※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~~~~~~

脱衣所前

澪「……どうしてこうなった……」

梓「あ、正気に戻りましたか、澪先輩」

澪「ああ……ここに来るまでの間に、アレなんでこうなったんだろ?
  って冷静に考え出したら、今までの私がとんでもないことしてたんだって気が付いた」

梓「……まぁ、気にしないで下さい。アレが素直になった澪先輩なんですね」

澪「うわああぁぁぁぁぁ……」///

梓「ちょっ、そんなに落ち込むことは無いんじゃないですか?」

澪「だって……だって……ずっと梓の前で頑張ってきてたのに……。
  頼りになる先輩として頑張ってきたのに……」///

梓「ああ~……いえ、でも、私の中ではまだ頼りになる澪先輩のままですよ?」



澪「…………本当か?」

梓「ええ、本当です。
  むしろ、今までよりも可愛い澪先輩が見れて、余計に好きになりました」

澪「す、好きって……」///

梓「そう言って照れる澪先輩しか今まで知りませんでしたけど、
  抱きつき返して愛情を返してくれる澪先輩も知れて、私は嬉しいんですよ。
  だからほら、気にしないで下さい」

澪「そ、そうか……そうだな、うん。
  別にさっきまでの私が私じゃない、って訳でもないしな」

梓「そうですよ」



澪「……で、どうする? 梓? 本当に一緒にお風呂、入るのか?」

梓「えっと……」

澪「その……わ、私は……梓と一緒なら入りたいと……思ってるけど……」///

梓「澪先輩……。……うん、なら一緒に入りましょう」

澪「良いのか? その、イヤなら戻っても――」

梓「私だって、イヤだったら徹底抗戦してましたよ」

澪「それって……」

梓「さ、最後まで言わせないで下さい……恥ずかしいです」///

澪「あ、ああ……ごめん」///



澪「で、でも……さすがに一緒に脱衣所に入るのは……恥ずかしいかも……」///

梓「だったら、先に澪先輩が入ってください。後で私が入りますから」

澪「そ、そうか? じゃあそうしよう」

梓「はい」

~~~~~~

梓「し、失礼しま~す」

ガチャ

澪「ど、どうぞ……って言うのはおかしいか」

梓「いえ、そんな……」



澪「…………」

梓「…………」

澪「……その、入ってこないのか?」

梓「す、すいません、澪先輩……見られているとちょっと恥ずかしいので、後ろを向いてもらっていて良いですか?」///

澪「あ、ああ……そっか、そうだよな。ごめん。先輩なのに配慮が足りなくて」///

梓「い、いえ……」///

梓(中に掛かってるタオルなら前ぐらいは隠せるからコレを借りて、と……)///



澪「その、どうする? 一緒に浸かるか?」

梓「いえ、さすがに二人も入ったらお湯が溢れちゃいます。
  そしたら後の皆さんが困ることになるので」

澪「そ、そうか。確かにそうだな」

梓「ですので、私が先に髪と身体を洗わせてもらいます。そして後で交代しましょう」

澪「わ、分かった」

梓「はい」

澪「…………」

梓「…………」

澪梓 *1



澪(う~ん……梓はタオルで前を隠してるからもう見ても良いって言ったけど……。
  でもなんか、こう、ジックリと見続けてたら失礼な気もするしなぁ……。
  でもだからって、どこを見てろって話になっちゃうんだけど……)

梓(うぅ~……恥ずかしい部分とかは隠せてるけど、
  でもやっぱり胸の大きさとかは隠せないからなぁ……。
  澪先輩に見られてるかと思うと、緊張しちゃう……)///

澪(……にしても梓、髪を下ろすと本当に私ソックリだよなぁ……。
  目つきとか身長が違うだけで、他はほんとんど一緒だ。
  ……でも、梓の方が私より可愛いよなぁ……。
  やっぱ身長が低かったりすると、そういう部分で可愛く見えるから羨ましい。
  ……私も梓みたいだったら良かったのに)

梓(澪先輩ってば胸も大きいし、背も高いし、カッコイイし今日みたいにメチャクチャ可愛い時もあるし……。
  そういうのが分かってるだけに、余計に緊張しちゃう……。
  ……というか、私自身自分の身体に自信が無いから、こんな緊張しちゃってるんだろうけど……。
  ……はぁ……私も澪先輩みたいに、身長が高くてプロポーション抜群な大人の女性になりたいな……)



澪(梓の髪ってキレイだなぁ……私も手入れは欠かしてないけど、
  梓の方が絶対キューティクルだ。
  ……洗うのとか大変なんだろうなぁ……。
  ……そうだ)

澪「なあ、梓」

梓「は、はい!?」

澪「その、梓の髪、洗わしてくれないか?」

梓「……はい?」

澪「いや、イヤなら良いんだ。ただちょっと、洗ってみたいなって思って」

梓「そ、その……澪先輩が、私の髪を?」

澪「やっぱり、ダメだよな?」

梓「いえ! いえそんな! そんなことないです! むしろお願いします!」

澪「そ、そうか!? それじゃあ早速――」



梓「…………」

澪「…………」

梓「……どうかしたんですか?」

澪「いや、その……梓、恥ずかしいから、背中を向けてくれないか?」///

梓「あ! す、すいません! 配慮の足りない後輩でっ!」///

澪「いや……良いんだ。うん、良いんだ」///



澪「やっぱり……梓の髪ってキレイだな……」

梓「そ、そうですか……? ありがとうございます……」///

澪「ああ……ずっと、こうして洗っていたいよ」

梓「そ、それはさすがに……」///

澪「ふふっ、そうだな。
  でも、梓の髪がキレイなのは本当で、ずっとこうして触っていたいのも本当だよ」

梓「そんな……澪先輩の方がキレイですよ」

澪「そうでもないさ。
  でも……そうだな。
  どうせだったら、もっと梓と一緒にいれば良かったな。
  そしたら梓の髪がこんなにキレイなのも、今よりもっと早く分かったかもしれないのに」

梓「そんな大げさな……」

澪「こんなことなら、去年の合宿でも洗ってやれば良かったよ。
  ……本当に……もっともっと、梓と一緒にいたら……」

梓「……澪先輩?」



澪「…………」

梓「あの――」

澪「そうだよな……こういうのも、もう二度と、無いかもしれないんだな……」

梓「……あの、どうかされ――」

澪「ほら、流すぞ?」

梓「あ、はい」

ザパァッ



梓「ふぅ……ありがとうございました、澪先輩」

澪「…………」

梓「澪先輩……?」

コツ

梓「え?」

梓(背中に何か……澪先輩の頭……?)

澪「なぁ、梓」

梓「はい?」

澪「突然だけどさ、今から罰ゲームだ」

梓「え?」

澪「私が素直になる罰ゲーム。その続きだ」

梓「ど、どうしたんで――」

澪「出来れば、そのままが良い。振り返らないで欲しい。
  今、とんでもなく情けない顔、してるから」

梓「あ、はい」



澪「…………」

梓「…………」

澪「なぁ、梓」

梓「はい」

澪「好きだ」

梓「……え?」

澪「私、梓のことが好きなんだ。
  梓のいる軽音部が好きなんだ。
  梓と一緒に演奏できる、放課後ティータイムが大好きなんだ」

梓「…………」

澪「でもさ……それも、今日で、終わりなんだな……!」

梓(澪先輩……泣いてる……)



澪「それなのに私ったら、梓に何も残せてない……!
  先輩なのに、大好きな後輩に、何も残せてない……!」ポロポロ

梓「…………」

澪「しかも、梓の方が後輩で、梓の方が不安なはずなのに、
  先輩の私が先に泣いちゃってる……!
  本当に……本当に、情けない……!
  私はっ……! 私のことが、情けない……!」

梓「…………」

澪「しかも、そのことを……! こうやって、梓の髪を洗ってる時に、脳裏を過ぎっちゃって……!
  後輩の前で、情けなくも泣いちゃって……!
  他人のお風呂場で、泣いちゃって……!
  自分の弱さを後輩に吐き出しちゃって……!
  本当に私は、ダメな先輩だ……!」

梓「……そんなこと、ありませんよ」

澪「ある……! あるんだ、梓!
  だって私はっ、今までっ、大好きな後輩のお前と、こんなスキンシップを取ったことも無かったんだぞっ!?
  大好きなのに! 大切なのにっ!
  恥ずかしいだなんて下らない理由で、お前と満足に接することもしてこなかったんだぞっ!
  それのどこが、情けなくないっていうんだ……!」

梓「……それでも、情けなくないんですよ。澪先輩は」



梓「だって私は、澪先輩とスキンシップを取ってなくても、澪先輩のことが大好きなんです。
  大好きな先輩で、尊敬できる大先輩で、憧れのお姉さんなんです。
  私に何も言わず、私に触れてもこなかった先輩が、私にそう思われていたんです。
  それって……とんでもなくスゴイことじゃないんですか?」

澪「…………」

梓「それだけ澪先輩は、私のことを引っ張ってくれていたってことです。
  澪先輩が自覚していないところで、私に憧れさせるだけのことをしてきたんです。
  だから澪先輩は、情けなくないです」

澪「……こうやって、後輩の背中で泣いていてもか?」

梓「はい。それもまた、澪先輩の素晴らしいところです。
  だってその涙は、私のための涙ですよね?
  私と一緒に入れなかった後悔の、私ともっと話せなかった悲しみの、その涙ですよね?
  それだったら、むしろ私は、澪先輩にお礼を言わないといけません。
  ……私のことを、そんなに好きでいてくれてありがとう、って」

澪「梓……」ギュッ

梓「澪先輩……」ソッ

澪「……私こそ、ありがとう。梓」



梓「お礼を言われるほどのことはしてませんよ。
  それに私、澪先輩だから言いますけど、先輩方皆さんのこと、大好きです」

澪「それはたぶん、皆も同じだよ」

梓「知ってます」

澪「え?」

梓「というより、今知れました。……教えてくれて、ありがとうございます。
  澪先輩のこの暖かさのおかげで、私は、そうであって欲しいって思ってることが、叶いました。
  皆さんに好かれていたい、って思いが」

澪「……どうして?」

梓「どうしても何も、触れる皆さんの手と、今の澪先輩の手が、同じ暖かさだからです。
  だから澪先輩と同じ事を、私は思われてるんじゃないか、って思えました」

澪「……手の暖かさなんて、その日によって違うだろ?」

梓「もう、澪先輩ったら。
  放課後ティータイムの作詞担当が、そんな夢の無いこと言って良いんですか?」クスッ

澪「それは……その……」

梓「……違いますよ、澪先輩」

澪「え?」



梓「手の暖かさ、じゃないんです。手から伝わってくる心の暖かさが、同じなんです。
  ……ある人からの言葉の引用ですけど、手と手が触れると、心が通じ合うんです。
  そしてその通じた心の暖かさが、皆さんと澪先輩は、同じだった。
  だから……私は皆に好きだと思われてる。
  私がそうであるように、皆さんも好きだと思ってくれている。
  それが、伝わってきました。
  だから、澪先輩はちゃんと、私に残してくれてるんです。
  この、暖かな思いを」

澪「梓……」

梓「澪先輩……大好きですよ、私も。
  そうして情けないと自分を責めるあなたも、何もかもが」

澪「……あずさぁ~……」

梓「……良いですよ。私の背中でなら、いくら泣いても。
  こんな、頼りの無い後輩の背中で良ければ、ですけど」

澪「ううん……! ううん! 梓は私以上に、とっても頼りになる、後輩だよっ……!」

梓「そうですか……ありがとうございます」

澪「……卒業式では、絶対に泣かない……だから、今だけは……!」

梓「そんな意地を張らなくても……まぁでも、そう思うことで、今思いっきり泣けるのなら、そうしてください」



~~~~~~

お風呂上り

澪「ごめんな、梓。あんな情けないところ見せてしまって……」

梓「気にしないで下さい。
  というか、さっきも言いましたが、別に情けなくはないですよ?」

澪「でも……私としては、あんなところを梓に見せるのは、恥ずかしかったから……」

梓「全く澪先輩は……そんなに壁を作られたら、悲しくなります」

澪「か、壁を作るとか、そういうのじゃ……」

梓「……くすっ、分かってますよ、澪先輩」

澪「も、もぉ~……梓のイジワル」



梓「大丈夫ですよ。他の皆さんには言いません。
  ああして泣く姿は、私だけの澪先輩です」

澪「梓だけの、私……」

梓「そうです。そういう意味でも澪先輩、ちゃんと私に残してくれてるじゃないですか。
  私だけの澪先輩を、沢山」

澪「そ、そうか……?」

梓「ええ、そうです。あまり二人きりになることがありませんでしたが、沢山ありますよ。
  私だけの澪先輩。
  だから、そもそも情けないって泣くこと自体、澪先輩の取り越し苦労だったんですよ」

澪「うぅ……考えすぎてたのかな、私……」

梓「そうですね……そういう部分、確かに澪先輩には沢山ありますね」

澪「うっ」



梓「でも、それも澪先輩の魅力ですから」

澪「梓……」

梓「さぁ、皆さんのところに戻りましょう。
  あまり長すぎると、心配してくるかもしれませんからね」

澪「あ、ああ……そうだな。……本当、梓は私以上にしっかりしてるよ」

梓「でも日頃澪先輩がしっかりしてるのは、律先輩がいるからでしょう?」

澪「? どういうことだ?」

梓「頼りにされたらしっかりするけど、頼りになる人が近くにいたら甘えちゃう。
  それが、私の中の、大好きな澪先輩です」

澪「……それって、褒められてるのか?」

梓「少なくとも、貶してるつもりはありませんよ?
  それに、嘘も言ってませんし。
  私が頼りになるって思われてる、ってことでもありますから、正直嬉しいですし」

澪「そうか……本当、梓はしっかりしてきてるな。
  卒業が近付くにつれて。弱気になってきてる私とは、全く逆だ」



梓(でもそれは……先輩方皆さんが、私に沢山のものをくれるからなんですけどね……)

澪「? どうかしたのか? 梓」

梓「いえ、なんでもありません」

梓(でも……さすがにコレは言えないよね……。
  もっともっと、沢山のものをもらってからでも……遅くは無いしね)

梓「ただ……そうですね、最後に、励ましの一言だけ良いですか?」

澪「ん?」



梓「素直になって頑張って! 澪お姉ちゃんっ!」

澪「っ……! ……ああ、頑張るよっ!」



終わり