※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「ムギっ!頼む~」

ピッピッ

プルルルルル プルルルルル ガチャッ

澪「こんばんは、ムギ」

紬「あら、澪ちゃん こんばんは」

澪「ちょっと聞きたいんだけどさ、明日って予定空いてないかな?」

紬「ごめんなさいっ!澪ちゃんと一緒に出かけたいのは山々なんだけど…」

紬「明日はお父様の大事な取引先の方がいらっしゃるので家にいなきゃいけないの」

澪「そうかあ… ムギの家は大変だしな 前日にいきなりごめんな」

紬「そんなっ!私こそごめんね 私用だったらキャンセルして絶対澪ちゃんと遊ぶんだけど」

紬「今回ばっかりはどうしても無理なの まっ、また誘ってね!」

澪「ああ、また今度よろしくな」

ピッ



澪「あとは和だ!」

澪(和にまで断られたらどうしよう…)ハラハラ

澪「よしっ」

ピッピッ

プルルルルル プルルルルル ガチャッ

澪「もしもし、私だけどさ」

和「あら、澪 こんな遅くにどうしたの?」

澪「それが明日の事なんだけどさ 予定、空いてたりしないかな?」ドキドキ



和「明日ねー… ごめんなさい、明日は生徒会の曽我部先輩、会長と色々と話があるのよ」

澪「ガーン!」ズズーン

和「いよいよ私達も3年生じゃない?私が生徒会長引き継ぐことになりそうだからその準備をね」

和「先輩、日曜は進学先の大学で講習会があるらしくて… どうしても明日は外せないのよ」

澪「なら仕方が無いな… 急に誘ってごめん」

和「明日、どうかしたの?」

澪「明日出かけようと思ってたんだけど部活のみんなは全滅でさ…」

和「それは不憫だったわね… でも私もどうしても外せないから、悪いわね」

澪「いやいや、和は気にしないでくれ 私の都合なんだからさ」

澪「それじゃ、おやすみ」

和「おやすみなさい」

ピッ

澪「これで全滅かぁ」ドヨーン



澪「はぁ」

澪(結局全滅か) 

澪(でもせっかくママがくれたんだし)

澪(息抜きとして観に行こうかな)

澪(1人で映画… なんか虚しい気もするけどなー)チーン

澪(さて、勉強進めちゃうか)カリカリ



紬「ふわぁ 眠くなっちゃった」

紬「明日は大切な日だしはやめに寝て明日に備えなきゃ」

パチッ ゴロンッ

紬(せっかく澪ちゃんが誘ってくれたのに悪い事しちゃったわ)

紬(次回は何としてでも一緒に出かけるぞー)フンッ

紬(それにしても澪ちゃん、元気になってよかったわ)

紬(まだちょっとぎこちない気もしたけど)

紬(でも『嫌な人間』ていうのは何だったのかな…)

紬(とにかく!澪ちゃんは元気になったのよ!このまま立ち直れるように応援してあげな…きゃ…)

zzz zzz



チュンチュンッ

澪「ん~!おはようママ、パパ」ノビッ

澪パパ「おはよう」

澪ママ「おはよう」

澪ママ「そういえばりっちゃん行けるって?」

澪「いや、無理だって」

澪ママ「そう… じゃあ他の誰かと行くことになったの?」

澪「う、うん(なんか1人で行くとは言いづらいもんな)」

澪ママ「はい、朝ごはん」

澪「いただきまーす」パクッ



ダンッダンッダンッダンッ  ドンドンドン

律ママ「いい加減置きなさい!今日デート行くんでしょ!?」

律「むにゃむにゃ もうちょっと…」ゴロ

バーン!

律ママ「いい加減なさい!!もう11時よ!!」

律「なにいいいぃぃぃっ!」ガバッ

律「やっべ!急がなきゃ」ドタドタ

律ママ「言わんこっちゃない はあ…」ヤレヤレ



ガチャッ

律「それじゃ行ってきます!」ダッダッダッ

律ママ「気をつけなさいよ、まったく」

律「ハアッ ハアッ」ダッダッ

律「ハアッ ま、まだっ まだ十分間に合うな」ダッダッ



律「ハア… ハア… やっと着いた、ゲホッゲホッ」キョロキョロ

律「あ、おっす、ッハア!ま、待ったぁ?」ゼーハー

男「今ちょうど来た所ですよ って律さん!どうしたんですか?」

律「いやあ… 早めに家出たんだけど途中でお年寄りのおばあさんが困っててさ」

律「お手伝いしてたらギリギリになっちゃった」テヘッ

男「律さんは優しいんですね!それじゃ休憩したい所ですが電車があるのでホームへ行きましょうか」スタスタ

律「え… お、おうよ!」テクテク



澪ママ「時間大丈夫なの~?」

澪「うん、まだ大丈夫 映画が13:30からだから12:30の電車に乗れば余裕で間に合うよ」

澪ママ「でももう10分よ、ちょっと急ぎなさい」

澪「もう準備できたから、いってきまーす」

ガチャッ タッタッタッ

澪ママ「いってらっしゃい」



ガタンゴトン ガタンゴトン

『まもなく、○○、○○ お出口は左側です』

男「お、着きましたね」

律「30分近く乗ってると疲れるな~」

男「ハハハ 座れなかったから尚更ですね」

プシュー キイイイイン ガタンゴトン ガタンゴトン

律「ふぅ!」

男「まだ時間は11:57ですね 映画まで1時間半ありますから何処かで食事とりますか!」

律「だなー」

テクテク



男「何処で食べます?」スタスタ

律「んー 適当にファミレスでいいんじゃないかな」テクテク

男「じゃ、あそこにデ○ーズがありますからデニー○にしますか」

律「りょーかーい」

ピコンピコン

店員「いらっしゃいませ 2名様ですね ご案内いたします」



店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

律「私は和風ドリアと桃のミルフィーユパフェで」

男「じゃあ僕はカルボナーラとフレッシュ桃とミルクプリンのスープ仕立てで」

店員「かしこまりました 少々お待ちください」

スタスタ

律「あのさーっ 今日の朝の事なんだけどさー」

男「はい、どうかしました?」



店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

律「私は和風ドリアと桃のミルフィーユパフェで」

男「じゃあ僕はカルボナーラとフレッシュ桃とミルクプリンのスープ仕立てで」

店員「かしこまりました 少々お待ちください」

スタスタ

律「あのさーっ 今日の駅前での事なんだけどさー」

男「はい、どうかしました?」



律「私さ、おばあちゃんが~とか言ってたじゃん?」

男「言ってましたね いや~感心しました!律さんはお優しい人だ!」

律「んんん!」ムズムズ

律「かーっ!」ドッカーン

男「どうかしましたか?」

律「違うだろ?あそこはスパーンと『そんなわけないやろー!』って!!」

男「??」

律「わかってないか… アレはジョークなんだって」

男「ああ!ジョークだったんですか、律さんはユーモアのセンスもあるんですね!」

律「ぬおおおおぉぉぉ!!」

10