ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki アーケオス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アーケオス

No.567 タイプ:いわ/ひこう
特性:よわき(HPが半分以下になると攻撃・特攻の能力値が1/2になる 
体重:32.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
岩/飛行 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
アーケオス 75 140 65 112 65 110
プテラ 80 105 65 60 75 130

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) みず/でんき/こおり/いわ/はがね
いまひとつ(1/2) ノーマル/ほのお/ひこう/どく/むし
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし じめん

高い攻撃、特攻、素早さを兼ね備えているが、耐久は紙。そしてデメリット特性よわき。
同じデメリット特性のあるケッキングやレシギガスは、デメリット特性のある代わりに、
普通のポケモンを凌駕する圧倒的な種族値をもっているが、こいつの場合は合計種族値560と、
600族よりも低い。
上記2体は耐久があるので、デメリット特性を外さなくても戦えるが、こいつは耐久もないのですぐによわきが
発動してしまう。
プテラと同タイプであり、あちらも紙耐久ではあるが素早さはあちらが勝っており、なによりデメリット特性が
ついてないのでプテラの方が使いやすい。
こいつより早い奴と先制技、特にアクアジェット・バレットパンチ・氷の礫には要注意。
他のポケモン以上に守るが重要になるか。
ダブルだとメタグロスに弱すぎるのが困りもの。

シンプルビームやなやみのタネを使えばよわきを消すことは可能だが、
それなら他のポケモンにいばったほうが良い。
デメリットを消すことを変に意識せず、短命と割り切って使った方が良いだろう。

BW2の教え技でねっぷう、げきりん等を習得。


型サンプル

基本型

性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:各種ジュエル(飛or岩)
確定技:いわなだれorストーンエッジorもろはのずつき/アクロバット/まもる
選択技:じしん/とんぼがえり/ちょうはつ/でんこうせっか

特攻も高いがまともな特殊技がめざパ、きあいだまぐらいなので物理一本が安定。
BW2にてねっぷうを習得したものの、弱点のつける草、虫、氷は岩、飛行技で十分、
撃ちたい鋼もメジャーどころはバレパン持ちとやや使い辛い。

高めの素早さからの怯みゲーが強いので岩技はいわなだれが第一候補。
どうしても倒したい仮想敵に対して威力が足りないならエッジやもろはを。

タッグ候補

シャンデラ
メタグロスハッサムなどを縛る。スカーフ持ちならラティオスも縛れる。
ねっぷう+いわなだれは単純に強力。

対策

メタグロスハッサムサンダースなどが先手を取って一撃で倒せる。
あとはふいうち持ちも簡単に弱気を発動させられる。

外部リンク

添付ファイル