成」の初期設定?(伏線)と思われる。


フラスコ計画編や戦挙では、戦う女としての印象が強かったため しばらく凛々しすぎる顔の状態が続いていたが、宝探し編は普通に女の子。初期の状態に戻りつつある。
彼女が持つ異常の「完成」は、他人の優れている部分を見よう見まねで得て、さらに問答無用でその相手の上を行く(つまりはコピー元の120%を行く)ある種無敵の異常である。
ただし弱点がないわけではなく、存在自体の認識が困難な日之影や、完成をさせても何も得をすることがない過負荷は完成させることができない(したくない)。
……と言われていたが、後継者編で仲間という枷が外れてしまったため、どんどん化物じみていき、
「観察」すら必要とせずスキルを「完成」させ、「五本の病爪」「不慮の事故」「致死武器」「凍る火柱」「大嘘憑き」「却本作り」などの過負荷も体現、
「知られざる英雄」「言葉の重み」「お母さんのたしなみ」などのスキルも体得。挙句の果てには観察できた分だけではあるが安心院さんの「1京分の1のスキル」も習得している。
不知火半纏の「スキルを作るスキル」も習得しており、「『踏』系スキル」100個を制作している。

赤帯を取っていることからわかるように、あらゆる格闘技を修得しているようで戦闘能力は極めて高い。
ノーマライズリキッドを撃たれ異常を消失させられたときでさえ、古賀を圧倒している。また、手を封じられた状態においても足技の得意な善吉とほぼ互角である。
しかし異常が消えた際、めだかのステータスは普通に均された為、古賀を圧倒するのは不可能であり
その力を引き出したのが「めだかの人格」からくる力との事。おそらく主人公体質の初期設定。

ちなみに彼女は「体のプログラムを自由にいじれるから」なんでもできる完璧超人であるとのこと。
簡単に言えば最適だと思ったフォームをすぐに体に染み込ませることができるのである。ある意味「完成」の根幹。
また、異常の「完成」の特性ゆえ相手をコピーできれば条件が対等になる上過去に習得したスキルも使えるため100%負けないが、
上記の通り何故か過去に習得したスキルをめだかが使うことはあまりない(例えば高千穂戦で得た反射神経も宗像に襲われたときと洗脳されていたときしか使っていない)
描写がないだけかも知れないが、人外じみてて人間でありたいめだかとしては嫌なのかもしれない。



候補生の第1回オリエンテーリング終了直後、その結果が芳しくなかった善吉の見苦しい言い訳を聞いためだかは、善吉を見限り殴り倒した。
見苦しいといっても発言を見ればいつもの善吉どおりの発言で、その行動は阿久根もがなら周りから見ても異様に異常だった。
安心院曰く、「普通である善吉がめだかのそばにあろうとする事が、めだかにとって物珍しかったので観察のためにそばに置かれていた」らしく、
候補生という普通の人間たちが、めだかのそばに置かれたことにより善吉の価値が消失したゆえの行動だったらしい。
その後、生徒会長になってめだかに惚れてもらうために、会長選に立候補した善吉と12月の選挙で(選挙的に)対決。
またもめだかの勝利かと思われたが、なんとめだかは全投票のうちの2%しか票を得られず、過半数の票を獲得した善吉に大敗。
いままで愛してきた人間たちに見放されたような状態に陥っためだかは、「見知らぬ他人の役にたつために生まれてきた」という生きる意味を見失い
13年前、自分に生きる意味をくれた善吉に再びくれるように嘆願するが、善吉は以前の自分への戒めを込めて「それはお前自身が決めることだ」と一喝。
それを受けてめだかは善吉に惚れ直し、会長職を善吉に委任して久しぶりに自由の身となった。

しかしその「自由の身」とはあくまで箱庭学園内での事で、黒神めだかという人物そのものは黒神グループに縛られ続けている。
そしてついに選挙終了後めだかは黒神グループの栄華永続を目的をする月氷会から、婚約者と結婚し学園をやめることを命令された。
もちろん真っ向から抗うつもりのめだかは第2回漆黒宴に参加し、自分が勝って誰とも結婚出来ないようになるように動く。
一旦は囚われるも新生徒会の足止めフォローで何とか漆黒宴を勝ち抜く、しかし決勝戦で桃園喪々と戦った事により完全に人の気持ちを理解できるようになり、それこそが第2回漆黒宴の黒幕である鶴喰梟の目的だった。



人の気持ちまで理解出来るようになっためだかから、実は影武者だった不知火半袖が解約されいなくなってしまう。
半袖が不知火の里に囚われていたと知っためだかは半袖の自由のため、友達となるため助けに行くも獅子目言彦に敗走。
そして、自分達を助けるために死んでしまった安心院さんの意思を継ぎ、言彦打倒を目指し、鶴喰梟に言葉(スタイル)使いを習いに行く。
また黒神舵樹から鶴喰梟の居所を聞き出すため、頭首となり半袖の為に「自由を捨てるのもまた自由、いと嬉しからずや!」と漆黒宴から得た自由を自分から手放す選択をする。

その後、鶴喰梟の拠点である箱庭病院跡で言葉使い達とバトルになりこれを辛くも撃退、杠かけがえ64万人分とバトルにてスタイルの基礎の基礎が使えるようになる。
が、襲来した言彦戦では64万人のかけがえと戦いで限界だった上、スタイルが不完全だった為に破れ、死亡(曰く「酷い死に顔」)
これにより安心院なじみが作った過去の教室に転送され、母である鶴喰鳩と出会う。
鶴喰鳩からはもう戦わなくていいと言われ、「曲がることを覚えろ」「世の中なんてそんなもんだ」と諭される。
めだかは「世の中はどんなものだと問い続ける」と返し「どうせなら可愛く笑顔で死にたいですね、女の子ですし」と過去の教室を後にする。
そして止まっていた心臓をスタイル、音の振動により全身を心臓の代わりとして使い蘇生、その力で身体強化し終神モードを発動。
一度は言彦を撃破したかに見えたが、やや反則的な不意打ちと力量の差に敗北。
主人公対決はめだかに黒星がつくこととなる。
その後、善吉が事を解決したが鶴喰梟の置き土産により落下してくる月を壊しに行き、一時行方不明になったが不知火半纏の助力により卒業式までにはなんとか帰って来れた。
ちなみに、本人曰く宇宙生物助けたりワルゴールドと戦ってたりした故の行方不明らしいが、ワルゴールドは与次郎次葉の妄想のキャラなので多分冗談、 多分



そして春休み、めだかは以前行った鶴喰梟の居所を聞く対価の黒神財閥の家督継承のため、学校に退学届けを出す。
手始めにとやっている黒神グループ都市開発部門を楽しんでいて、善吉も一緒に来てくれると思っていた。
しかし、善吉も生徒会職にやりがいを見いだし、十三年ずっと一緒にいた二人はここで初めてお互いが別の道を歩むため、別れを告げる。
また善吉が企画した百輪走に参加、サプライズのみんなのさよならメッセージを受け取り「とうとう私を追い抜きおった」とメッセージと善吉の成長に感動する。


四月の新学期、黒神財閥の家督を黒神舵樹が辞めた為、その影武者であり代わりに職務を引き受けていた不知火袴が箱庭学園の理事長職を引退。
黒神財閥の新家督の影武者である半袖は影武者を辞めていたので、その後をめだかが継ぐことになった。
そんなわけで、再びめだかとの騒がしい日常が始りそうな入学式に、鴎は呆れたりもがなは思わず泣いたりくじらや阿久根達は笑顔になったりしていた。

月日は経って10年後。
大人になっためだかは何時の頃からか大人しくなり、めだか達のようなスキルホルダーは、学生時代に使えていたモードの数々などを使えなくなっていた。(それを善吉は「満たされることで失うものもある」と思っている、またスキルが残っている者もいる。)
ちなみにそこそこ普通になった証拠なのか、特技は動物避けから動物寄せになっている。
もっともめだかの場合は異常が無くても古賀いたみと戦えるほど自分で鍛えたりしているので問題は特にないだろう。

今の仕事はというと、めだかは「私が壊したから私が直す」とか「月を知らない子供たちに月を見せたい」などわくわくと月を直す十年かけの月球再生(ムーンサルト)計画を来期から始動しようとしている。
また、10年行方しれずの安心院さんと球磨川には百輪走のメッセージを受け、どこかで生きていると確信し、月は健在を知らせる印にもなると言いっている。

善吉との関係は、上級職となり再び隣に立てるようになった善吉が月球再生計画が始る前にケリをつけたいとめだかに決闘を申しこんだ。
「俺が勝ったら今度こそ結婚してくれ」と言われためだかはかつての学生時代の顔付きに戻り
「受けて立つ、その代わり私が勝ったら私と結婚してくれ今度こそ」と返す。
そしてもう二度とさよならは言わないと言い、長きに渡る二人の関係は再び一緒に前に進んだ。

ちなみに、めだか曰く目安箱はみんなの想い詰め込むための宝箱、とのこと。


この漫画において最大的な重要度を持つ「露出」においては彼女が一番であるとされる。
そんなわけで水泳が好きらしい
めだか「ほら 水泳って 合法的に脱げるから」(@ジャンプNEXT夏号 箱外3にて)

+ 名言、迷言

                      , . -─‐‐- .、
                   / . : : : : : : : : : :.`ヽ、
                    /. : ://. : : : : : : : : : : \
                /. : ://:_|_ _/|: : : : :ハ: : :ヽ:\
               /. : : :./: /: : : |/l`メ、: ://ナメ、: :ヽ.:\
                /.:./: :/: /: :i: : :|、__./_:/ l/ l/:/.: l::|\.:ヽ
                 /: /: :/: /: : :|: : :{     ' `ー=イ.:.:.:l. | l:.:.:|
             /: /: :/: /: : /⌒ヽ|   ,r=、   /.:.:.:.:.:.| l.:.:.|
              /: /: :/ :/: : : :ー rゝ   (  ノ  ,.イ.:./〈 i:| l.:.:.l
           〃: : : : :/: : : :/: : : 〉 \    . イ/.:./.:ハ リ / l:/
            //l: : : :./ : : : /: : : /    `¨´.:.:./´ ̄`ヽ\ /
             //. |: : :/l: : : :/ _ /    /l:.:.:/     V.:ヽ . . _
         //  |: / </  /`ー   '´ l/   !  | `丶.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
r‐ 、    ,.  -‐  ' ´    /  /    / /´ `ヽ、`ヽ|   |二二ニヽ  ̄`丶、ヽ、
`y'⌒ヽ<   -_ -‐ == /  /   /  /      \」   |            \
/      ヽ、    ̄ `¨/ /     ′/       |   |    ´¨¨ ¨ ̄ ̄  ̄ ̄ \
          \     //   \    /        j|   | 二ニニ== '´ ̄  ̄ ̄  ̄\
          \  /.」    \ .:,r{        〃L__レ'´  . : : /      /   /
              \ 、    r=介く     /:! / . : : :/       /   /
\            ヽ \    ム |」: :´ ̄ ̄  : : V´ . : : :/     /. :/ . : :./
  \             ヽ `ー<            `ヽ ィ´     / /: :/ . : :./
   \            `ヽ、. : :.\             `丶、 _/. : /: :/ . : :./
     \        ヽ、   . : : :\:.ヽ                 ヽ、: :/: :/ . : : :,ヘ
      \   ヽ     \.   . : : : :ハ   ヽ            ノ \/ : : : :./  ヽ、
        \   \: .      、` ̄´: :ハ   . :         〃´ ̄`ヽ\: : /    \
         \   \: : : .    \  /:.ハ          〃       V: :      \
           \    ヽ: : : : .  \ / :.L        //           V: : .      .:/
            \  /´\: : : : : . \: /⌒ヽ、ー--‐' /           L_ : : .   /.:/
              \/   丶、: : : : : :/      \   l           l  `ヽ /:./
                      丶、 /       \ |            !   V.:/