唯×律SSまとめwiki SS23律「唯は可愛いよな」

メニュー

合計: -
今日: -
昨日: -






リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SS23


律「唯は可愛いよな」

唯「えっ?」

梓「急に何言ってるんですか」

律「いや、可愛いよなって思ったから」

唯「…あ、ありがとう」

律「照れんなよ」

澪「いきなり言われたら普通戸惑うし照れるって」

律「そうかぁ?」

紬「で、どうしたの?」

律「んー、なんか、可愛いよなーって」

紬「そうじゃなくって。なんで急にそう思ったの?って聞いてるの」

律「前から思ってたぞ?ただ言わなかっただけで」

唯「ふーん」

梓「そうですか」

律「特に昨日の夜の唯が」

澪「ぶっ!」

唯「ちょっ……!?」

梓「澪先輩!?」

唯「り、りっちゃん!その話はしないでよ!」

紬「あらやだ鼻から赤い汗が」

梓「それは鼻血です!早く拭いてください!あとよだれも!」

律「だって可愛かったんだから仕方ないだろ?」

唯「だ……だからって…」

紬「その話、詳しく教えてちょうだい」

澪「ま、待て!お前ら、昨日の夜会ってたのか!?」

律「え?うん、私の家に泊まr」

唯「りっちゃん!」

律「わ、わかったよ、もう言わないから」

紬「唯ちゃん、恥ずかしがらなくてもいいのよ」

梓「ムギ先輩、目が怖いです」

律「じゃあ、この話は二人だけの時に。な?」

唯「二人だけの時でもやめて!」



唯「りっちゃんや」

律「なんだい唯ちゃんや」

唯「私、イメチェンをしてみたいと思っているのですよ」

律「ほうほう」

唯「クールでカッコいい人に変わろうかと」

律「ふむふむ」

唯「だから、りっちゃんに試してみてもいい?」

律「ん?いいぞ」

唯「じゃあ………やるよ」

律「お……おう(不覚にもドキッとしてしまった…)」

唯「律、今日の帰りアイス屋に寄らない?」

律「アイスかよ。お茶しないかとかじゃないのかよ」

唯「え~?だってアイス食べたいんだもん」

律「はいはいわかったよ、アイス屋に行こうな」

唯「もちろん、二人きりでね」

律「当たり前じゃないか。じゃなきゃデートにならないだろ」

唯「…デッ…デート?」

律「違ったのか?」

唯「ううん、違わない!デートだよ!……えへへ、デートかあ…」

律「(可愛い…)」

唯「……ハッ!?も、もう、りっちゃん!」

律「えっ、な、何だよ?」

唯「りっちゃんがデートなんて言うからクールでカッコいい私が崩れちゃったよ!」

律「ええっ!?私のせいかよ…」

唯「プンプンだよ!」

律「ていうか、唯には無理なんじゃないか?」

唯「そんなことないよ!やればできるよ!」

律「やってできなかったじゃん」

唯「うっ……も、もう一回!」

律「へいへい、お好きにどうぞ」

唯「ごほん!……律はさ、可愛いよね」

律「な、何だよいきなり」

唯「昨日私に言ったことに対する仕返しだよ」

律「…根に持ってたか」

唯「でも可愛いのは事実だよ。誰よりも可愛い」

律「唯のほうが可愛いって」

唯「わ、私にとっては律が一番なんだよ」

律「(今動揺したな)」

唯「私と一緒に登校したくて悶々としていた律や」

律「…………」

唯「手を繋ぎたくて何度も私を見ていた律や」

律「…………」

唯「キスをするとき、ほんの少し顔を上げる律や」

律「…………」

唯「エッチしてるとき、私が上だと「もっと」って甘えてくる律」

律「…………」

唯「全部が、可愛い」

律「…………」

唯「(あれ、ダメだった…?)」

律「…………」

唯「律ー、聞いてる?(俯いてるとどんな顔してるのかわかんないよ…)」

律「…………」

唯「律、顔見せて」

律「やっ、やめ…」

唯「(わ、スッゴい真っ赤だ)」

律「は、恥ずかしいから見るな…」

唯「(やば。昨日のムギちゃんほどじゃないけど鼻血出そう)」

律「うあー、絶対今真っ赤だ」

唯「うん、赤い。でも可愛いよ、食べちゃいたいくらい」

律「も、もう何も言うな!恥ずかしい!」

唯「えー?でも、エッチしてるときに言ったら照れながらも笑ってたじゃん」

バタンッ

律「うわっ!?だ、誰だ!?」

?「にょ、にょーん」

律「何だネコか」

唯「(いや、明らかにムギちゃんの声だったでしょ、今の)」

律「驚かせんなよなー」

唯「(これはかなり混乱してるねー)うんうん、可愛い」

律「だからもう言うなって!」

唯「おっと失礼。心の声が」

律「ああもうっ!今日は誰もこないから部活は休みだ!帰るぞ唯!」

唯「えっ?」

律「帰るぞ!アイス屋に行くんだろ!」

唯「あ、うん!(でも今部室から出たらムギちゃんと…)」

ガチャッ

紬「遅れてごめんなさい」

唯「(先に自分から入ってきた!)」

澪「うーん……」

梓「澪先輩、しっかりしてください!」

唯「(澪ちゃんとあずにゃんも…。もしかしてさっきの音って、澪ちゃんが倒れた音?)」

律「遅いぞー!何やってたんだ!」

紬「ごめんなさい、ちょっと用事があって」

唯「(あ。ムギちゃんが隠すように持ってるあれ録音機だ)」

紬「それと、今からも私たち用事があるの」

律「んー、そっか。じゃあ帰るか」

梓「あ、私は先に失礼します。急いで帰って部屋の片付けしないといけないので」

澪「…………」

紬「澪ちゃん、今日はもう部活は終わりよ。帰りましょ」

唯「気絶してる…」

紬「仕方ないわね……よいしょっと」

律「ムギ、何してんだ」

紬「お姫様抱っこよ。校門前に車を呼んでるからそこまで運ぶの。それじゃ、さよなら」

バタン

唯「あんなに軽々と…ムギちゃんってやっぱりすごいね」

律「だな」

唯「(あ、そうだ)……律」

律「な、何だよ、まだやるのかよ」

唯「今日、うちに泊まりに来ない?」

律「え?でも憂ちゃんが」

唯「大丈夫、憂は今日あずにゃんの家に泊まりに行くから」

律「あー、そういや片付けがーって言ってたな」

唯「うん。それにさ、久しぶりに律の美味しい手料理が食べたいし」

律「お、おう、わかった。任せろ!」

唯「あと、律も食べたいし」

律「おう!……って、えっ!?」

唯「ダメ?」

律「……よ、夜…な」

唯「うん。さ、帰ろうか」

律「ああ…」

唯「(ふふふ……計画通り)」