ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ジュペッタ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュペッタ

No.354 タイプ:ゴースト
特性:ふみん(ねむり状態にならない)
      おみとおし(相手の持ち物を知ることが出来る)
夢特製:のろわれボディ(攻撃を受けたとき、その技を3割の確率でかなしばり状態にする)
体重:12.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ジュペッタ 64 115 65 83 63 65
ヨノワール 45 100 135 65 135 45

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ゴースト/あく
いまひとつ(1/2) どく/むし
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ノーマル/かくとう

シングルでは微妙なポケモンではあるが、
ダブルではダークホール&キノコのほうしが猛威を振るい、複数催眠も容赦なく行われるため特性ふみんが強力。
さらにねこだましが無効でやや鈍足とトリル発動要員としても優秀。
挑発されても元々高い攻撃力と複数の先制技のおかげで活躍の余地はある。

ジュペッタのかげうちはゴースト先制技で最大の威力を持ち、ラティオスを確定2発で落とすことができるほど。
ただしメイン技のシャドークローが威力不足で、ラティオスを落とせないヨノワールよりはマシなものの
強化アイテムがないとラティオスは約70%で落ちる高乱数1どまりなのが難点。
ただし急所技でHP振りクレセリアも急所に当たれば70%の乱数で落ちる程度の火力があるので、
クレセリアをトリックルーム返しさせずに殴り倒すこともある。


型サンプル

トリックルーム型

特性:ふみん
性格:CorS下降、Aor耐久上昇
努力値:H252、A252or耐久調整残りA
持ち物:きあいのタスキ/メンタルハーブ など
確定技:トリックルーム/シャドークロー
選択技:ふいうち/おんがえし/かげうち/みちづれ/ふういん/ちょうはつ/まもる/おにび/でんじは
基本的に初手トリル。
眠らないので、メンタルハーブを持たせておけば生きている限り大抵発動可能
ただ弱点は少ないものの、耐久はHPに振って並程度なので持ち物タスキ以外は
このゆび・いかりのこなサポートをパーティーに入れる必要がある。
一番安定するのはきあいのタスキ。攻撃に全振りすれば発動役にしては火力がある。
ゴースト技の性能やモロバレルの前に居座れることもあり、
ねこだまし持ちの格闘のトリパの場合が特に向いている。

でんじはは入れるならトリルが切れるターンに打ちましょう。
こごえるかぜではトリパの場合速さが足りず先制できない。
かげうち、ふいうちの火力が高いのでトリックルームが切れてもまずまず戦える。

タッグ候補

ハリテヤマ
ねこだましでのサポート。
バンギラスやカビゴンなどに強いのも大きい。

対策

最も安定するのはスカーフトリック。タスキを奪いながら相手を制限。
ちょうはつも有効だが、相方に多いねこだまし持ちやこのゆび持ちに妨害されることも。
単純に殴り勝つならバンギラスメタグロスカビゴンなど。ゴースト半減以下ならたいていの場合止められる。
他のトリル始動役(ランクルス、シャンデラなど)対策がてらに対策しておきたい。

外部リンク

添付ファイル