ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki マンムー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マンムー

No.473 タイプ:こおり/じめん
特性:どんかん(メロメロ状態にならない)
   ゆきがくれ(霰の時に回避率が上がる。霰によるダメージを受けない)
夢特性:あついしぼう(炎と氷タイプの技を半減する)
体重:291.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
マンムー 110 130 80 70 60 80
イノムー(未作成) 100 100 80 60 60 50

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/みず/くさ/かくとう/はがね
いまひとつ(1/2) どく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし でんき

高攻撃種族値と弱点を突きやすいタイプ一致技で攻撃面は頼りになる
反面種族値こそ高いが弱点過多気味の防御面がやや不安定である。
自身の攻撃偏重な技の揃いからもパワープレイを得意とするが、慣行するには回りのサポートやパーティ全体のバランスが重要になってくる。サザンドラなんかとその辺の感じは近い。

特性ゆきがくれを生かすには霰パーティに組み込んであげたい。
霰パキラーともいえるヒードランに強いのが魅力。持ち物等を工夫すればゴウカザルメタグロスバンギラスなどにも勝てる可能性を秘めている。

なおBW2イッシュダブルでは、通りが良い氷技と地面技をタイプ一致で撃てるため高評価を受けている。
氷技はボルトロス霊獣ランドロスサザンドラなどに刺さり、地面技はメタグロスバンギラスシャンデラなどに刺さる。
また夢特性あついしぼうの♀が解禁、遺伝技の習得が可能に。これによりタスキやスカーフ以外を持ちやすくなった。スタンパで使うなら厚い脂肪一択だろう。
元々の耐久はそこそこあるので厚い脂肪補正があれば無振りでも特化シャンデラの珠ねっぷうを耐える。
ただ使用率の高い鋼、格闘、水を抜群で受けてしまうのは変わらないのでやはりタスキは有力か。

イノムーはマンムーとの耐久差がHPで10劣っているだけなので、輝石の恩恵はかなり大きい。
ただし自慢の攻撃力と絶妙な素早さが30ずつ低くなる。素早さは割り切り、耐久と火力を上手く調整してやろう。



技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
つららおとし 85 90 こおり メインウェポン。 遺伝
つららばり 25* 100 こおり タイプ一致。みがわりを割りながら攻撃できる。仮想敵のガブやボルトは所持率は高い。</br>だが保証威力が50しか無いので取りこぼしがかなり発生する 遺伝
こおりのつぶて 40 100 こおり 優秀な先制技。スカーフでないならば半必須。 進化前自力
じしん 100 100 じめん タイプ一致。氷のサブと見ても炎や鋼に通るので優秀 マシン
いわなだれ 75 100 いわ 怯み狙い。ユキノオーやフロストロトム等へ打ちたい技。 マシン
ばかぢから 120 100 かくとう 氷タイプへ。デメリットが大きすぎるか 教え
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
こごえるかぜ 55 95 こおり 相手2匹の素早さ下降。
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
リフレクター - - エスパー 張ればグロスのコメバレぐらいなら耐えるようになる。 マシン

基本型

特性:あついしぼう
性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252 素早さ252 / 各種調整
持ち物:きあいのタスキ/各種ジュエル(氷/地)
確定技:こおりのつぶて/じしん/まもる
選択技:がむしゃら/ストーンエッジ/いわなだれ/つららおとし/つららばり

厚い脂肪が解禁されたためスタンパでも運用しやすくなった。
つぶてとじしんまではシングル同様確定としたい。ダブルなのでまもるも確定。残りの技スペは仮想敵による。
マンムーに限らず地面ポケモンを使用する際はじしんの巻き込みに注意。
参考程度にジュエル地震でHPメタグロスを37.5%の乱数1、HPバンギラスを62.5の高乱数1。

タッグ候補

トルネロス
苦手な格闘に対し強く、まけんきがいかくの牽制になってくれる。
また、じしんをうちおとすでサポートすることでロトム等の穴がふさがる。
おいかぜでマンムーの半端なすばやさもカバー。

ヒートロトム
ロトムが苦手なバンギラスやドラゴンをマンムーが、
マンムーの苦手なハッサムや水をロトムがそれぞれ補う。
また、ロトムのでんじはやこごかぜの素早さ弄りの恩恵が大きい。

霰パ型

特性:ゆきがくれ
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 素早さ252or素早さ調整(最速バンギラス抜きなど)
持ち物:きあいのタスキ
確定技:じしん/まもる
選択技:こおりのつぶて/がむしゃら/ストーンエッジ/いわなだれ/つららおとし/つららばり

弱点が多く、そこまで固くもないため基本的に持ち物はタスキ。
特性ゆきがくれで避けながら、地震やいわなだれをばらまく。
ヒードランウルガモスなどの霰パに刺さる相手を駆除するのが主な役割になる。

スカーフ型

特性:ゆきがくれ
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252or調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:じしん/つららおとし
選択技:いわなだれ/ストーンエッジ/じわれ/つららばり/ばかぢから

中途半端な素早さをスカーフでカバー。
ゴウカザルやウルガモス、スカーフヒードランにやられる前にやる型。もし相手がタスキで耐えて倒されても、霰ダメージで道連れにできる。
教え技限定のばかぢから。シングルでは全くと言っていいほど目立たなかったが、ダブルではバンギラス、カビゴンハピナスなどに刺さるため十分候補に入る。後者2匹は確定1発では持っていけないが、霰パが止まりやすい2匹に致死傷を負わせられるのは大きい。

じわれはほぼロマン技。最後まで勝ち筋を残せるが、他の技が優秀なのでそれを抜いてまで入れる必要があるかは微妙。

タッグ候補

ユキノオー
霰パ先発。
すでに何度も記載したが、バンギラスやヒードランなどの霰パに刺さるポケモンを駆除する。
じしんでユキノオーのタスキを潰さないよう注意。

フロストロトム
ユキノオーで霰を降らせて繋ぐ。
フロストロトムはマンムーが苦手な水に強い。マンムー側としても地震を打ちやすい。
持ち物がかぶり気味なのが難点。

対策

攻撃130、といえども技の威力がそこまで高くないため、ある程度の耐久を持っているやつなら耐えられる。
ハッサムウォッシュロトムは大抵の技が通らないためまず勝てるだろう。
ロトムに限らず高耐久の水タイプであれば基本有利。スイクンマリルリシャワーズなどがこれに該当する。
霰パに組み込まれている場合は天候を変えるのが手っ取り早い。ただバンギラスは地震や馬鹿力、ニョロトノは取り巻きに多いユキノオーやフロストロトムに弱点を突かれるため相方でサポートしてやろう。

外部リンク

添付ファイル