ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ハリテヤマ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハリテヤマ

No.297 タイプ:かくとう
特性:あついしぼう(ほのお・こおりタイプの技威力を半減)
   こんじょう(状態異常時に攻撃が1.5倍)
体重:253.8kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ハリテヤマ 144 120 60 40 60 50

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2) むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---
※特性「あついしぼう」により、ほのお・こおり半減

典型的な鈍足格闘。
防御特防共に低めだが、高いHPが上手くカバーしているためなかなかの高耐久を誇る。
ただ格闘は層が厚く、現状ではカポエラーローブシンズルズキンなどといった格闘ポケモンの影に隠れがち。
ねこだましやワイドガード、こんじょうインファイトなどで差別化してあげたい。

やはり普通のパーティに組み込むより、トリパに組み込んであげたい。
優秀なねこだまし、ワイドガードを持ち、かつ鈍足高火力なのでかなりの活躍が期待できる。
もちろん普通のパーティに組み込んでもそこそこの活躍はしてくれる。
どちらで使うにしてもラティオスメタグロスは厳しいので、相方でカバーしてあげたいところ。

特性二つはどちらも優秀。
メタグロスナットレイハッサムやドラゴンの影響で採用率が群を抜いて高い炎技や氷技を半減できるあついしぼう
かえんだまやどくどくだまと絡めると更に火力が上昇するこんじょう
仮想パーティや自分のパーティと相談して決めよう


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
インファイト 120(180) 100 かくとう メインウエポン。威力安定・耐久ダウンも交代で帳消し。ジュエルとセットで威力270 自力
クロスチョップ 100 80 かくとう メインウェポン候補。 遺伝
けたぐり 不定 100 かくとう メインウエポン。デメリットは無いが威力が乗りにくい相手も多い 教え
ねこだまし 40 100 ノーマル 半必須技 自力
フェイント 30 100 ノーマル まもる貫通の優秀な先制技 自力
バレットパンチ 40 100 はがね 安定した先制技。フェイントの方が二重の意味で優先度が高い 遺伝
いわなだれ 75 90 いわ 定番のサブ技。 マシン
れいとうパンチ 75 100 こおり 格闘のサブ技としては飛行とバレルの弱点を突く意味が大きい 教え
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
みきり - - かくとう 基本技 自力
てだすけ - - ノーマル 相方のサポート。死に際にも 遺伝/教え
ワイドガード - - ノーマル 全体技を防ぐ優秀な技 遺伝
はらだいこ - - ノーマル 猫のトリルサポートから直接繋げられるのがカビゴンには無い魅力 自力

ステータス調整

  • 239-166-87-×-107-71(156-84-52-×-212-4,いじっぱり)
HP16n-1
ラティオスのジュエルりゅうせいぐん耐え
ラティオスのサイコショック耐え
191メタグロスのしねんのずつき耐え
残り攻撃

防御、特防

特防164振りでラティオスの珠流星群確定耐え
HP76特防252振りでメガネ流星群確定耐え

防御68振りで特化メタグロスのコメット→バレット
HP220防御252もしくはHP無振り防御164振り+オボンでコメット確定2発耐え
HPに4振るとちょうど220で4n

オボン込み

HP132防御100特防220振りで同条件メタグロスのコメット確定2発耐え+メガネ流星群

攻撃

補正ありA124振り黒帯インファorけたぐりで、A特化メタグロスのコメパン確定2発耐えのH12B244振りカビゴンを確定1発

型サンプル

対霰パ・サポート型

特性:あついしぼう
性格:いじっぱり
努力値:耐久調整より好みで
持ち物:オボンのみ/たべのこし など
確定技:ワイドガード
選択技:クロスチョップ/けたぐり/ストーンエッジ/てだすけ/ねこだまし/まもる

他のワイドガード要員とは違い厚い脂肪を活かした対霰型。
調整からかなり堅めに振っているが、ふぶきにはワイドガードが入り、氷にはクロスチョップが入るため非常に有利だった。
苦手な相手には猫騙し等でサポートも。

タッグ候補

ラティオス
霰パに組み込まれやすいゴウカザルボーマンダヤドランに強い。ワイドガードがあるのでラティオスはハリテヤマが倒されるまでは縛られない。
ヤドランラグラージなどをサッサと倒すため、ラティオスには草結びを入れておくと良いだろう

トリパアタッカー兼サポート型

特性:どちらでも
性格:ゆうかん/なまいき
努力値:耐久調整、残り攻撃
持ち物:オボンのみ/かえんだまorどくどくだま/ラムのみ など
確定技:クロスチョップorけたぐりorインファイト/ねこだまし/まもる
選択技:ストーンエッジorいわなだれ/てだすけ/れいとうパンチ/からげんき/ワイドガード など

前作でもメジャーだった型。バンギラスカビゴンを縛れるのは大きい。
特性は晴れパ、霰パを意識するならあついしぼう、爆発力を意識するならこんじょう@かえんだま。
格闘技はどちらも一長一短。けたぐりではロトム系統が厳しい。クロスチョップはよく外れる。
インファは耐久が無駄になるのでかえんだま、どくどくだま以外はやや厳しいか。
逆にかえんだま、どくどくだまの場合はインファイトほぼ一択

タッグ候補

ランクルスシャンデラムシャーナなど
いずれもトリル始動要員。
こいつらが苦手な悪タイプや、カビゴンなどに対して相性がいい。
いわなだれによる間接的なトリル阻止を阻止するワイドガードも一考の余地に入る。

クレセリア
ねこだましでトリックルームをサポートし、クレセリアのいばるやてだすけを受けて殴る。
素早さの関係上クレセリアにパワー系アイテムはほぼ必須となる。
ただ挑発+猫だまし持ちなどが相手でトリックルームが発動できないと辛い。

対策

基本的にトリパで出てくるので、こいつより遅いエスパーが最大の対策となる。
具体的にはランクルスムシャーナオーベムなど。
汎用性があり、かつ対策も出来るのがメタグロス。かえんだま補正のインファもけたぐりも普通に耐える。とはいえ、ハリテヤマ側がメタグロス耐え調整をしていることも多いので注意。
また、サブウエポンはそこまで豊富ではないので、格闘技を半減できてかつ岩技が抜群にならないポケモンも有効。ラティモロバレルクレセリア、(いかく込みで)ボーマンダギャラドスなど。相手がインファ持ちでなくけたぐり持ちならロトム各種でも良い。
トリパアタッカー全般に言えることだが、どうにもならないときは守るや交代を駆使して凌ぐのも良い。まあ、こいつの対策自体はそこまで難しくないが。

外部リンク

添付ファイル