ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki レントラー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レントラー

図鑑No.405 タイプ:でんき
特性:とうそうしん(同性へ対する技の威力が1.25倍、異性へ対する技の威力が0.75倍)
   いかく(場に出たとき相手2匹の攻撃を1段階ずつさげる)
夢特性:こんじょう(状態異常の時、こうげき1.5倍。やけどの攻撃下降無視)
体重:42.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
レントラー 80 120 79 95 79 70

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) じめん
いまひとつ(1/2) はがね/ひこう/でんき
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

電気タイプのウインディといったポケモン。
ウインディと違い電気単のポケモンは防御、攻撃相性ともに特定のメジャーポケモンのメタにはなりにくいので
それほどパーティ内に必須というわけではなく単純な性能の良さが採用目的になりやすいが、
その点で見ればやはりウォッシュロトムやボルトロス等上位陣には一歩劣るが、
まぁ扱い安い部類ではある。

ステータス面にはそれほど問題は無いが特徴も薄い。
攻撃は高いが、一致技が耐久が良いメリットを殺すワイルドボルトと低威力のスパーク程度しかないため、数値ほどの火力は見込みにくい。

技に関しては物理のサブウエポンが充実しており、電気単としては例外的に範囲が広いのが特徴。
補助技はてだすけ、でんじはが強力な程度で取り立てていいわけではない。特殊技の揃いは悪い。

特性はいかくが飛び抜けて優秀なので他のものは考慮する必要が薄い。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ワイルドボルト 90 100 でんき メインウェポン。反動があり扱いにくい マシン
スパーク 65 100 でんき 10まんボルトの方が高威力になりやすい。 自力
ばかぢから 120 100 かくとう いかく持ちで出し入れを多くしたいので相性がよい。 過去教え
こおりのキバ 65 100 こおり 電気との相性補完がよい。対草地竜。 遺伝
ほのおのキバ 65 100 ほのお 対ナットレイやユキノオーの技だが格闘技があればそれほど必要性は無い。 遺伝
かみくだく 80 100 あく 主にラティオスへ。他の竜にはこおりのキバで良い 自力
でんこうせっか 40 100 ノーマル 先制技。 遺伝
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
10まんボルト 95 100 でんき メインウエポン マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
でんじは - 100 でんき 半端な素早さを補える。 マシン
てだすけ - - ノーマル サポート技。BWから追加された。ばかぢからと両立不可 遺伝

ステータス調整

  • 182-158-101-103-122-100(212-28-12-0-180-76,いじっぱり)
ラティオスの珠流星耐え。
HP252ナットレイをばかぢからで確2
無振りラティオスをこおりのキバで確2
スパークと10まんボルトはこれでも同程度の威力。追加効果率でスパークの方が採用メリットが大きい。

素早さ

同速にメタグロス。できれば抜いておきたい。

攻撃・特殊

ある程度仮想敵を絞って振り、他に努力値を回したい。
補正↑140振りで無振りアーケオスをスパークで確1、補正↑204振りでかみくだく+珠ダメージ+でんこうせっかで無振りラティオスを最低乱数以外撃破、など。

耐久

ラティオスの珠流星群ぐらいは耐えておきたいところ。(HP212特防180)
物理面はいかく補正があるので、多くの攻撃を耐えることができる。ふくろだたき補正を受けたテラキオンのいわなだれも耐えることができる

持ち物

オボンのみ

主に物理の確定数をずらす。

たつじんのおび

弱点を突きやすいので。

各種ジュエル

火力底上げ。ラティオスも確1でもっていくことができる

型サンプル

基本型

特性:いかく
性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:上記参考
持ち物:上記参考
確定技:スパークor10まんボルト/まもる
選択技:ばかぢから/かみくだく/でんこうせっか/てだすけ/こおりのキバ/でんじは/ひかりのかべ/ほのおのキバ

いかくで相手の場を崩しながら攻撃。
ウインディのようにパーティに組み込みやすくはないが、そこそこの活躍は見込める。
電気タイプであるが技は豊富なので、そこまでサブウエポンには困るということはないだろう

タッグ候補

ウルガモス
下にあがっている対策ポケの多くに強い。
またいかくでウルガモスの低耐久をカバーすることができる。ばかぢからがあればバンギラスも安心。

対策

鈍足で火力も微妙なので、いかく以外は苦戦しないだろう。
ラティオス、メタグロス、ユキノオーなど。ラティオスはかみくだくとこおりのキバ、ユキノオーはばかぢからとほのおのキバに注意。
ウォッシュロトムやシャンデラ等、ある程度の火力があれば弱点を突けなくてもゴリ押しできるだろう。ただしオボンには注意。
またこちらからのいかくも有効。10万ボルト以外の技全般に響く。
際立って嫌らしい動きをしてくる相手ではないので、冷静に対処すること。

外部リンク

添付ファイル