ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki アブソル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アブソル

図鑑No.359 タイプ:あく
特性:プレッシャー(自己に向けられた技のPPを1多く消費させる)
   きょううん(急所ランク+1)
夢特性:せいぎのこころ(あくタイプの攻撃技を受けたとき攻撃ランク+1)
体重:47.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
アブソル 65 130 60 75 60 75
キリキザン 65 125 100 60 70 70
ドンカラス 100 125 52 105 52 71

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう/むし
いまひとつ(1/2) あく/ゴースト
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし エスパー

高い攻撃力の悪タイプ。とりあえずシャンデララティオスをふいうちで縛るのが仕事。
だが伝説っぽい容姿に反し攻撃以外の種族値が低く、特に耐久は絶望的なレベルの紙。
似通った種族値の悪タイプにはドンカラスキリキザンがおり、それらと比べると使うメリットが薄め。
耐久で大きく劣る上に、あちらには悪以外の一致技がある。
岩技やフェイント等で差別化してやるしか無いだろう。

特性はカウンターを使いたい、もしくは相手の素早さを判断したい場合以外はきょううんの方が有利


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ふいうち 80 100 あく メインウェポン。先制技 自力
つじぎり 70 100 あく メインウェポン。きょううんと合わせて25%の急所率。 自力
ばかぢから 120 100 かくとう 対悪。バンギラス等へ。 過去教え
サイコカッター 70 100 エスパー 対格闘。急所技。 自力
メガホーン 120 85 むし 対悪。使われる悪タイプはほぼズキンとバンギなのでばかぢからで良い。 遺伝
いわなだれ 75 90 いわ 範囲攻撃。ふいうち読みのみがわり等を割る程度の威力はある。 マシン
ストーンエッジ 100 80 いわ 急所技。タイプ相性的にはあまり必要ない。 マシン
フェイント 30 100 ノーマル ふいうち読みのまもるを割る。 自力
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
だいもんじ 120 85 ほのお 4倍狙いで。 マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり 優秀な技だが、スペースが厳しい。他のポケでやったほうが良いだろう 過去教え
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
みきり - - ノーマル 基本技 自力
ほろびのうた - - ノーマル 相手が2匹以下になったときや、コンボ崩しに 自力
マジックコート - - エスパー ダークホールやキノコの胞子読みで タマゴ

ステータス調整

基本的には襷に任せてASぶっぱだが、先制技がメイン技なので多少Sを削って耐久に回せないこともない。
メタグロスのコメバレやニョロトノの雨ねっとう辺りが耐久調整の目安だろうか。

素早さ

ドーブルと同速。
HP振りシャンデラやラティアスを考えると攻撃補正は外しにくく同速ゲーをする旨みはそこまでない。

攻撃・特殊

252振りはほぼ確定。
攻撃に補正をかけるか素早さに補正をかけるかは悩みどころだが、いじっぱりがやや優勢。
いじっぱり252振りでも最速バンギラスは抜けるうえ、倒せる相手へ対してのダメージも大きくなる。

補正↑252振り:HP252シャンデラをふいうちで高乱数1(87.5%)
       :無振りテラキオンをばかぢからで超高乱数1(93.8%)
       :HP132ラティアス(ラティオスのジュエル流星群をハバン込みで耐え)をふいうちで高乱数1(81.3%)

耐久

一応振れば178グロスのコメバレ程度は耐える。

持ち物

きあいのタスキ

低耐久を補う。
等倍のメタグロスのコメットパンチでも確1と紙すぎるのでこれ以外の選択肢はほとんどない

型サンプル

基本型

特性:きょううん
性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃素早さ252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ふいうち/ばかぢから/みきり
選択技:フェイント/ほろびのうた/いわなだれ/だいもんじ/サイコカッター/つじぎり

選択技の中ではフェイントや滅びの歌の優先度が高め。
基本的にふいうちで攻め、ラティオスやシャンデラを動きにくくさせる。

タッグ候補

アグノム
アブソルに致命傷を与えてくる格闘タイプ全般、メタグロスを縛る。
アブソルはラティオスやシャンデラをふいうちで縛る。

対策

悪技、格闘技で弱点を突かれないポケモンなら処理は簡単。
メタグロスローブシンハッサムカポエラー等なら安全に倒すことが出来る。
おにびやいかくももちろん有効。

外部リンク

添付ファイル