ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ラッキー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラッキー

No.113 タイプ:ノーマル
特性:しぜんかいふく(状態異常が引っ込むと治る)
   てんのめぐみ(技の追加効果発生率が2倍)
体重:34.6kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ラッキー 250 5 5 35 105 50 ---
ラッキー(輝石) 250 5 18
33
35 168
183
50 無振り
全振り
ハピナス 255 10 10 75 135 55 ---

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

火力こそ最底クラスではあるものの、耐久力はすさまじく、特に特殊技では殴るだけターンの損失になるようなポケモン。
耐久無振りでもラティオスのジュエル流星群急所耐えなんか朝飯前。しかも再生回復持ち。
数値上、耐久無振りきせきラッキーは特防に252振りきったハピナスと特殊耐久はほぼ同じ。

物理耐久もずぶといB252振りできせきを持てばなかなかの高さで、205メタグロスのコメットパンチ程度では3発かかってしまう。陽気A252テラキオンのインファイトも確定で耐える。
そしてカウンターで強引に鎮めてくる可能性もある。
ラッキー系列は防御が低い印象だが、上記のラッキーでHP252メタグロスより物理耐久が勝るので油断ならない。
威嚇とかを絡めれば物理を受けることすら簡単にできるようになる。
またでんじはや天恵いわなだれ、こごえるかぜ等の妨害技、ちいさくなる等の積み技、てだすけやいやしのはどう等のサポート技が充実しており、この手のポケモンにしては放置抵抗が高い。

さらに、ガードシェアやよこどりなどで物理耐久を補うと、1匹で全抜きできるような存在となる。
ぼうおんやムラっけを受けることでほろびのうたを無効にしたり火力耐久ともに異常な領域にいくことも可能。
ガードシェアについてはその他テーマパ参照

ステータス調整

性格補正はどこに掛けても効果は1.1倍なので防御に掛ける必要はそこまで高いというわけではない。
元々過剰気味なとくぼうに掛ける意味は薄い。ガードシェア前提なら能力の上昇幅が大きい程度か。

あまりにも極端すぎるステータスのため、定数ダメージのみを入れた非トリパ仕様の場合B252S252以外の選択肢はないと思っていい。

素早さ

トリパは最遅、それ以外は全振りでOK

攻撃

攻撃種族値がたったの5なので攻撃技の威力は皆無。
定数ダメージ技を使うか、あくまで追加効果狙いと割り切るべきであろう。
一応特化すれば意地っ張り252振りすてみタックルでラティオス確定4発。ムラッけで攻撃が上がりまくる前提なら確1なので使えなくもない

特攻もC全振り控えめで実数値わずか95であり、特化しても無振りハピナスクレセリアと同値。
同条件のC特化ハピナスクレセリアの70%にも満たない。
ただし性質上PPが尽きなければそのうち倒せる+スイクンエーフィなどの特殊系が暗示する場合は火力が上昇するので
チャージビーム装備でのC振りもなくはない。

耐久

B252はどんな型でも必須。
特殊面は振ったところでほとんど影響がない。無振りでもラティオスのメガネ流星群急所を余裕で耐える超絶馬鹿耐久。だがトリパでの運用の場合はSに振ることがないためHPや特防に振ってさらに堅くすることも考えられなくもない。

型サンプル

基本耐久型

特性:しぜんかいふく
性格:ずぶとい/おくびょう
努力値:防御252、素早さ調整、残り特防
持ち物:しんかのきせき
確定技:タマゴうみ/ちきゅうなげ
選択技:まもる/どくどく/ちいさくなる/てだすけ/でんじは/いやしのはどう/カウンター/かえんほうしゃ

格闘とサイコショック使いを処理してやればまず落ちない。
こいつを温存しつつ、それらを序盤で処理してやりたい。
特殊相手にならとりあえず交代出しできるので序盤は相手の手の内を探るのにも使える。

ガードシェア受け型

特性:しぜんかいふく
性格:ずぶとい
努力値:防御252、素早さ調整、残り特防
持ち物:しんかのきせき
確定技:ちきゅうなげ/ねむるorタマゴうみ
選択技:みがわり/かえんほうしゃ/どくどく/ちいさくなる など

ガードシェアを受けて全抜きを狙う。
ちいさくなるの暗示を前提にパーティを組めばこだわりトリックなどにも多少抵抗が持てる。

タッグ候補

ツボツボデスカーン
ガードシェアでラッキーを要塞化させる。
決まればかなり強力だが、読まれると悲惨なことになったり試合時間が延びたりといった弊害も。

ゴチルゼル
影踏みをスキルスワップする事で場持ちが非常によくなり相手を逃がさず毒殺できる。
格闘はゴチルゼルが面倒を見てくれる上に影踏み自体の性質から滅びにも抵抗が付くが、
自然回復はゴチルゼルに渡る為交換で状態異常を解除する事が不可能になる。

対策

特殊技のみでは4:1でやりあっても勝てる相手ではなく、高い確率でタマゴうみやねむるを持っている。
物理にはカウンターやあまえるがあり、どくどくにはしぜんかいふくがあり非常に面倒だが、
ちょうはつやスカーフトリックを仕掛ければ倒しやすくなる。輝石固定の性質上ハピナスのようにメールで無効化されることはほぼない。
ちなみにやどりぎのタネを植えつければ毎ターン40以上ものHPを奪うことが出来る。
やどりぎもちょうはつも使えるエルフーンはラッキーに良く刺さる。

生半可な物理攻撃はカウンターで返されて終了することも多いが、
強化アイテム付きのインファイトや、いばキーなどで攻撃を上げれば殴り倒せる。
また能力低下は普通に効くのでうそなきやいやなおとを何度もかければ落とせる。

火力が無い分、高い耐久から試行回数に任せ運を絡める妨害や、
防御を上げてくるコンボに特化させる等、尖った戦法をとることが多い。
防御を上げるコンボにはくろいきり・せいなるつるぎ・どくどく・ほろびのうた・一撃必殺・ドラゴンテール系・アンコール等が有効だが、
ガードシェアには前2種の効果が薄い。ねむるでどくどくも効かなかったりする。
まともにやりあうとまず倒せない。

ターンがかかりすぎるためかそんなに見かけないが、PTにフルアタが多いと詰む可能性が高く危険。特に特殊ATに偏っていると完全に地雷になるので、何らかの方法でラッキーを倒す手段は用意しておく必要がある。

外部リンク

添付ファイル