ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki シュバルゴ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュバルゴ

No.589 タイプ:むし/はがね
特性:むしのしらせ(HPが1/3以下の時に虫タイプの技の威力が1.5倍)
   シェルアーマー(相手の攻撃が急所に当たらない)
体重:33.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
同タイプ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
シュバルゴ 70 135 105 60 105 20
ハッサム 70 130 100 55 80 65

ばつぐん(4倍) ほのお
ばつぐん(2倍) ---
いまひとつ(1/2) ノーマル/こおり/エスパー/むし/ゴースト/ドラゴン/あく/はがね
いまひとつ(1/4) くさ
こうかなし どく

固い・強い・遅いを地で行くポケモン。
虫の知らせメガホーンの破壊力はひかえめラティオスの珠流星群すらしのぐ。
ハッサムと同タイプだが、こちらのほうが火力・耐久共に上。
ただし超鈍足。トリパに入れろといわんばかりの遅さ。

火力に関しては凄まじく、無振りでも性格補正+1.5倍補正
もしくは攻撃特化でプレートを持てばあのHP252クレセリアを確定一発。
しかしメガホーン以外は補助を含めてろくな技がなく鋼技は威力80のアイアンヘッドどまり。
それ以外の攻撃技に至ってはノーマル以外皆無に近く、先制技もない。
補助もファストガードを覚えるものの、こいつより素早さ種族値の低いねこだまし使いは
今のところ進化前含めて存在しないので全く意味がなく、つるぎのまいもオーバーキル気味で微妙。
相性上シャンデラには攻撃防御面ともに完全に詰んでいる。ブルンゲルも苦手。

サザンドラとの相性が良好。シャンデラ等の炎をサザンドラが、サザンドラの弱点のドラゴン、虫、氷をシュバルゴがカバーできるが格闘は等倍。
しかし今回出てきた格闘、特にテラキオンのようきA252インファイトは、補正なしH252、B60オボン込みで確定2発耐えに抑えることが出来る。

特性はどちらとも優秀で、ピンチで更にパワーアップするむしのしらせ、運悪く急所に当てられて負けるのを防げるシェルアーマーがある。
みがわりはむしのしらせを発動と相性が良い。

メジャーな組み合わせのクレセリア&メタグロスには2対1でも勝てるくらい強い。
交代で出てくるほのお、ひこう、はがね対策として隣をウォッシュロトムにしておくとなお良し。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
メガホーン 120 85 むし メインウェポン。凄まじい火力を誇る。 遺伝
シザークロス 80 100 むし 火力が低すぎるので基本不要。ただサブでだましうちを使う場合、メガホーンと両立できないのでこれがメインに。 自力
ダブルニードル 25 100 むし 攻撃が高すぎるので1.5倍ならラティオスエルフーン程度はタスキごと一撃。 自力
アイアンヘッド 80 100 はがね 弱点を突きたい相手はメガホーンと被っている上半減も多いが他の技はもっと弱いので仕方なく。 自力
すてみタックル 120 100 ノーマル 1.5倍で無振りボルトロス確1。アイアンヘッドと同じ威力。 進化前
おんがえし 102 100 ノーマル 虫の効きにくい相手に。 マシン
おいうち 40 100 あく 一応メガホーン持ちの場合シャンデラに入る一番強力な技。 遺伝
だましうち 60 - あく シャンデラ、ブルンゲルに有効だがメガホーンと同時遺伝不可。 遺伝
つばめがえし 60 - ひこう これまた弱いが、ゴウカザルには一番効く。地味に暗示ビリジオン対策になる。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
みがわり - - ノーマル 基本的に本体が死ぬダメージか身代わりが耐えるかのダメージであり、むしのしらせとも相性がいい。 マシン
つるぎのまい - - ノーマル 無補正無振りでも舞えば攻撃特化ハチマキと同等。 マシン

ステータス調整

素早さ

振ってどうにかなるようなレベルの遅さではないのでトリパ対策orトリル用に最遅推奨
ナットレイとは違い、鈍足と相性が良い技「ジャイロボール」は覚えられないので注意。

攻撃・特殊

種族値が高すぎるので変化する割合は少ないが、仮想敵の関係で振る意味は大きい
攻撃補正あり攻撃252…ジュエルorこだわりアイアンヘッドで無振りトルネロス確定1発
               ジュエルorこだわりすてみタックルで無振りボルトロス確定1発
               メタグロスのコメットパンチ耐えバンギラスをメガホーンで確定1発
攻撃補正あり攻撃212…メガホーンでHP252バンギラス確定1発、ジュエルorこだわりダブルニードルでHP252エルフーン確定1発
攻撃補正あり攻撃196…ジュエルorこだわりメガホーンでHP252モロバレル確定1発
攻撃補正あり攻撃180…プレート持ちメガホーンでHP252クレセリア確定1発

HP振りメタグロスはメガホーンで2回とも最低乱数を取らない限り落ちるのでほぼ確実に落ちると見て良い
HP振りユキノオーは攻撃特化でもアイアンヘッドで高乱数(93.8%)
攻撃に余り振らない場合ユキノオーにはメガホーンを打った方が倒れる確率そのものは高い。
タスキを持っている可能性もあるので攻撃特化の場合はアイアンヘッドの方が安定していると言える。

HP無振りユキノオーはアイアンヘッドの場合攻撃補正で攻撃に4振ったものでも確定1発。
スカーフ等が見えている場合は攻撃に振っていないものでもアイアンヘッド安定と言える。
メガホーンの場合攻撃無振り、ユキノオーHP252振りでも確定1発。

特殊は技の威力、種族値ともに低すぎるので意表を突いたところでなお弱すぎ、使う意味は全くない

耐久

ステータス上HP全振りはほぼ確定
HP全振りのみでもシャンデラのねっぷうをオッカor雨で確定で耐えられる
オボンを持てばHP252B60でテラキオンのインファイト確定3発

持ち物候補

ラムのみ

やけどやキノコの胞子対策が主。
こおり漬けも無効化できるため、霰パに対し事故が起きにくくなる。

オボンのみ

確定数を変える。優秀な耐性と相性が良いがむしのしらせとはやや相性が悪い。

プレート/ジュエル

火力底上げ。クレセリアやムシャーナのような高耐久を一撃死させることも可能。

オッカのみ

炎技を耐える。あっても炎ポケモンには勝てないが、縛りを解除できるので有用。

型サンプル

基本型

性格:ゆうかん
特性:むしのしらせ/シェルアーマー
努力値:HP252 攻撃252or調整 残り耐久
持ち物:オッカのみ/ラムのみ/たべのこし/オボンのみ/いのちのたま/たまむしプレート/むしのジュエル
確定技:メガホーン/まもる/アイアンヘッド
選択技:おいうち/みがわり/つるぎのまい/カウンター/おんがえし/ダブルニードル/つばめがえし

不一致おんがえし、虫技の二刀流すら候補にあがるほどに覚える技が貧相。
トリックルーム下ではほぼ先に行動できる。ナットレイには宿り木警戒の身代わり→メガホーンで突破可能。
ゆうかんA252メガホーンで、防御特化ナットレイ確定3発!相手はやられる前に逃げるだろうが・・・
いくらトリル中でもエルフーンには注意。いたずらごころからのアンコールを守る、みがわり、つるぎのまい、カウンター等にされたら引くしかない。
ちなみに攻撃特化したダブルニードルならエルフーンの身代わりを確実に破壊することが出来る。1.5倍補正があればHP252エルフーンを一撃で倒せる。
ただし身代わりの上から即死はさすがに無理

トリパ対策なども兼ねて、トリパでない場合も勇敢最遅が基本。

ハチマキ型

性格:ゆうかん
特性:むしのしらせ
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:メガホーン/アイアンヘッド/すてみタックル
選択技:おいうち/おんがえし/ダブルニードル/つばめがえし

極端な話メガホーンしか使わないポケモンなのでハチマキとの相性は非常に良い。
拘りメガホーンは半減されても非ハチマキアイアンヘッドより威力が高い。
拘ることによって一撃で落としきれるポケモンも多い。
攻撃特化のハチマキは、無振りで舞った時と同じダメージが出る。ハチマキとむしのしらせが同時発動すればメタグロスすら確定一発。

タッグ候補

サザンドラ
シュバルゴの苦手なシャンデラ、ブルンゲル、エアームドなどに強い。
高耐久高火力のかくとうタイプであるハリテヤマやローブシンが厳しい。

ウォッシュロトム
上記のポケモンに加え、ギャラドスに対して圧倒的に有利。
こだわりスカーフ持ちならばスカーフシャンデラを何もさせずに倒せる上、トリックでサポート型を機能停止に持ちこめる。
くさタイプのポケモンはシュバルゴで縛ることができる。
でんきタイプのゴリ押しにはやや弱め。

対策

素早さがものすごく低いので炎技を持っているポケモンで先制して焼き払うのが一番。
しかしながら、トリックルーム状態では最速アタッカーになるのでこちらが攻撃する前に大ダメージを受けてしまう。
耐久力が高めでメガホーン、アイアンヘッドの両方を半減できるほのおタイプが最善の対策となる。
シャンデラやヒードランがいるなら投げておけば詰む。

外部リンク

添付ファイル