ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ウルガモス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウルガモス

No.637 タイプ:むし/ほのお
特性:ほのおのからだ(接触技を受けると30%の確率で相手を火傷にさせる)
体重:46.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ウルガモス 85 60 65 135 105 100
シャンデラ 60 55 90 145 90 80

ばつぐん(4倍) いわ
ばつぐん(2倍) みず/ひこう
いまひとつ(1/2) かくとう/はがね/むし/こおり
いまひとつ(1/4) くさ
こうかなし ---

むし・ほのおという組み合わせが特徴的なポケモン。
炎を弱点としない虫だが、炎ポケへの対抗手段に乏しい。
岩4倍弱点は致命的になりやすいが、カポエラー等で岩技を牽制してやることで補うことができる。
最近ではレパルダスのうそなき等と組み合わせ強引に岩技を撃つ格バンギラスや格闘を突破する場面も多く見られる。

クレセリアメタグロスラティオス等のメジャーなエスパータイプに強いのは優秀。
また、カポエラーゴウカザル等岩技を入れるスペースが厳しい格闘タイプに対しても強く、
スタンパの初手にくる組み合わせに対してかなり相性が良く戦える。
…しかし、これらの相手に有利なポケモンならこいつ以上の火力を持つシャンデラの存在がどうしても気になる。
シャンデラと比べるとサザンドラに有利、すばやさが早い、バンギへ高打点、地面等倍などの利点があるがやはり岩4倍が致命的な弱点になりやすく、カポエラーと組むにしてもシャンデラの方が多い。
これらの理由でシャンデラと比べると使用率はやや低い。

ちょうのまいは優秀な積み技で、自身の元々の特殊耐久の高さもあり、特殊相手には積みやすい。
ただし物理耐久は低く、弱点なら確定一発、等倍でも1発~2発で落ちてしまう。

いかりのこなを覚えることも大きな特徴となる。
あまりターンを稼ぐことはできないが、メタグロスを縛れるのでこのゆびを使うパーティの弱点になりやすい大爆発に強くなりやすい。
また、トリパメタとして有力なモロバレルやクレセリア等を短いターンで処理できるためトリックルームのサポートとしてもそれなり。

雨パの弱点になりやすいナットレイを狩れ、ぼうふうを覚えるなど自身も雨の恩恵を受けることができ、
苦手な岩タイプの処理をニョロトノキングドラで行いやすいということから雨パに入れやすい炎タイプでもある。


技候補

特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ねっぷう 100(150) 90 ほのお メインウエポンその1 自力
だいもんじ 120(180) 85 ほのお メインウエポンその2 マシン
むしのさざめき 90(135) 100 むし 虫技のメインウエポン 自力
ぼうふう 120 70 ひこう ゴウカザルなどに、命中不安 自力
めざめるパワー 70 100 不定 ボーマンダガブリアスランドロス狙いの氷、炎タイプ狙いの地面など マシン
ギガドレイン 75 100 くさ 対水岩。教え限定 教え
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
みがわり - - ノーマル まもる交代補助技読みから マシン
ちょうのまい - - むし 優秀な積み技。まもる読みなどで 自力
いかりのこな - - むし 相方の縛りの解除に。 自力

ステータス調整

[サンプル]
ひかえめ 116-x-x-196-20-156 余り20
     実数値:175-72-86-198-128-140

ラティオスの珠流星群耐え。
攻撃1段階ダウンバンギラスの岩雪崩をヨロギ込みで確定耐え。
攻撃面1段階UPのねっぷうで187-133メタグロス確定1発、同条件のさざめきでラティオスを確定1発 残り素早さなど他調整。

素早さ

ボーマンダやサザンドラなどを意識した最速が望ましいが、他に多く努力値を回したい場合は調整しても良い。
補正あり188振り:最速霊獣ランドロス抜き
補正あり140、補正なし244振り:最速クレセリア抜き

攻撃・特殊

性格補正無し68振り…HP252クレセリアをさざめきで確2
性格補正無し204振り…無振りラティオスをさざめき+珠ダメージで確1
性格補正無し228振り…187-133グロスを大文字で確1

耐久

特防の調整先は主にラティオスだろう。
HP116振りで16n-1の175、244振りで191
物理面は紙だが、ヨロギを持たせれば不一致いわなだれなどはある程度耐えられるようになる。

持ち物

ヨロギのみ

いわなだれによる事故死を防ぐ

ラムのみ

電磁波キノコの胞子いばる対策。

オボンのみ

高めの特殊耐久を生かす

きあいのタスキ

特攻素早さに極振りする場合は候補に入る

型サンプル

基本型

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:耐久素早さ特攻調整 or 特攻素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/ヨロギのみ/ラムのみ など
確定技:ねっぷうorだいもんじ/むしのさざめき/まもる
選択技:ちょうのまい/めざめるパワー(地/氷)/ギガドレイン/いかりのこな/みがわり など

高い特攻からねっぷうやさざめきで相手を潰していく。
特筆すべきはいかりのこな。
効果はこの指と同じなので相方を縛りから解放するために便利。
蝶の舞は第4世代の竜舞ギャラドスのように守る読み等で使う物。

スカーフ型

性格:ひかえめ
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ねっぷう/むしのさざめき/めざめるパワー(氷)
選択技:だいもんじorオーバーヒート/ギガドレイン/いかりのこな

本来は抜かれるラティオスなどに強く立ち向かえるスカーフ型。
ガブやマンダ、ランドロスを上から一撃で落とせるめざパ氷は是非とも入れておきたい。

タッグ候補

スイクン
物理耐久が高く4倍ダメージのいわタイプを牽制できる。
不一致10万やワイルドボルト程度であれば耐えられる。余裕があればリフレクターでサポート。

カポエラー
通称カポウルガ、カポガモス。
カポエラーがいかくでウルガモスの弱点物理耐久をフォローし、
猫騙しで蝶の舞を使う隙をつくり、岩に格闘をいれる。

対策

基本的には岩技に限らず物理に弱いため一致物理で殴れば2確~1確
しかし特殊気味のPTだったり一度蝶の舞を舞われると縛られる範囲は広いので注意。
クレセグロスサザンを中核とするパーティには特に地雷になりやすいので、バンギラスウォッシュロトムなど見られるポケモンを入れておきたい。

外部リンク

添付ファイル