ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ブラッキー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブラッキー

図鑑No.197 タイプ:あく
特性:シンクロ(自分以外の技、特性で毒 麻痺 火傷状態になったとき、相手も同じ状態異常にする)
夢特性:せいしんりょく(ひるまない)
体重:27.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ブラッキー 95 65 110 60 130 65

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) むし/かくとう
いまひとつ(1/2) あく/ゴースト
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし エスパー

耐久寄りの種族値。
純粋な耐久力ではクレセリアなどに劣り、タイプでもメジャーな格闘弱点を持っている分見劣りしがち。
耐久悪としてはズルズキンのようなライバルも増えた。

耐久ポケモン共通の課題として置物になりやすいというものがあるが、このポケモンは特にその傾向が強く、
種族値が低いうえ、低威力な技、狭い攻撃範囲など攻撃面が非常に弱いため相手に与えるプレッシャーが極端に低い。
一応放置対策としてのろいを覚えるが、弱点抵抗が近い上種族値で勝るカビゴンがいる。
ちょうはつ、拘りトリックなどにももちろん弱く、課題が多いポケモンである。

タイプ一致のふいうちがやや強力。攻撃特化でいのちのたまを持たせると無振りラティオスが高乱数1。ジュエルならば性格補正無しでも確1。
とはいえ等倍の相手は軒並み硬く、半減もされやすいのでやっぱり勝てない相手は多い。

BWでエーフィに引き離されてしまっていたが、BW2発売によりようやくあくのはどうとせいしんりょく&アシストパワーがそれぞれ両立できるようになり、
バークアウトも追加され、サポートや暗示パの特殊型としては優秀な部類になった
ただし相変わらずふいうちだけはシンクロでないと使えないので物理型の場合はやや困る


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ふいうち 80 100 あく 先制技。威力もメインウェポンクラス。 過去教え
イカサマ 95 100 あく 自身の攻撃が頼りないので相性は良い。 教え
しっぺがえし 50 100 あく 後攻時威力2倍。 マシン
アイアンテール 100 75 はがね これが候補にあがるほどの技スペック。バンギラスに有効 マシン
おんがえし 不定 100 ノーマル 定番の安定技。 マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
あくのはどう 80 100 あく 特殊のメインウェポン。安定しているが威力が無い。 過去マシンor教え
アシストパワー 不定 100 エスパー 暗示型のメインウェポン。教え技によりあくのはどうと両立可能に。 遺伝
バークアウト 55 95 あく 優秀なサポート技。自身の特殊耐久の底上げも出来る。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
みきり - - かくとう 基本技 遺伝
のろい - - ゴースト 攻撃特化で一度でも使えばふいうちでラティオスを縛れる 遺伝
あくび - - ノーマル 高い耐久を生かせる 遺伝
あやしいひかり - - ゴースト 運g技。 自力
てだすけ - - ノーマル 鈍足・高耐久と相性がいい 自力
ちょうはつ - 100 あく せいしんりょくの場合対トリルで優秀 マシン
ねがいごと - - エスパー 回復技兼味方サポート。シャワーズほどではないが味方にも効く。 遺伝
ねむる - - エスパー 回復技 マシン
つきのひかり - - ノーマル 回復技。安定性に欠ける。 自力
いやしのすず - - ノーマル 教え
うそなき - 100 あく 味方サポート。ダメージ効率自体はてだすけ以上。 遺伝
いやなおと - 85 ノーマル 味方サポート。ダメージ効率自体はてだすけ以上だが命中85 自力
よこどり - - あく 使いどころは難しいが相手のワイドガードや身代わりを奪える。 過去マシンor教え

ステータス調整

素早さ

攻撃・特殊

耐久

持ち物

ラムのみ

ねむるを持たせる場合ほぼ固定アイテムとなる。シンクロとも相性がよい。

たべのこし

耐久ポケモンの基本的なアイテム。

あくのジュエル

ラティオスを確1にできる。

型サンプル

型名

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:

タッグ候補

ポケモン名(未作成)
組ませるメリット、注意点など

対策

具体的な対策例など。
ブイズでもリーフィア・ブースターに次ぐ微妙さであまり見かけない上低火力なので積極的に対策するほどのポケモンでもないが、
のろいなどを積まれたりうそなきやいやなおとを連発すると面倒。
とりあえず悪抵抗のあるポケモンを出しておけば怖くない。
ローブシン、バンギラスや低下の効かないメタグロス等なら負けることはまずない。
低火力高耐久の常として、補助技ではトリック・ちょうはつが効果的。主力技がふいうちなこともあって身代わりを使えば残ることが多い。

外部リンク

添付ファイル