ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki グラエナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グラエナ

図鑑No.262 タイプ:あく
特性:いかく(相手の攻撃を1段階下げる)
   はやあし(状態異常の時素早さが2倍)
夢特性:じしんかじょう(相手を倒すと攻撃ランク+1)
体重:37.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
グラエナ 70 90 70 60 60 70
アブソル 65 130 60 75 60 75

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう/むし
いまひとつ(1/2) あく/ゴースト
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし エスパー

序盤ポケモンでは珍しい悪タイプ。とりあえずシャンデララティオスをふいうちで縛るのが仕事なのだが、
攻撃力がしょっぱすぎて無振りラティオスすら道具がないと確定にならず、HPシャンデラは落ちない。
攻撃技に関してもタイプ一致こそ揃っているもののサブウェポンが皆無。
威力65の三色キバしかないのでおんがえしやアイアンテールまで候補に入る。
他のステータスも低めで、普通に使っている限りはいかくと先制技がある程度のポケモンだが、
じこあんじと先制技を両立可能でいかくまで持っているので太鼓パなら選択肢になるポケモン。
じこあんじは第3世代の教え技でないと覚えない(技マシンでは覚えられない)のでキバ系と両立不可。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ふいうち 80 100 あく メインウェポン。先制技。しかし攻撃特化でもラティオスが50%でしか落ちない 自力
かみくだく 80 100 あく メインウェポン。つじぎりより強いのでキリキザンやアブソルとの攻撃差は数値より減らせる 過去自力・進化前自力
しっぺがえし 50 100 あく 効果発動時は強いが半端な素早さで狙いにくい マシン
アイアンテール 100 75 はがね 対バンギラステラキオン。命中不安 過去マシン
おんがえし 102 100 ノーマル 安定技。あく技以外が貧弱すぎるので候補 マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
バークアウト 55 95 あく いかくと相性が良く優秀な技だがワルビアルでも可能 遺伝
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 自力
あくび - - ノーマル いかく+あくびで場を引っ掻き回せるのはグラエナとムーランドぐらい 遺伝
じこあんじ - - ノーマル 切り札。しかし入手困難で第3世代でしか習得できず 過去教え
ちょうはつ - - あく 定番の補助技。交代しない限りふいうちが確定する 自力

ステータス調整

基本的には襷に任せてASぶっぱだが、先制技がメイン技なので多少Sを削って耐久に回せないこともない。
メタグロスのコメバレやニョロトノの雨ねっとう辺りが耐久調整の目安だろうか。

素早さ

メタグロス、カポエラーと同速。
先制技がメインとはいえ、ハッサムやメタグロスも先制技使いなので同速には勝ちたい。

攻撃・特殊

252振りいじっぱりはほぼ確定。6段階攻撃があがると道具なしふいうちorかみくだくでぴったりHP252メタグロス確定一発、
また、攻撃5段階上昇ジュエルふいうちでHP252カポエラー確定一発
攻撃上昇なしでHPシャンデラを縛るには特化+珠orジュエルが必要。珠であればHPバンギラスがアイアンテールで確2になる。

耐久

アブソルと同等の特殊耐久とやや上回る素の物理耐久
一応振れば178グロスのコメバレ程度は耐える。
いかく補正を考えると平均より物理耐久が高い

持ち物

きあいのタスキ

低耐久のお供

あくのジュエル、くろいメガネ

あく技以外使う機会が皆無の上ラティオスが確1でない以上これらが候補になる

型サンプル

暗示型

特性:いかく
性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:攻撃252 素早さ調整 残りHP
持ち物:あくのジュエルorくろいメガネ
確定技:ふいうち/かみくだく/じこあんじ
選択技:まもる/おんがえし/アイアンテール/ちょうはつ

じこあんじしてふいうちを連打するだけ
火力に関してはメタグロスを等倍で確1にできるほどなのでこれを先制で連打するだけで一方的に倒せる

タッグ候補

カビゴン
カビゴンの技が通らないゴーストを縛れ、いかくが物理耐久を補う
格闘が一貫するもののコンボさえ決まってしまえば半端な格闘はふいうちで殴り倒せる

対策

そもそも見るポケモンではないが、
暗示されると先制技連打で完封されるのでいかりのこなで吸い寄せるか、格闘技の一撃で落とすのがベスト
特にこのゆび系はふいうちも無効化するので強力

外部リンク

添付ファイル