※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

の次の次の次の、次の日


澪「万策尽きた……」

澪「はぁ」

紬「どうしたの、澪ちゃん。ため息なんかついて」

澪「ムギ……」

紬「?」

澪「……ちょっと手伝って欲しいことがあるんだけど」

紬「えっ?」



紬「ゼットンさんを追い出す作戦!?」

澪「しーっ! 静かに! 唯や律にバレたら大変だ!」

紬「で、でも今やゼットンさんも軽音部の一員よ?」

澪「その軽音部には私が含まれていないよ!」

紬「うーん……」

澪「お願いだよムギ!」

紬「むぅ……やっぱり無理! 軽音部の仲間を裏切るなんてとてもできないわ!」

澪「私も部員だよ!」

紬「だって澪ちゃん最近部活に来てないじゃない」

澪「うっ」

紬「その点ゼットンさんは毎日部活に来て練習してるのよ」

澪「練習?」

紬「ええ。ゼットンさんはパフォーマーをやることになったから」

紬「毎日ダンスの練習をしてるの」

澪「なんだって!?」



澪「私がゼットンと奮闘してる間にそんなことに……」

紬「澪ちゃんもちゃんとゼットンさんと向き合わなきゃ」

澪「で、でも相手はあのゼットンだぞ……」

紬「それがどうしたっていうの」

紬「ちょっとばかり私たちと姿形が違って、一兆度の火球を吐くだけじゃない!」

澪「大問題だよ!」

唯「だめだよ澪ちゃん!」

澪「唯!」

唯「時代はラブアンドピース」

唯「澪ちゃんもきっとゼットンと仲良くできるよ!」

澪「む、無理だよ……」

唯「安心して。私が作戦を授けてあげる!」

澪「ホ、ホント!?」

唯「まっかせなさい!」



 ラ イ ブ 作 戦 ! !


ゼットン「……」

澪「……あ、あの」

ゼットン「……ピロロロロ」

澪「ひっ」

澪「……」

澪「……ゼ、ゼットンさんは音楽、好き?」

澪「私はね……大好きなんだ」

ゼットン「……」

―――――ジャカジャカジャカジャカ



澪「……君を見てるとハートDOKI☆DOKI」

ゼットン「……」

澪「揺れる思いはマシュマロみたいにふーわ☆ふわ

いつもがんばるキミの横顔

ずっと見てても気づかないよね

夢の中なら二人の距離縮められるのにな

あぁ カミサマお願い

2人だけのDREAM TIMEください☆

お気に入りのうさちゃん抱いて今夜もオヤスミ♪

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――



澪「あの……どうでした?」

ゼットン「……」

澪「……」

ゼットン「…… 」

澪「!」


紬「澪ちゃんとゼットンさんが握手を!」

唯「澪ちゃんの音楽がゼットンに認められたんだね!」

律「澪、おめでとう!」

澪「み、みんなありがとう!」

澪「本当にありがとう!」



こうして

私はかけがえのない仲間を手に入れた
ゼットンと共に過ごした青春の日々は本当に可笑しくて楽しくてキラキラ輝いていて
あれはきっと運命の出会いだったに違いない、と私は密かに思っている



ちなみに、その年の新歓ライブも大盛況。新歓ライブでのゼットンの素晴らしい踊りに感銘を受けて
ツインテールのかわいい1年生がパフォーマー志望で我らが軽音部に入部してくれるのだが

それはまた別のお話


おしまい