唯×律SSまとめwiki SS28唯「りっちゃん、どうしたの? 眉間にしわ寄せて」

メニュー

合計: -
今日: -
昨日: -






リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SS28


唯「りっちゃん、どうしたの? 眉間にしわ寄せて」

律「ん……なんでもないよ」

唯「あ! そういえばもうすぐ」

律 ピクッ

唯「クリスマスまでちょうどあと一カ月になるね!」

律「(…唯がおバカさんでよかった……)」

唯「くーりすーますー♪ えへへ、プレゼント楽しみだなあ」

律「え?」

唯「憂、なにくれるんだろー?」

律「(ちょおおい!! 私に言ったんじゃないのかよ! つーか、クリスマスより先に、大事なイベント忘れてませんかあ!?)」

唯「りっちゃん、さっきからどうしたの、頭抱えて」

律「おっ、」

唯「お?」

律「お前のせいだあああ!!」

唯「ふええええっ!?」

律「はぁ……はぁっ…」

唯「り、りっちゃん!?」

律「悩んでんだよ……」

唯「え?」

律「ぷ・れ・ぜ・ん・とっ!!」

唯「……クリスマスはまだまだ先だよ? そんな悩まなくても……」

律「ちーがーうっ!!」

唯「えー、もーなあに?」

律「もう、唯なんて知らんっ!」

唯「ええ~」

律「……帰って、一人で考える」クルッ

唯「まーって、まってよう」ガシッ

律「またないっ!」

唯「やだあ……」ギュッ

律「ゆ、ゆい!?」

唯「りっちゃんの悩みは私の悩みでもあるんだよ。だから、一人で悩んじゃやだっ」

律「唯……」ギュッ

唯「ね? 私じゃ頼りないかもしれないけど、少しだけでも、話してみてよ」

律「い、いや、でも」

唯「話してくれなきゃ、帰さないもん」

律「(なんかよくわかんない展開に……でも)」

唯 ギュウッ

律「(ここまでさせて、言わないってのはな……むしろ、何が欲しいのか、本人にダイレクトに聞く方がいいのかも)」

唯「りっちゃん、あったかい」

律「お前の方が、あったかいよ、って唯」

唯「うん?」

律「話、聞きたいんじゃなかったのか?」

唯「うーん……なんか、どうでもよくなっちゃった」

律「そおおおおいっ!!」

唯「だから、やっぱいいよ、りっちゃん。でも、もう少しこのままでもいい?」

律「いや、いいけど、ってまて」

唯「あはっ、今度は、私がまつ番なんだね」

律「んな、ほのぼのと会話している場合じゃねーだろ!?」

唯「でも、りっちゃんとまったりしているの、好きだよ」

律「……そ、そっか」

唯「うん、ふふふ」

律「へへへっ」

唯「まったりターイムっ♪」

律「まったり……ちょ、まてよ!」

唯「りっちゃん、キムタクみたーい」キャッキャッ

律「……悪いけど、スルーするぞ。てか、唯!」

唯「うーん?」

律「は、話聞きたくないって、どういうことだ!?」

唯「聞きたくないんじゃないよ、どうでもよくなっちゃった、っていったんだよ」

律「なおさら悪いわい! あーもう、スイッチ入った」

唯「りっちゃん号、前進っ!」

律「ウィー、ガシャッ。て、違うっ!」

唯「あん、もお~」

律「こうなりゃ、意地でもお前に話したくなったわっ!」

唯「りっちゃん、結構意地っ張りだからね~。いいよお」

律「どっちがだ……ったく」

唯「で、なあに?」

律「ふう、やっとか……実は、さっきもいったように、プレゼントを何にするかで悩んでんだよ」

唯「だから、クリスマスはまだ」

律「違うっつーの! それよりも、もっと大事なイベントだよ!」

唯「えー……わかんないよ~」

律「唯に関わることだぞ」

唯「うーん、あ、そういえば、昨日包丁でちょこっと切っちゃったんだよ」

律「え!? 早く言えよ、どこだ?」

唯「人差し指の背の部分を、ちょろっと」ヒラッ

律「ばか、絆創膏くらいしとけ。おかげで、部活のとき気付けなかっただろ」

唯「いろいろ、料理の練習してたら、こうなって」

律「私を呼べよ。そうしたら、けがなんてさせなかったのに」

唯「そうしたら意味無いんだよ」

律「……は?」

唯「いいの、一人でがんばるって、きめたの」

律「っとに……」パクッ、ペロッ

唯「うひゃっ、りっちゃん!?」

律「止血だよ。まあ、もう止まっているみたいだけど」

唯「りっちゃんって、舌もあったかいね」

律「おーそうだろ。ま、唯もな……って(私、今何した!?)」

唯「どうしたの? 顔まっか」

律「なななななんでもないっ!」

唯「変なりっちゃん」

律「お、お前に言われたくないわっ」

唯「挙動不審なのはりっちゃんでしょ、急に頭抱えたり」

律「……あっ、そうだっ。唯、さっきの分かったか? 何のイベントか」

唯「うーん、わかりませんっ!」

律「あほっ!!」ペシッ

唯「ええ~、いたーいっ」

律「どこまでお前は鈍いんだっ!」

唯「鈍いのはりっちゃんだよ~」

律「はぁ? 私のどこが…」

唯「イベントとか、別に、私はそんな気にしないもん」

律「ちょ、おい」

唯「イベントじゃなくても、こうしているだけで、ほくほくするからねっ」

律「……え?」

唯「りっちゃんといれば、毎日が記念日だも―ん! なんちゃって。……だから、そんな私の気持ちに気付かないりっちゃんは、にぶちんさんなの」

律「……」ペシッ

唯「え? またぶたれた~」

律「う、うるさい」

唯「りっちゃん?」

律「……なんか、イベントイベント、って悩んでた私が、ばかみたいだ」

唯「結局、なんだったの?」

律「……11月27日」

唯「ふえっ?」

律「唯の誕生日っ!」

唯「え……ああ~っ!」

律「ようやくかよ! だから、何あげようか、いっそお前に聞いてっ」

唯「え、決まってるでしょ?」

律「……へ?」

唯「だからー、ぷれぜんと」

律「え、いやっ」

唯「ええ、だから、料理の練習してたのに」

律「ごめん、唯……どういう」

唯「りっちゃんが言ったんだよ、去年の誕生日のときに、ちょうど、みんなでうちんちでパーティしてて」

律「……えーと?」

唯「みんなが寝静まったときに、私とりっちゃんだけ起きてて」

律「(あ、覚えているような)」

唯「私が今日楽しかった、ありがとっていったら、りっちゃんが、今から来年のパーティ予約していい? って」

律「(うあ、唯、やめろやめろ)」

唯「私が、もちろん、やったー! って喜んだら、りっちゃんが、違う、来年は、二人きりのパーティってことで、予約したいんだけど、って」

律「(い、いいました!)」

唯「で、うん、かしこまりました、プレゼント期待してるね、っていったら」

律「(……こっから先は、なんていったんだっけ)」

唯「前日の夜に唯の家に行って、日付が変わるまで、唯が十八才になるときまでずっと、抱きしめててあげるって」

律「うっ、わあああああっ!!」

唯「だから、そのあとのパーティ料理をりっちゃんに作ってあげようと思って、練習してたんだよ?」

律「(いった。確かに、いった。でも)」

唯「りっちゃん、忘れてたの?」

律「(冗談交じりで……っていうか、唯も、照れながら笑ってたから、冗談っていう風にとったと思ったのに)」

唯「もう、少しぷんぷんだよ?」

律「(半分、本気だった。何より、唯は、それを楽しみにしててくれたんだよな)」

唯「……りっちゃん?」

律「(なんだ、じゃあ、決まりじゃん。最初から悩むことなんてなかったんだ。私も唯も、それが、一番、嬉しいんだから)」

唯「……やっぱり、無理だったら、いいよ?」

律「だめだ。もう、予約してあるだろ?」

唯「……りっちゃん」

律「前日の夜に、唯の家にいくから」

唯「うん。じゃあ、改めてっ」

律「ん?」

唯「りっちゃん、その日、ずっと私と一緒にいて。そのプレゼントがいい」

律「……26、27日だけでいいの?」

唯「ふえ?」

律「……いや、続きは、誕生日にな」ギュッ

唯「うんっ」ギュッ

私も、唯といれば、いつだって、特別な日なんだよ。
なーんて、な。

おわり