ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki カポエラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カポエラー

No.237 タイプ:かくとう
特性:いかく(相手の攻撃を1段階下げる)
   テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)
夢特性:ふくつのこころ(怯むと素早さが1段階上がる)
体重:48.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
バルキー系列 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
カポエラー 50 95 95 35 110 70
エビワラー 50 105 79 35 110 76
サワムラー 50 120 53 35 110 87

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2) むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

いかく特性に加えてねこだまし、ふいうち、フェイントなど多彩な技を覚えるテクニカルなポケモンであり、バルキー進化系のみならずダブルでは格闘タイプ全体の中でも高い人気を誇る。テクニシャンもあるが基本的に威嚇のほうが断然強力なのでそこまで使用率は高くない。
ダブルの上位に君臨するポケの中ではステータスがかなり控えめであり、自身がクレセリアメタグロスボーマンダなどに弱いため単体での性能はまずまずだが、シャンデラなどの相性のいい味方と組ませれば抜群に力を発揮する。
HPこそ低いが、特防の高さや弱点の少なさ、いかくのおかげで耐久も意外に高めなので、多くの攻撃を耐えることができる。
また物理攻撃が多くなりがちな砂パにいかくが刺さり、砂パエースのバンギラスドリュウズに一致で格闘を撃てるため非常に有利に立ち回れる。
ただしメタグロスラティオスから思念の頭突きやサイコショックなどはガンガン飛んでくる。これらはいかくの影響を受けないので努力値を振らないと即死する。
また、格闘対策にサンダーボルトロスがめざめるパワー飛行を所持することがたまにあるので注意。

最近は格闘技は後発ジュエルインファイトを使い耐久ダウンの影響が出る前に交代するのが主流になってきている。
いかくとねこだましを持つため交代が多く、後攻になりやすいのでインファイトは相性がいい。
前線で戦い居座り重視の場合はけたぐりを使うことも。GSの場合はほぼけたぐり一択。
ダブルではまもるが怖いのでとびひざげりは使いづらく、格闘技はけたぐり(HGSS/BW2教え技)かインファイトの2択となる。

夢特性はふくつのこころ。はっきり言って全く役に立たないので夢特性の場合は素直にサワムラーかエビワラーにすべき。
なお、バルキーがふくつのこころの場合はテクニシャンになり、やるきの場合はふくつのこころと多少ややこしいことになっている。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
インファイト 120(180) 100 かくとう メインウエポン。威力安定・耐久ダウンも交代で帳消し。ジュエルとセットで威力270 自力
けたぐり 不定 100 かくとう メインウエポン。デメリットは無いが威力が乗りにくい相手も多い 教え
マッハパンチ 40(60) 100 かくとう 安定した先制技。テクニシャン型の場合はメインウエポンにもなり得る。 遺伝
ローキック 60(90) 100 かくとう テクニシャン型メインウエポン。いかく型ではスペースが厳しい マシン
ふいうち 80 100 あく 特異な先制技。これがないと超・霊タイプが殴りにくい 過去教え
ねこだまし 40 100 ノーマル 必須技 自力
フェイント 30 100 ノーマル まもる貫通の優秀な先制技 自力
いわなだれ 75 90 いわ 定番のサブ技だがスペース難。飛行やウルガモスがどうしても嫌な場合。雨パで使用する場合は優先度は高い。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
みきり - - かくとう 他のポケモンほど重要ではない。割愛も可 自力
てだすけ - - ノーマル 相方のサポート。死に際にも 遺伝/教え
ワイドガード - - ノーマル 全体技を防ぐ優秀な技 自力

ステータス調整

  • 157-116-123-×-165-95(252-4-60-0-156-36,しんちょう)
ラティオスのジュエルりゅうせいぐん耐え
いじっぱり珠ドリュウズのじしん2回+砂ダメージ1回耐え
残り素早さ

  • 157-128-123-×-144-102(252-100-60-0-4-92,しんちょう)
ラティオスの珠りゅうせいぐん耐え
いじっぱり珠ドリュウズのじしん2回+砂ダメージ1回耐え
178メタグロスのしねんのずつき耐え
雨珠ハイドロ耐え残り素早さメタグロス抜き
素早さに多く振っているためカポエラーとの同速ねこだましゲーに勝ちやすい。
残り攻撃

すばやさ

激戦区。90代後半~100程度は欲しい所。

こうげき

格闘ジュエルを持たせる場合は、HPヨプバンギラスを確定で落とす調整が良いだろう。実数値133から確1。
悪ジュエルを持たせる場合はラティオスをねこだまし→ふいうちで落とす調整が良い。こちらは実数値146から。
どちらも結構努力値を喰われるため、耐久に多く回したい場合は妥協しても良いだろう。

耐久や素早さの余りを振るのもアリ。

耐久

ラティオスやメタグロスを意識し調整すると良いだろう。

補正なしHP252防御60振り…178メタグロスの思念の頭突き耐え、いじっぱり珠ドリュウズのじしん2回+砂ダメージ1回耐え
補正なしHP252防御84振り…ラティオスのサイコショック耐え

補正なしHP252特防92振り…ラティオスの珠流星群耐え
補正↑HP236特防156振り…ラティオスのジュエル流星群耐え

最低でもサイコショックは耐えるようにしないとジュエル流星対策をしていても死ぬ。

持ち物

かくとうジュエル

インファイトの火力底上げ。ヨプバンギラス一撃を狙う。最安定

あくのジュエル

ラティオスやシャンデラを突破する

ラムのみ

電磁波ややけど対策に

だっしゅつボタン

即刻退散する。ねこだましやいかくと相性○

型サンプル

基本型

性格:いじっぱり/しんちょう
特性:いかく
努力値:HP252 耐久調整 素早さ調整 余り攻撃
持ち物:ジュエル各種(格闘/悪)/ラムのみ/だっしゅつボタン/イバンのみ など
確定技:インファイト/ねこだまし
選択技:みきり/いわなだれ/ふいうち/マッハパンチ/てだすけ/フェイント/ワイドガード/ローキック/がむしゃら

優秀な特性:いかくを使った型。攻撃95とはいえタイプ一致威力120のインファイトがありそこそこ火力もあるので、サポート兼アタッカーといったところか
ひとつひとつが優秀なポケなので、器用に立ち回ることができる。
確定技2つ以外にも、ラティオスを牽制するふいうち、飛行、虫を殴れるいわなだれ、サポート技のてだすけ、ワイドガード、ローキック、追撃用のマッハパンチ、フェイントなど。
基本的に技スペースが厳しいポケなので、何を取って何を切るかはパーティと相談しよう

ちなみにラティオスの珠りゅうせいぐんはいじっぱりでも耐えられる。(HP252特防92)
ジュエルりゅうせいぐんを耐える調整をするにはいじっぱりでは足りないので、必然的にしんちょうになる。

タッグ候補

ウルガモス
ウルガモスが苦手なバンギラスやカビゴンヒードランに強い。また、いかくでウルガモスの低物理耐久を補強する。
いかく効果で不一致いわなだれくらいは耐えられるようになる。
ねこだましでちょうのまいを積む隙を作れる…かもしれないが若干相手依存。

ボーマンダ
ダブル威嚇で物理アタッカーを強制的に流す。また、マンダが苦手なユキノオー、バンギラス、カビゴンなどに強い。
後発にラティ、氷受け(ヒードランなど)を置いとくと戦いやすい。
マンダに限らず、ねこだましやフェイントで竜対決を有利に戦うことができ、突破しにくいバンギラスをカポが倒せるという点でドラゴンとカポは相性が良い。サザンドララティオスと組むケースも多い。
ラティオスと組ませる場合は別途グロス対策を組み込んでおくこと。

ブルンゲルシャンデラ
カポエラーがいかくやねこだましでサポートをし、トリックルームや範囲攻撃。
また上記2匹に大ダメージを与えてくるカビゴン・バンギラス・サザンドラ等にカポエラーが強く、
上記2匹はラティオスやメタグロス等に対し有利と、抜群に噛み合っている組み合わせ。

対策

先発率が高く、交代か数も多い。
一見ラティオスは相性が良さそうに見えるが、強化アイテム持ちのねこだまし→ふいうちでやられることもあるので実は相性がそこまで良くなかったりする。
いかくを撒いてくるので特殊の方が良い。具体的にはボルトロスサンダーボーマンダトゲキッス等。
彼らはふいうちも確定3~4発に抑えることができるので、基本的に打ち勝てる。
大抵先発で出てくるので精神力持ちのクロバットコジョンドを入れるだけで大分有利に戦うことが出来る。ジュエルアクロバットを持たせておけば弱点を突くことが出来るのでなお良い。
思念の頭突きを持たせたメタグロスもいかくを無効化できるため有利。ジュエルインファイトが来てもまず一撃では落ちない。
最近多いカポエラーシャンデラの組み合わせに対しては、雨パでごり押したり、ギャラドスボーマンダを選出すれば有利に戦うことができる。ランドロスも割とこの2体の死角になっているので砂パを使う場合はパーティに入れておきたい。

とはいえなかなか厄介なポケモン。こいつだけを対策するのは容易だが、隣に多いシャンデラウルガモスに妨害されることが多いので実際にはそれが通用しなかったりする。故に相方も考慮しての対策を要求される。特に物理アタッカーが多いパーティ、砂パ等には地雷になりがち。
1、2回は攻撃を喰らうのを覚悟しておこう。

外部リンク

添付ファイル