※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部室

ガチャリ

梓「あれ?澪先輩だけですか?」

澪「みんなクラスの用事で遅れるってさ」

梓「そうなんですか」

澪「先にお茶してよっか」

梓「はい、私お茶煎れますね」

澪「じゃあ私ケーキ準備するよ」



澪「ふふ、梓もすっかり軽音部にとけ込んだな」

梓「何ですかそれ?」

澪「練習、練習言ってたのに自分から進んでお茶煎れるとは」

梓「はっ!・・・練習しましょっか」

澪「良いよ、みんな揃ってからにしよ」

梓「そうですね」

澪「ケーキ食べよ」

梓「はい」



ピンポーン

和『2年の中野梓さん、至急生徒会室まで来て下さい』

梓「あれ?私呼ばれたみたいですね」

澪「今の声は和だな」

梓「ちょっと行ってきますね」

澪「ああ」

バタン



澪「・・・・・・」

澪「ニヤリ、計画通り」

澪「さわ子先生に部室で一人で集中して練習したいからと言い、律達3人に用事を頼ませた」

澪「そして、和にタイミングを見て梓を呼び出してもらう」

澪「和は、唯のタイツであっさり買収出来た」

澪「さてと、今の内に」



澪「梓の使ってたカップ・・・」

澪「梓のカップ!」

澪「ちゅっちゅっ、ぺろぺろ」

澪「梓と間接キッス///」

澪「ふう」

澪「お次は、梓の食べかけケーキ」

澪「・・・・・」



澪「今、食べてしまいたいが戻ってきた時にバレるな」

澪「私の食べかけのケーキと入れ替えておこう」

澪「私は梓と、梓は私と間接キスになる訳か///」

澪「同じくらいの量にして、と」

ぱくり

澪「これで良し、お楽しみは後に取っておくもんだ」



澪「さて、本日のメインイベント」

澪「梓の体操着チェック!!」

澪「今日、梓のクラスで体育があったのは確認済み、それに合わせてこの作戦を実行したからな」

澪「さてと」

ごそごそ

澪「おお、これぞ梓の汗の染みついた体操着!」

澪「たまらない///」



澪「こんな贅沢をしてしまって良いんだろうか?」

澪「いや、これはきっと頑張った自分へのご褒美」

澪「では」

澪「梓の体操着ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!   
 あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!体操着体操着体操着ぅううぁわぁああああ!!!
 あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
 んはぁっ!体操着をクンカクンカ!クンカクンカ!あぁあ!! 」

澪「梓、梓、いや、あずにゃん、あずにゃん、あずにゃんにゃーん!!」



ピロリロリーン

澪「携帯が」

和「私、和よ。チェケラッチョイ」

澪「和か」

和「梓ちゃん、生徒会室出たわよ」

澪「もうそんな時間か、クンクンしすぎたな」

和「ふふ、どうやら上手くいったみたいね」

澪「和のおかげだ、ありがとう」

和「どういたしまして、チェケラッチョイ」

澪「名残惜しいが今日はここまでだな」



ガチャリ

澪「梓、お帰り」

梓「ただいまです」

澪「お茶の続きしよっか」

梓「はい」

澪(うおおおぉ、あずにゃんの食べかけケーキ!!やっと食べられるハァハァ)

ぱく



澪(ああ、この幸せ)

梓「美味しいですね、このケーキ」

澪(そして梓も私と間接キス///)

澪「ああ、美味しいな」

梓「えへへ」

澪(えへへだって、あずにゃん、可愛い~!!)



翌週またも澪だけに

澪「今日は梓の持ち物チェックと行こう」

ガサゴソ

澪「梓のリップクリーム!」

ぬりぬり

澪「えへへ、あずにゃんと間接キス///」

澪「ついでに、シャープペンもぺろぺろ」

澪「梓のノートだ」

澪「あずにゃんの字可愛い///」



澪「梓の生徒手帳だ」

澪「写真も可愛い///」

澪「誰も見てないし」

澪「ちゅっ」

澪「梓にキスしてしまった///」

澪「梓が可愛すぎるのがいけないんだぞ全く」

ちゅっちゅっちゅっ



ガサゴソ

澪「ヘアブラシだ」

クンカクンカ

澪「梓のシャンプーの香りが・・・」

澪「梓の髪の毛が付いてる」

澪「抜き取って持って帰ろう」

澪「思わぬ収穫だ」



澪「梓のお弁当箱発見!」

澪「開けてみるか」

ごそごそ

澪「食べかけのウィンナーがある!」

澪「全く梓は、残しちゃ駄目じゃないか」

澪「え?もうお腹一杯で食べられない?」

澪「良かったら澪先輩食べて下さい?」



澪「しょうがないな、太るから食べたくないんだけどな」

パクッ

澪「あああ、美味しいよ。あずにゃーーーん!!」

澪「この味付けは正に天才だな、味王もビックリだ」

澪「アッサリとしていてコクがあり、それでいてしつこくない」

澪「山岡士郎も、いちゃもん付けられまい。さすが梓、料理スキルもあるとは」

※梓の弁当は梓母お手製



澪「そう言えば今日は梓のクラスは水泳があったな」

澪「と言う事は」

ガサゴソ

澪「やった!梓のスク水!」

澪「持って帰って私の梓コレクションに加えたいが、さすがにやばいか」

澪「かと言ってぺろぺろ、くんくんばかりも芸がない」

澪「・・・飲むか」



澪「まだ水分も残ってるしな」

ぎゅーっ

澪「出た出た、梓のスク水に残ってた水分。略して梓汁」

澪「これを紅茶に入れます」

ジョボボ

澪「出来た!梓汁入り紅茶。名付けて天使の産声」

ゴクリ

澪「ああ、この軽い塩素の匂い。正に天使の産声」



翌週またも、澪だけに

澪「今日はちょっと大胆な事してみようかな///」

澪「あそこに梓のギターあるし」

ちらっ

ムスタングを股間に押しつける澪

澪「あっ、梓そんな」

澪「良いじゃないですか、澪先輩」←声真似



澪「駄目だ、こんな所で」

澪「私、もう我慢できません」←声真似

澪「梓、結構Hなんだな///」

澪「澪先輩だってHな顔してますよ」←声真似

澪「良いよ、梓そこ気持ちいい」

澪「澪先輩、気持ちよくなって下さいね」←声真似

澪「梓、もういくよ。ぬほおおおぉおーっ」

澪「全く、梓ってばテクニシャンだな。いかされちゃったよ///」



戻ってきた梓

梓「さあ、練習しましょう」

澪「ああ」

ピンポーン

和『3年の秋山澪さん、至急生徒会室まで来て下さい』

澪「あれ?今度は私が呼ばれたみたいだな?」

梓「そうですね」

澪「ちょっと行ってくる」

梓「はい」

バタン



梓「ふふ、和先輩は憂の体操着で買収しました」

梓「さてと」

ガサゴソ

梓「澪先輩の体操着ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!   
 あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!体操着体操着体操着ぅううぁわぁああああ!!!
 あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
 んはぁっ!体操着をクンカクンカ!クンカクンカ!あぁあ!! 」

梓「澪先輩!澪先輩!いや、澪にゃん、澪にゃんにゃーん!!」

梓「ふう、最高ですね」



梓「澪にゃんの持ち物チェックといきますか」

梓「英和辞典だ」

ペラペラ

梓「ほほう、きちんとマーキングされてて偉いですね。さすが澪にゃん」

梓「・・・・」

梓「SEXの所もマーキングしておきましょう」

キュッ

梓「これを見て慌てふためく澪にゃん」

梓「想像したら可愛すぎる///」



梓「お次は、澪先輩のベースで」

エリザベスを股間に押し当てる梓

梓「あんっ駄目ですよ澪先輩///」

梓「ふふっ、良いじゃないか梓」←声真似

梓「そんな、あんっ」

梓「梓、そんな事言ってここはもうこんなになってるぞ?」←声真似

梓「澪先輩、恥ずかしいです///」

梓「梓もういきそうか?」←声真似

梓「はい、もういきます。あああぁぁ~っ!!」

梓「澪先輩にいかされてしまった///」



澪が戻ってくる。

梓「じゃあ、練習しましょっか」

澪「そうだな」

澪(うわー、さっきまで私の愛液がべったりだったギターを梓が持ってる///)

ジャカジャカジャン

梓(私のやらしい液が付いたベースを澪先輩が///)

ベンベンベベン

澪(あずにゃん、可愛いよ///)

梓(澪にゃん可愛いです///)



お終い