唯×律SSまとめwiki SS35-2

メニュー

合計: -
今日: -
昨日: -






リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SS35-2


目が覚めた。
あれだけのことがあったのに、眠れるもんだな、と思った。
涙が乾いて、瞼や頬のあたりがひりひり痛い。顔、洗わなくちゃ。
ベッドの隣は、誰も来た形跡がなく、冷たいままだった。胸が、締め付けられたように苦しくなる。

「……ソファーで寝てんのかな」

ゆっくりと体を起こし、ふと時計を見ると、もう八時を回っていた。

「えっ!」

初めての寝坊だった。慌てて、リビングに向かう。
何やってんだよ、私。こんなこともできなくて、唯に文句ばっかり。

「……唯!」

中には……誰もいなかった。
ソファーの上に、毛布がたたまれて置いてある。
ちゃんと起きて、会社に行ったんだろう。玄関に置いてあったごみも、なくなっている。
遅刻しなかったことにほっとしながらも、唯が私に何も言わずに出ていったことに、強いショックを覚えていた。

『りっちゃん、いってくるね~』
『おー、しっかりな』

昨日は、こんな風に言葉を交わしていたのに。
唯も、さすがに怒ったんだ。
そりゃそうだよな。疲れて帰ってきて、急に脈絡もなくキレられて。
私に、呆れたんだ。
もし、このまま帰ってこなかったら。
その考えを打ち消すように、頭を左右に振る。
考えたくない、そんなこと。

ふと、食卓に何かが置いてあるのを見つけた。
ラップされた皿が、いくつか並んでいる。
一瞬、昨日の夕飯を置きっぱなしにしたのか、と思ったけど違った。
私がいつかの朝食に作った、卵焼き、ほうれん草のおひたし、塩鮭がそこにあった。キッチンを見ると、炊けたばかりなのか、炊飯器から水蒸気がふき出していて、コンロにはちゃんと朝食用のみそ汁が入った鍋が置いてある。

「これ……唯、が?」

よくよく見ると、私が作るものよりも不格好だったけれど、それでもきちんとできていた。
卵焼きの皿の隣に、書きおきのような紙がある。
手に取ると、見慣れた丸っこい唯の字が、走り気味に記されていた。

“りっちゃんへ”
“昨日は、ごめんなさい。ううん、いっつもごめんなさい、だね”
“情けないんだけどね、昨日りっちゃんに言われて気付いたんだよ、りっちゃんが、いつもどれだけ精一杯がんばってるかってこと”
“家事は完璧だし、人づきあいも上手だし、何より、だらだらしてばっかりの私と、いつも一緒にいてくれる。見捨てずに、「唯、大丈夫か?」っていつも心配して、気遣ってくれる”
“私にとって、りっちゃんは、大事な大事なスーパーかっこいい奥さんです”
“なのに私は、怒られてばっかりで仕事もあんまりできないし、すぐだらけて寝坊してりっちゃんに迷惑かけるし……だめだめだね”
“りっちゃんの優しさに甘えて、それが普通になっちゃったんだね”
“だから、りっちゃんが疲れていることにも、気付けなかったんだと思う”
“お皿洗いとか、朝食作りとか、やってみてどれだけりっちゃんが大変だったのかっていうことが、すごくよく分かったよ。”
“りっちゃん、これからは、私もちゃんと家事をやります”
“ごみ置きはもちろん、皿洗いとか、ご飯作りとか、もろもろ全部頑張るよ!”
“今まで、気付かなくてごめんね。何もしてこなくて、ごめんね”
“少しでも、りっちゃんの負担が減るように、がんばるから”
“だから、これからも迷惑かけちゃうかもしれないけど、ずっと、私の奥さんでいてほしいです”

“唯より”

“P.S 書きたいことありすぎて、書いてたら食べる時間無くなっちゃったよ!”
“ちゃんと、時間配分も考えなくちゃだめだね。だから、りっちゃんの朝ごはんは手つかずの新品だよう。”
“それじゃ、いってきます!”

私は、書きおきをもったまま、しばらく動けなかった。
それからゆっくりとご飯やみそ汁をよそい、食卓についた。
卵焼きや塩鮭は、作ったばかりなのかまだ生温かかった。
口に運びながら、ぽたり、ぽたりと涙がこぼれて止まらなかった。

「うっ、ふあっ……ゆ、いいぃ」

とびきり美味しいわけじゃないけれど、一生懸命作ったということが伝わってくる。
朝から夜遅くまで働いて疲れているのに、皿も洗って、ろくに眠れていないだろうに、苦手な早起きまでして、慣れない朝食を作って、遅刻しないように家を出て。
すごくすごく大変だったに違いない。
唯は、これだけしてくれているのに。
私は、疲れている唯に勝手にやつあたりして、すねて眠って、自分の家事を放棄しただけだ。

「……どっちが、だめな奴なんだよ……」

しゃくりあげながら、全部をぺろりと平らげ、また書きおきを見た。
唯は、私があいつらに何言われたかとか、全く知らない。
唯がだめな奴だと言われたことも、私たちの関係が一般の夫婦と違う、異様なものだとケチをつけられたことも。
全然知らないのに、唯は、あっという間に全部解決してしまった。
なら、私もちゃんと決着をつけなきゃいけない。
私は唯の、奥さんなんだから。


ごみ置き場の前で、しばらく待っていると、あいつらがやってくるのが見えた。
あいつらも私を見つけ、「あら」と声を上げて胡散臭い笑みを向ける。
負けてたまるか、こんな奴らに。

「あら、おはようございます、今日は偉いわね」
「……何がですか」
「えーっと、平沢さん。久しぶりに見たわ、ごみ置いて行くところ。田井中さんが、しっかりとしつけておいたのかしら」

あいつらは、唯のことを、もう旦那とすら呼ばなかった。

「お生憎。ちゃーんと旦那は自分から置いて行ってくれましたけど」
「あ、あらそう。ちゃんと更生できたっていうことね」
「更生もなにも、あいつは、ちゃんとできる奴だし。もともとな」

私からの思わぬ反撃に、あいつらはわずかにたじろいだ。

「あいつさ、いいかげんでだらだらしているように見えるけど、まあ、だらだらしているときもあるけど、人のことを想って行動できる奴なんだよ」

じっと睨みつけてやると、さらにあいつらは慄く。

「私のことを、誰よりも愛してくれて、私のためにむちゃくちゃ頑張れちゃう奴なんだよ」
「で、でも、だめであることには変わりないわよ?」
「だめ? 何言ってんだよ、これが一番夫婦にとって大切なことじゃん」
「ふ、夫婦って……ふん、何言ってんの。別に夫婦でも何でも……」

まだ食い下がろうとするベテラン主婦集団に、ずい、と近寄る。

「誰が何と言おうと、私たちは夫婦だ。これからもずっと一緒にいる二人、っていう意味だったら、別に他の呼び方しても構わないけどな」
「そ、そんなのすぐに別れるに決まって」
「別れねーよ。別れるわけがないし」
「そ、そんなの」
「唯は、だらだらしているけど、でも、私にとっては、世界一の旦那なんだよ」

すっかり言い返す気力もなくなった主婦集団に、にやりとしてみせる。

「あいつ以上に、私のこと考えてくれる奴がいるんなら見てみたいよ。でもって、唯にとっても、私は、大事な奥さんなわけ」

言葉を切り、再度睨みつける。

「お前らに、唯の何が分かる。私らの何が分かるんだよ。もう、二度と関わってくるな」

一瞬、沈黙があり、主婦集団は、ぶちぶち文句をたれながらも、すごすごとその場を立ち去って行った。
言ってやった。言ってやったんだ。
これからも、受け入れられないことはあるだろうけど、それでも私たちは私たちだって、思えるから。

「近所づきあい悪くなったら、唯のせいだぞー?」

言葉とは裏腹に、私はくくく、と笑って、家に帰って行った。

唯が帰ってきたら、謝ろう。
私は、買い物に街へと繰り出しながら、そう決意していた。
やつあたりしてごめん、ちょっと嫌なことがあったんだ。でも、唯のおかげで、平気だった。こっちこそ、いつも働いてきてくれて、ありがとう。
ぽんぽんと言葉は浮かんできても、実際に言えるだろうか。
もし、唯が許してくれなかったら。
いや、それは無いと信じたい。書きおきもあったしさ。
でも、と自分のした仕打ちを考えると、どうしても不安になった。

「おや、奥さん! こんにちは! よってきなよ!」

振り向くと、肉屋のおっちゃんがにこにこしながら手招きをする。
そういえば、この人は、ずっと私のことを奥さんと呼んでくれていたな。

「今日は、何がおすすめなわけ?」
「ん! いろいろあるけど……やっぱり、ここはチキンだろうよ!」
「鶏肉? 何で? いつもみたいに牛肉じゃないの? ……まあいいや、んじゃそれで」
「あいよお! いやあ、今日は特に旦那さんに夜の方をがんばってもらわないとな! ん?」
「だーから、何で今日なんだって……」

なんか、今日あったっけ? と考えても、思い出せない。
おっちゃんは、にこにこしながら、鶏肉を詰める。
ずいぶん立派な骨付きの肉だ。どう料理しようかな。
おわびをこめて、思いっきり豪勢にしてやろうか。

「はいよ!」
「あ、サンキュ。これ、代金」
「まいど! 今日は旦那さんと仲良くな!」
「いっつも仲いいよ……あ、でも今は」
「ん? ケンカか?」
「……私が、一方的に怒っただけなんだけど。あの、さ」

ん? とおっちゃんが目を向ける。
言ってみたくなった。私を、奥さんと呼ぶ人に。

「あのさあ……うちの旦那って、女なんだよね」
「えっ」
「あ、ひくよなひくよな、ごめんなおっちゃん、何でもないから」

そそくさと立ち去ろうとすると、「そうかあ」というのんびりとしたおっちゃんの声が聞こえた。

「え、ひかないの?」
「んん、のろけられるくらいラブラブなんだったら、文句なしだろうよ」

驚いて、おっちゃんの目を見る。

「旦那さんは、奥さんにそんなに思われて幸せもんだな、っていっつも思ってたんだよ。だから奥さん、そんなケンカしちゃいけねえよ」
「う、あ、うん」
「そんだけ思っていれば、すぐに許してもらって、仲直りできるよお。ほれほれ、今日は特別な日だしな」
「だーから、何の日だっつーの……」

呆れながら、おっちゃんに軽く会釈をし、家に向かった。
こういう人もいるんだ。
それだけで、足取りは軽くなった。早く、唯に会いたくなった。

「……よし」

焼いた骨付き肉に、特製のソースをかけて、とうとう夕飯ができあがった。
ミニハンバーグとか、サラダ、他にも唯の好きな私の料理をたっぷり。
それで、謝るんだ。で、ここ最近話せなかった分、唯とたくさん話して、食べて、盛り上がって。……エロいことも、できたら、な。
時刻は七時三十分。唯は今日、早く帰ってくると言っていたから、そろそろ頃合いだと思って、間に合うように作った。
でも、ちゃんと帰ってくるかな。もしかしたら気が変って、やっぱり今日は遅く帰る、なんてことになるかもしれない。
それでも、今日はいくらでも待つつもりだった。
エプロンを外して、一息付いていると、がちゃがちゃ、という鍵が開く音がした。
なんだなんだ、と玄関先にやってくると、ドアが勢い良く開いた。

「りっちゃあああああああん!!!」

ものすごい叫び声と共に、唯が私めがけて勢いよく飛び込んできた。
私は思わず体勢を崩して、倒れそうになったけれど、すんでのところでこらえた。
唯は、私の服をつかんで、うつむいている。

「ゆ、ゆい……? あ、あのさ、私ごめ」
「ごべんねえええ!! ごべんねえ、りっちゃあああん!!」

ううう、と唸る唯の顔を見ると、ぐしゃぐしゃに泣いていた。

「と、とりあえず落ち着け」
「ぐすんっ、ひぐっ、だってえ」

唯は私からいったん離れ、涙をぬぐいながら、言葉を続ける。

「りっちゃんっ、ごべ、ごべんなさいっ……か、紙にも書いたけどっ、り、りっちゃんが疲れてること分かんなくてっ」
「……ああ、見たよ。でも、そういうことじゃなくて、私がわる」
「わ、わたし全然だめでえ……り、りっちゃんはスーパー主婦なのにっ……」

……スーパー主婦って、なんだよ。

「り、りっちゃんただでさえ疲れてるのに、私何にもしてなくてっ……今日会社行ってても、そのことで申し訳なくって、頭がいっぱいでっ」

……ばーか。

「りっちゃんは、私の大事な奥さんなのにっ」

その言葉に、温かいものが胸に広がる。

「大事な奥さんなのに……大事にしたいのに……全然、できてなかったっ」

唯が、パッと顔を上げる。私と目が合うと、いっそう瞳に涙が溜まっていく。

「ごめんねっ、これからは、もっと私頑張るから、だから、嫌いにならないでっ……愛想尽かさないでえ……」

思わずそれを聞いて、ぷっと吹き出してしまった。

「な、何で笑うのお……」
「ふ、ふふ……いや、なんか唯見てたら、色んな事どうでもよくなってさ」

きょとんとする唯に、ふっとほほ笑みかける。
ばかだな、もう。ばかでばかで、どうしようもない奴。

「……私の方こそ、愛想尽かされるんじゃないかって、不安だった」
「え、ええ!? な、なんで私がりっちゃんを? そんなの、ありえないよお」
「唯は、ちゃんとやってるよ。ときどき、だらけるときもあるけど。でも、頑張ってるのは私が一番よく分かってる」
「え……りっちゃん……」

唯が、まっすぐ私を見つめてくる。
私も、言わないとだめだ。自分の情けないところを。

「唯、私さ、すげーやなことがあったの。大したことじゃないかもしれないけれど、でも、すごく嫌だったんだ」
「え……ごめん」
「違う。唯と関係……あるかもしれないけど、やなことっていうのは唯のせいなんかじゃない」
「よ、よく分かんないけど」

唯は少し戸惑っているようだったけれど、唯が私を嫌な気分にさせたんじゃないってことが分かればオーケーだ。

「そのやなことっていうのが頭に残ってて……家に帰ってきた唯に、思わずさ、その、八つ当たりしちゃったんだ」

ふう、と自嘲気味に息を吐く。

「最低だよな、私。勝手に八つ当たりして、すねて、唯に余計な気使わせて。……だから、私こそごめん。唯が謝る必要なんてないんだよ。私が悪いんだ」

唯に、頭を下げた。
そんなことで、と呆れられるだろうか。怒られるだろうか。
どっちでも、受け入れるつもりだった。
すると、私の頭に唯の手がのって、そのまま撫でられた。
驚いて顔を上げると、唯が優しい笑みを浮かべている。

「……りっちゃん、やなことっていうのは、もう解消できた?」
「え、あ、うん。本当に、唯見てたら、気にならなくなった」
「そっかあ。なら、よかった」
「唯……怒って、ないのか?」
「ええ? なんで? いやあ、私がりっちゃん手伝えていないのは事実だし」
「だから、それは口が滑っただけだって。私、勝手に八つ当たりしたんだぞ、なのに」

言い募ろうとすると、そっと唇に指を当てられた。

「私とりっちゃんは、夫婦だよ? 八つ当たりだろうと、わがままだろうと、全部ぶつけていいに決まってるじゃん」

むしろ、ぶつけてください! と唯が照れ隠しに敬語でふざける。
なんか、ほんと、どうでもよくなってくる、唯を見ていると。

「……そーだよなー。唯、ごみ置きさぼってるしー」
「う、そ、それは、わがままということで」
「いや、単なるさぼり」
「そ、そんなあ」

くす、と思わず笑みが漏れる。すると、唯もつられて笑う。
この空間が好きだ、本当に。

「……唯、今朝の朝食だけど」
「え、あ、うん! りっちゃんをまねてみたんだけど」
「まず、鮭焼き過ぎ」
「あう、生焼けよりはいいと思って」
「限度があるだろ……卵焼きはカラが入ってた」
「上手く割れなくて……」
「ほうれんそう、灰汁取りきれてない」
「い、急いでて、ゆできれませんでした……」
「みそ汁は普通。ごはんだけは……ちゃんと炊けてたけど」
「えへ、りっちゃんがごはん好きだから、がんばったんだよ。1,2,3,4ごーは」
「調子に乗るな」
「いた、あ、なんか久しぶり」

笑いながら、頭を押さえる唯。お前はМか。

「総合評価は、だめだめ。早起きしてごみ置いたのも今日だけだし、やっぱり唯はいろいろだめだめ」
「うう、さっきは、ちゃんとやってるっていってくれたのに」
「本当にダメな奴だけど、私がいなきゃどうすんだって奴だけど」
「た、確かに、うん」
「でもな。私にとっては、世界で一番の旦那なんだよな」

思わず頬をかく。すると、少しの衝撃と共に、唯が私に飛びついてきた。
そのまま、苦しいくらいにぎゅうぎゅうと抱きしめられる。

「り、りっちゃんこそ、私にとって、世界一の奥さんだよっ……!」
「当たり前だろ。このりっちゃんさまだぞ? 世界一のお前の奥さんに決まってるじゃん」
「うー、否定できない……」
「ふふん。さ、世界一の奥様が作った料理があるから、早く食べるぞ」

唯から離れようとすると、唯はがっちり私をホールドしたまま、動かない。

「唯? 動けねーって……」
「ごめんね、せっかくの料理だけど、ラップしといて」
「あん? 食わないの?」
「先に、食べたいものがあるんだけど」

なに、と訊こうとすると、いっそう強く抱き寄せられた。

「ねえ、律」

唯が耳元でそっと囁く。唯の表情は、見えない。
“そういうこと”の前に、唯は私を名前で呼ぶ。つまり……。

「……触りたいな、だめ?」

ね、律、と唯が続ける。
ずるいよ、唯。
唯が私を名前で呼ぶたびに、一気に周りの空気は甘くなるんだから。

「……いいよ、私も、触られたい」

もともと、そういうつもりだったし。
私も唯も、ずっと、お互いが足りなかった。
ぎゅっとしあって、すぐに、二人の足は、寝室に向かった。

はあっ、という息とともに、私の欲が解き放たれる。
もう、六回目、ぐらいか。唯は、もう少し少ないかもしれない。
唯も、私に覆いかぶさり、ぴったりと肌をくっつけながら、はっはっと短く息を吐いていた。
汗とかいろんな水滴が混じったもので、シーツはぐっしょり濡れている。
肌をすり合わせると、ぬるっとして、体の奥が甘く痺れた。
やばい。高まりすぎ?
唯のことを「サカってる」とか馬鹿にできない。
お互いに積極的に「お・さ・か・ん」状態になって、気付けばあっという間に回数を重ねていた。
もうできない、って思うけれど、唯がふと身じろぎして、唯の胸の突起と、私のそれがこすりあった。んくっ、と突然の強い刺激に思わず声を漏らす。すると、またむくむくとやましい気持ちが立ちあがってくる。
いっつも、行為の続きを促すのは、唯の方。それに付き合ううちに、私ものってきて、っていうのがパターン。
追いつめられると、唯が促す前に、私から続きをねだることがある。
一回、死ぬほど恥ずかしい思いを我慢して声に出していったら、散々唯にからかわれたので、それ以来、無言で唯に伝えるようにしている。
私に覆いかぶさる唯の髪を、きゅっと軽く引っ張る。これが、「もう一回、して」の合図だった。
まだ、足りない。もう少し。
想いをこめて、そっと唯の髪に手を伸ばす。触れるか触れないか、というところで、急に唯が、「あっ!」と飛び起きて、裸のままベッドから下り、傍に置いていたバッグから、携帯を取り出す。
一瞬で、甘い空気が壊れた。
こっ、このやろおおおおっ!!!!
何だよ、私のこと放置かよ! つーか、この手どうすりゃいいんだよ!
なけなしの勇気返せこらあッ!
散々心の中で悪態をついていると、唯が「ああっ…」と情けない声を出した。

「ど、どうしようりっちゃん」
「……あー? こっちは今不機嫌なんだよ」
「レストラン予約してたの、忘れてた……」

今キャンセルするね、と手際よくボタンを押して、耳に電話を当て、謝りながら二言三言いい、電話を切った。
レストラン? 何のことだよ?
首をかしげていると、唯はまた「あああ!」と声を上げた。
どうしたんだよ。裸で電話握りしめてるとか、シュールだな。

「ぷ、プレゼントも取ってくるの忘れた……」
「ぷ、プレゼント!?」

思わず素っ頓狂な声が出る。いや、意味が分からない。

「ごめんね、明日必ず……」

そういって、涙目で振り返る唯。
いやいや、お前はその前に、服を着ろ。変な画になってる。

「唯、私の誕生日は夏だぞ? こんな十二月とかじゃ」
「知ってるよ? え、りっちゃん、覚えてないの?」

え? いや、唯の誕生日は十一月だし……。なんだ?
あっ! そうか、肉屋のおっちゃん、こういうことか。

「そうか、今日はクリスマスイブか」

納得しながら頷く私。唯は、このために早く帰ってこようとしたんだな。
唯の方を見ると、唯は、若干の苦笑いをしていた。
え、なんで?

「それもそうなんだけどね、それだけじゃないよ?」

唯は体ごと私の方に向き直り、私を見つめる。
やましい気持ちになるから、せめて前は隠してくれ。

「私たちの、記念日」

照れながら言う唯に、私は一年前の今日を思い出した。
12月24日。
カップルのご多分にもれず、私たちもイブのデートっていうのを楽しんでいた。
ほお、と息を吐いて、手を温める唯。
普通ならここで手をつなぐところだけれど、生憎人目が多いから。
でも、見ていられなくて、唯の手をつかんで、人気のないところに移動した。
さりげなく手を動かして、唯の手首に触れる。
白く、細い。これなら、大丈夫か。

「りっちゃん」

唯を見ると、手をつないでいるからか、頬を少し染めていた。
さりげなく手を離すと、唯はバッグをごそごそし始めて、包装された箱を取り出した。

「プレゼントだよ」

開けていいか、と訊くと、頷いたので、リボンを解いて箱を開ける。
中には、スワロフスキーが並んで綺麗な、カチューシャが入っていた。
ちなみに今も、毎日これをつけている。

「……サンキュ。高かったろ?」
「えへ、カチュー太が、りっちゃんのところまで連れて行って! っていうから、奮発しちゃった」
「早速名前をつけるな! ……でも嬉しいよ、ありがとな」
「いえいえ」

私も、と包みを取り出し、唯に渡す。開けてみて、といい、唯は中に入っていたものを取り出した。

「……これ、腕時計! わあ、すごい。これこそ高いんじゃ」
「いいの。社会人には必須アイテムだぞ? 使ってくれよ。……ん、似合う」

唯は手首が細いから、問題なく似合った。ちなみにこれも、唯は毎日付けて出社している。
へらへらと喜ぶ唯を見つめていると、唯が、急にはっとなり、うつむいた。
どうしたのかと思って覗きこむと、唯は目をそらし、顔を赤くして急にあわて始めた。

「ご、ごめん。ちょっと待ってね」
「? いいけど」

唯は背を向け、ふー、ふー、と深呼吸をする。そして、覚悟を決めたのか、振り返って、私にずんずんと近寄り目前にまでやってくる。

「な、なんだよ、どうした?」
「……りっちゃん」

唯の真剣な声色に、こっちも真顔になる。

「あの、もうひとつ、りっちゃんからプレゼントが欲しいんだけど」
「もうひとつ?」

こくりと頷く唯。なんだか調子が狂う。唯らしくないぞ、もじもじしちゃって。
あ、もしかして、プレゼントって、あれか?
キスか……まあ、エロいこと。
そんなのいつもお構いなしにしてくるくせに、どうして今?

「プレゼントしたくなかったら、しなくていいから」

何もかも唯らしくない。
いっつも結構強引にするくせに。
つーか、……したくないわけないだろ。

「する、するって」
「……りっちゃんが考えてるのとは、違うよ、多分」

訊き返そうとすると、急に唯が抱きついてきた。
唯は私の肩にあごを乗せ、きついくらいに抱きしめてくる。私も、唯の背中に手を回す。
すごく、温かい。唯の匂いだ。
唯と一つになったような、感触を覚える。

「……どうした、唯?」
「……」
「んー?」
「……あのね」

唯が顔を上げ、キスできそうな距離で、私をじっと見つめる。
そこには、キスも、それ以上のことも、浮かんでいないと分かる表情の唯がいて。
真剣な目に、心が射抜かれそうだった。

「私、これまで、りっちゃんの人生を、時間を、少しもらってきたけど」

だいぶ頂かれているけどな。
それだけ、唯の存在はでかい。

「りっちゃんのこと、大事にするから。ずっと、大事にするから」

唯の目の中に、私が映っている。
それくらい、強く見つめ合っている。

「りっちゃんが欲しいの」

時間が止まったかと思った。

「これからの、りっちゃんの人生、私にちょうだい。これからも、ずっとりっちゃんと一緒にいたい」

心臓の鼓動が、早くなる。それって……。

「私に、りっちゃんをください」
「……ぷろ、ぼーず?」

聞くと、こくっと真っ赤な顔で頷く。

「せ、籍とかは入れられないけど、そ、それでも」
「……うん」
「……ご、めんね? あ、あは、ごめんね! 欲張りすぎたかもー。何でもないや、忘れて忘れてほらっ」

離れようとする唯を、逃がさないように抱き寄せる。

「りっちゃん……?」
「ほんと欲張りだな、唯ってば。この上さらにプレゼントってさ」
「うう……でも」
「重いぞー? このプレゼント」

お茶らけた口調で言うと、唯が少し目を丸くする。

「ちゃんと受け止められる?」
「え、……も、もちろん! ごっつあんです!」
「面倒くさいこともあるかもしれないぜ?」
「そういうところがいいの!」
「なーんだよ、それ。じゃあ……」

唯に微笑む。イルミネーションなんかより、私の心が、すごくきらきらしている。

「しょうがないな。……あげる。大事にしろよ」
「り、りっちゃ……うわああああん!」

叫んで私の肩に顔をうずめ、唯は盛大に泣きじゃくった。
あとで聞けば、断られたら、切腹してしまいそうなほどに緊張していたらしい。
他の奴から言われたら、即お断りだけど。
でも、唯から言われた時、唯と一緒にいつまでもいる場面が、するりと簡単に浮かんできたから。
私は、唯とずっと一緒にいるんだろうなって、思えたんだ。
それから、翌年の私の誕生日に、ムギの家を借りて、結婚式代わりのパーティを内輪で開いた。
交換した指輪は、安物だったけれど。でも、すごく幸せだったな。

「結婚記念日はりっちゃんの誕生日だけど、実際に二人で一緒になろう、って決めたのは今日だから、私にはこっちの方が記念日っぽくて」

唯が幸せそうな顔で、話しかけてくる。
忘れていたわけじゃない、忘れていたわけじゃない。
けれど……唯がそこまで、今日という日を大切に思ってくれていたのは、知らなかった。

「……なんか、ごめん」
「いいよお、別に。私も、いろいろ忘れちゃったし」

レストランで食事をして、プレゼントを渡して、と思っていたらしい。

「こうやって、一年りっちゃんと一緒にいることができたから。また、来年も、再来年も、ずっとよろしくっていう意味で、準備してきただけなんだけどね」
「……すごい、罪悪感がたまってきた」
「いいよ、プレゼント渡せなかったし。明日、取りに行くね」
「ところで、プレゼントって、なんだったんだ?」

聞くと、唯は少し恥ずかしがって、いったん間をおいてから答えた。

「……指輪だよ。ほら、ちゃんとしたの、まだ渡していなかったから。だから、がんばっちゃった。奮発したよ」
「も、もしかして、最近ずっと残業だったのは……」
「うん。いろいろ仕事ひきうけて、残業代稼いでたんだよ。あ、まあ、本当に叱られただけのときもあったし、指輪の下見に行ってた時もあったけど」

えへへ、と頭をかく唯に、いとおしさがこみ上げてきた。
いいかげんなようで、ちゃんと相手を想えるところ。
……見る目あったな、私。
やっぱり、私にとって、唯は……。

「でも、残業して、こっちに色々心配かけたのはホントだからな」
「はっ、う、うん」
「……罰として、もう一個プレゼントくれ」
「もう一個?」

首をかしげる唯に、そっと近づき、抱きすくめる。
肌が擦れ合って、気持ちいい。
心臓がどくどく鳴っている。

「唯が欲しい」

はっきりと、届くように伝える。

「唯と、ずっと一緒にいたい。私に、これまでも……これからの分も、全部、唯の人生を私によこしてほしい。大事に、するから」
「……お、重いよー? あ、あと、めんどくさいかもしれないし」
「そんなん、百も承知」

言い、唯をまっすぐ見つめた。唯は、ふふ、とほほ笑み答える。

「じゃあ……もらって?」
「ああ。つーかとっくにもらってるけどさ」

二人で笑い、きつく抱いて、お互いの体温を確かめあう。
しばらくそのままでいると、唯がまた「あっ」と声を上げた。
ムードぶち壊しにするのも、ほどがあるぞ、唯。
けれど、唯はさっきのように動いたりせず、さらに私を強く抱きしめる。

「正夢だあ」
「んー?」

唯の唐突な言葉に、疑問で返す。

「正夢になったよ、ほら、いつだったか、りっちゃんに起こされたときに見ていた夢」

言われて、いつかの唯の言葉を思い出す。
『あのねえ、りっちゃんがねえ、私に裸でしがみついて、すっごく甘えてきたんだよお』
『「唯が欲しい、唯とずっと一緒にいたい」っていってねえ、もーう、すんごくかわいかったんだからあ』

「……あ」
「ね? うふふ、嬉しいなあ」

本当にうれしそうに、唯は私に頬ずりをする。くすぐったいっつの。
そういえば、今……私と唯は、その、真っ裸で抱き合ってるわけで。
今さらながらに気付いて、体中が熱をもったような気がした。

「なあ唯」
「んん?」
「夢、どこらへんで終わったんだ?」
「え? えーと、いいところまで?」
「つまり、今らへん?」
「そーう……かな?」

クエスチョンマークが浮かんでいる唯に、にやりとする。

「それで? もしもっと寝ていたら、それから夢でどうするつもりだったんだ?」
「ぐふふ。そりゃあ、りっちゃんを好きにし放題で……」

といったところで言葉を切り、私に殴られるかと思ったのか、唯は頭を抑える。
攻撃が来ないことが分かると、唯は、おそるおそる目を開けた。

「正夢なんだろ? だったら――」

そっと、唯の髪を引っ張った。
唯と私にしか分からない、秘密の合図。

「――続きも、叶うんじゃねーの?」

一拍の沈黙の後。

「ふええっ!? い、いいの?」

珍しく慌てふためく唯に、これはいいものが見れた、と得意な気分になる。

「私を、どうしたかったんだっけ?」
「……す、好きにし放題」
「……じゃあ、そうすれば?」

言うと、「りっちゃあああん! エロス!」とわけのわからないことを言って私に抱きつき、すぐさまベッドのシーツに私の体を押し付けた。
二人でくすくす笑いながら、お互いの体に触れ、さらに甘い夜に突入した。
一年たっても、相変わらず私たちは、幸せだった。

今日も唯は慌ただしく出ていったけれど、ごみは置きに行ってくれた。
最近は、ほとんど唯が行っている。ときどきあの主婦集団とすれ違うようで、「おはようございまあすっていったら、なんかたじたじになりながら挨拶を返されたよ」と唯が教えてくれた。それを聞いて、私はものすごくせいせいした。
玄関前の掃除にでる。すると、表札が目に入る。

平沢  唯
田井中 律

私は、そっと田井中の部分を左手の指で隠した。

               平沢  唯
                   律

なんでか、嬉しい気分になって、赤くなっているだろう頬に左手を当てる。
薬指には、イブの翌日、唯と一緒に取りに行った指輪がはめられている。
とても幸せな気持ちになって、その場で唯にはめてもらった。
少し怪訝な目で見られたけど、全然気にならなかった。
これは、ずっと付けている。ずっと、ずっと。
掃除を終えて、そうだ、とあることを思いつく。

来年のイブには、私から唯に指輪を贈ろう。

私は家に入り、今日も唯の帰りを楽しみに待つ。

おわり