ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki カビゴン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カビゴン

No.143 タイプ:ノーマル
特性:めんえき(「どく」「もうどく」状態にならない)
   あついしぼう(ほのおタイプ・こおりタイプのダメージ技を受ける時、その技の威力が半分になる)
夢特性:くいしんぼう(残りHPが1/4以下で発動する木の実が残りHP1/2で発動する)
体重:460.0kg(けたぐり、くさむすびの威力120)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
カビゴン 160 110 65 65 110 30

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

第4世代ではメタグロスと共にダブルバトルの2大厨ポケと呼ばれていたポケモン。
特殊耐久が非常に高いため、ダブルバトルで使われる特殊系ポケモンの殆どに強い。
加えて特性のあついしぼうのおかげで晴れ、霰パーティに強く、
素早さの関係上トリックルームパーティにも対抗できる。
特性はあついしぼうが優勢。どくの需要はそこそこあるのだが、
それ以上に全体技にほのお&こおり技の使用率がやたらと高いため、あついしぼうが優先される。

低めに見える防御種族値も、防御全振りとちょっとでメタグロスのコメットパンチを2発耐えられるため、
一回も行動できずに倒れるということはあまりない。
攻撃力もなかなか高い上、爆発技も覚えられるので持てる役割はかなり多い。

今作では格闘ポケモンの増加、バンギラスの本格的な解禁、じばくの弱体化と向かい風もある。
また、特殊耐久のある物理というポジションがバンギラスと被っており、そこが数を大きく減らした理由だろう。
スタンダードな戦法で使う場合、バンギラスが優先されるパーティが多く、のろいやじばく、はらだいこ等特殊な性質の技を使う型が多い。

新技はヘビーボンバーを習得。攻撃全振りならバンギラスに3割5分前後、ゲンガーに8割ほどのダメージ。
ゴースト岩両方にダメージの入る貴重な技だが、技スペースが空いている場合はかみくだく+格闘技でも入れればいいのであまり必要が無い。

イバンの実が解禁。くいしんぼうを活かし、はらだいこの後に即イバンを消費しルームの展開無しに先制で攻撃する戦法が開発された。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
おんがえし 102 100 ノーマル メインウェポン。 マシン
すてみタックル 120 100 ノーマル 玉で無振りラティオス確1。ジュエルでロトムやサンダー等も視野に入る。 遺伝
のしかかり 80 100 ノーマル 3割麻痺の追加効果。自身のすばやさも補え好相性。 自力
じばく 200 100 ノーマル 全ポケモン中2番目の火力で使える。 遺伝
じしん 100 100 じめん 鋼や岩へ。 マシン
じわれ 一撃必殺 30 じめん 遺伝
かみくだく 80 100 あく ゴーストへ。 自力
ほのおのパンチ 75 100 ほのお ナットレイやハッサム等へ。 教え
ばかぢから 120 100 かくとう バンギラスやナットレイ、ヒードランに。 教え
いわなだれ 75 90 いわ マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技。残飯と合わせてのろい型等では有用な回復手段となることも。 マシン
のろい - - ゴースト 自力
はらだいこ - - ノーマル 自力
ねむる - - エスパー 回復技。のろい等と相性がよい。 マシン
あくび - - ノーマル 自力

ステータス調整

241-178-108-76-134-51(44-252-180-0-28-4,いじっぱり)
残飯カビゴンの配分。
205グロスのコメットパンチ確3
178グロスのコメコメバレ耐え
ゴウカザルのインファイト確定2
メガネ以外のアイテムのラティオスのりゅうせいぐん(しろいハーブ、ジュエル、いのちのたま)連続2発耐え
HP252サンダーをおんがえしで確定2

241-168-108-76-134-61(44-180-180-0-28-84,いじっぱり)
残飯鈍いカビゴンの配分
耐久の調整先は上記。
のろい1回積みのほのおのパンチまたはじしんでメタグロス確定2
のろい2回で最遅30族-1のすばやさ。

241-168-108-76-143-46(44-180-180-0-100-0,いじっぱり)
残飯鈍いカビゴンの配分
メガネラティの流星群も残飯回復2回で耐えるようになる。
素早さはのろい1回で30族抜き。

238-165-116-76-131-61(20-156-244-0-4-84,いじっぱり)
オボンの配分。
205グロスのコメコメバレ耐え。
メガネラティの流星群確定3。

素早さ

最遅バンギラス、ユキノオー等、無振りトリトドンを抜けるよう実数値60、
同族意識の50~59等。
46以下に調整しておけばのろい1回で最遅30族が抜けるようになる。
トリパに組み込む場合は最遅で良いだろう。
トリパが流行る環境では素の状態で30族を抜くためレベル49カビゴンというものも存在した。

攻撃・特殊

耐久重視の振り方をし、余りを攻撃に振る程度で良い。
一応特化すればおんがえしでHP252サンダーが確2になるが、サンダーは食べ残し持ちの可能性が高く安定しないため、そこまでするメリットは薄い。

耐久

物理耐久はメタグロスのコメットパンチやゴウカザルヘラクロスのインファイト、
特殊耐久はラティオスの流星群や雨時のキングドラのハイドロポンプを意識すると考えやすい。

205メタグロスのコメパン2発耐えが基本になる。ゴウカザルのインファイト等も耐え、扱いやすい。
特防の調整先は主にラティオス。メガネ流星群or珠流星群2発耐えなど。

型サンプル

スタンダード型

特性:あついしぼう
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:耐久調整 残り攻撃
持ち物:オボンのみ/ラムのみ/ノーマルジュエル
確定技:おんがえしorすてみタックル/まもる
選択技:じしん/ほのおのパンチ/かみくだく/じばく/いわなだれ/ヘビーボンバー など

スタンダードな型。
じばくは威力が前作に比べて落ちているので採用するかは自分のパーティと相談しよう。

残飯のろい型

特性:あついしぼう
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:耐久調整 残り攻撃
持ち物:たべのこし
確定技:おんがえし/のろい/まもる
候補技:ほのおのパンチ/かみくだく/ヘビーボンバー/じしんなど

のろいを積むことでメタグロスなどの物理に対し居座りが利く。
トリパへの抵抗力が更に高くなる。
攻撃上昇によって倒す確定数が減り結局相手を倒すために行動するターンの数が変わらない、2匹以上倒す場合にはむしろ短くなる場面が多いなどから人気の型。
耐久に割く努力値が多くなるため積めない相手(雨パなどの超火力や格闘など)に対しては火力が低く普通の型より苦手となる場合が多いが、それらの種類はそこまで多く無く対策で補いやすい。

眠るのろい型

特性:あついしぼう
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:耐久調整 残り攻撃
持ち物:ラムのみ/カゴのみ
確定技:ねむる/おんがえし/のろい
候補技:かみくだく/ほのおのパンチ/ヘビーボンバー

上記の残飯のろい型の特徴をより極端にした型。強い相手により強く、弱い相手により弱い。
居座りが効く相手には永続的に居座ることができ、全抜きも狙えるが、
まもるが無いために相手の後出しの格闘に対してこちらから後出しの対策をしにくいためより弱くなっている。

はらだいこ型

特性:あついしぼう/くいしんぼう
性格:ゆうかん/いじっぱり
努力値:HP2n 耐久調整 残り攻撃
持ち物:オボンのみ/イバンのみ
確定技:はらだいこ/おんがえし
候補技:いわなだれ/ほのおのパンチ/じしん/ヘビーボンバー/かみくだく/まもる/じばく

味方のトリックルームやおきみやげから繋ぎ、腹太鼓を積んで超火力で押し切る。
積んでしまえばH振りクレセリアを余裕の確1なので、ほぼ全ての相手を一撃で落とせる。
相方には格闘を縛れるエスパータイプがおススメ。

タッグ候補

サンダー
カビゴンに対してよく出てくるギャラドス、メタグロスに強い。

ボーマンダ
ヘラクロスやゴウカザルなどの格闘を縛る。
威嚇で相手の火力を削ぐことも可能。
もちろんボーマンダを縛ってくる氷ポケモンにはカビゴンが圧力をかけられる。

ヤドランヤドキングランクルス
トリパ用。苦手な格闘タイプを縛り、腹太鼓を積む隙を作る。

モロバレルトゲキッスヤミラミ
腹太鼓用。
この指や怒りの粉、ねこだましで腹太鼓をサポート、死に出しからトリックルーム始動役を投げる。
自己暗示に繋げられれば場を制圧することが出来る。
地震や雪崩の連打、いたずらいばる等が苦手。
ヤミラミはイバンの前に自己暗示しカビゴンのじばくで一掃する。

対策

威嚇をかけるのが割と手っ取り早い。
またテラキオン、ヘラクロス、ゴウカザルなどの格闘タイプも非常に有効であるが、
コメットパンチ2発耐え調整のカビゴンはゴウカザルのインファイトでも落ちないことが多い。
カポエラーはいかくで相手の火力を削げるうえジュエルインファで瞬殺できるので刺さりやすい。単純な殴り合いならローブシンもまず負けない。
もちろんけたぐりの威力は120なので、これを使うのもいい。

外部リンク

添付ファイル