ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ギャラドス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギャラドス

No.130 タイプ:みず/ひこう
特性:いかく(相手の攻撃を1段階下げる)
夢特性:じしんかじょう(相手を倒すと攻撃が1段階上がる)
体重:235.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ギャラドス 95 125 79 60 100 81

ばつぐん(4倍) でんき
ばつぐん(2倍) いわ
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/かくとう/むし/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし じめん

優秀なタイプ・特性から様々な相手に後出ししやすい。
攻撃力に目が行きがちだが、意外と特防が高いのも特徴。
今作では強力な炎・虫・鋼が増えたので有利な相手が増えた。
しかし特性・タイプの変わったトリトドンウォッシュロトムのような非常に相性が悪いポケモンも登場。
特にトリトドンは後出しからでもたきのぼりを吸収してしまい、でんじは無効、ストーンエッジ半減。
そのためバンギラスドサイドン等の岩が堂々とギャラドスの前に居座ってくることも増えた。

ダブルでは集中攻撃や縛り、そもそも2匹から電気技が飛んでくる可能性がある上、
相手のでんじはやちょうはつなどの使用率も高いため、積み技を安定して積めることは少なく、
りゅうのまいで決定力をひねり出す前に倒されることが多々ある。
そのため豊富な補助技と耐久力、優秀な特性を生かしたサポート型に適している。
一応サポートから夢特性の[じしんかじょう]でじしんを使い一掃出来れば火力は上がるが、基本は〔いかく〕。

ワイルドボルトの登場により、ウインディ等今までカモでしかなかった相手から逆に狩られる可能性も出てきた。
特性〔ひらいしん〕を持ったポケモンも増えたので、一緒に組ませてフォローすると良いかもしれない。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
アクアテール 90 90 みず メインウェポン候補。 自力
たきのぼり 80 100 みず メインウェポン候補。 マシン
こおりのキバ 65 95 こおり ドラゴンへの対抗打 自力
ストーンエッジ 100 80 いわ 広範囲を狙える。ボルトロスに交代読みでぶつけられれば美味しい。トドンと並んだウルガの処理などにも マシン
じしん 100 100 じめん 威力高めの全体攻撃。 マシン
おんがえし 102 100 ノーマル ハチマキ型のサブ。ハチマキ恩返しでHPロトムトリトドン確2 マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ハイドロポンプ 120 80 みず 威力は物理型に劣るが、サブウエポンが優秀なので特殊技メインというのも考えられなくはない 自力
れいとうビーム 95 100 こおり マシン
だいもんじ 120 85 ほのお ナットレイ等へ。 マシン
かみなり 120 70 でんき 対雨パ性能を高めたいならば。 マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり 相手2匹のすばやさを下げる優秀な技。 教え
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
りゅうのまい - - ドラゴン 単体で積むのは難しい。猫などのサポートと併用で 自力
ちょうはつ - 100 あく 主にクレセリア狙い マシン
でんじは - 100 でんき 優秀な補助技 マシン

ステータス調整

  • 201-161-100-×-127-125(244-12-4-0-60-188,いじっぱり)
基本的な配分。
ラティオスのジュエルりゅうせいぐん耐え
最速バンギラス抜き

  • 191-160-99-×-134-130(164-0-0-0-100-228,いじっぱり 余り16)
ラティオスのジュエルりゅうせいぐん耐え
ひかえめヒードランの252振りまで抜き
砂ダメージ最小比率

  • 191-145-99-72-132-146(164-0-0-0-92-252,ようき)
最速。
16nー1
ラティオスのジュエルりゅうせいぐんを最大乱数以外耐え
無振りシャンデラへのダメージはたきのぼりなら31.3%,アクアテールなら93.8%で乱数1発。
バンギラスへは滝登りだと乱数2発だが命中率を考慮するとアクアテールより期待値が高い。

  • 201-180-100-×-127-108(244-148-4-0-60-52,いじっぱり)
どのみちでんじはを撒くということで、すばやさを削れる所まで削った。
最速ガラガラ+2
HP252シャンデラが確定1発になったり、1段階下降しても無振りランド確1だったりとアクアテールに調整が掛かっているような攻撃力だが、麻痺撒き前提ということもあり麻痺とシナジーがあるたきのぼりがやっぱり優先か。
耐久の調整先は上記調整を参照。

素早さ

すばやさに振るクレセリアが多くなったため、極端に多く振る意味は失ってしまったかもしれない。
すぐ下にシャンデラがいるが、スカーフを持っている場合も多く、縛るには攻撃に割く努力値も多くなり耐久に割く努力値が確保しにくい。
最速バンギラス抜き(というより中速ポケモンの調整先としてメジャーな)125+程度が妥当か。
ヒードランのひかえめ252振りが129なのでその辺りを調整先にするのも良し。
ちょうはつを持たせるならギャラドスとの同速ゲーに勝つ意味が大きくなり、最速辺りまで有り得る。

攻撃・特殊

耐久と素早さに多く回してしまうとほとんど努力値は残らない。
一方ハチマキ型では特定の仮想敵を倒すために重要になる。
補正↑116振り:HPバンギをハチマキアクテで超高乱数1
補正↑132振り:HPバンギをハチマキアクテで確1
補正↑140振り:HPシャンデラ、無振り霊獣ランドをいかくの上からハチマキアクテで確1
補正↑148振り:HPメタグロスをハチマキアクテで超高乱数2、同おんがえしで218-95トリトドンをおんがえしで確2

耐久

ラティオスのジュエル流星群耐えを中心に調整。(HP252特防52振り)

型サンプル

基本型

特性:いかく
性格:ようき/いじっぱり
努力値:上記調整より
持ち物:ソクノのみ/たべのこし/オボンのみなど
確定技:たきのぼり/まもる
選択技:ちょうはつ/でんじはorこごえるかぜ/りゅうのまい/ストーンエッジ/こおりのキバ など

いかくと優秀な耐性で攻撃を受け、でんじはこごかぜを撒いたり攻撃したり。
竜舞は相手のまもる読みで使うもの。

持ち物は電気で一撃死を防ぐソクノが鉄板だが、電気技持ちには出さないと割りきるなら他のアイテムもあり。

龍舞型

特性:いかく
性格:ようき/いじっぱり
努力値:素早さ調整 耐久調整 のこり攻撃
持ち物:ソクノのみ
確定技:たきのぼり/りゅうのまい
選択技:まもる/こおりのキバ/ストーンエッジ/ちょうはつ/じしん など

龍舞型。
トリトドンメタグロスとの均衡を破り易かったり、電気やドラゴンを返り討ちにできたりする。
ドラゴンやメタグロスを温存すると勝ちまでの流れが作りやすい。

タッグ候補

ゴウカザル
ねこだまし持ちで、ウォッシュロトムカットロトムを龍舞後のギャラの攻撃+これらの攻撃で落としきれるポケモン。
他にもチャーレムコジョンド、強化アイテム持ちのガルーラや、エテボース等代用が効くポケモンは多い。

ライチュウ
ひらいしんのねこだまし。

補助型

特性:いかく
性格:ようき
努力値:HP252 素早さ調整 残り耐久
持ち物:ソクノのみ
確定技:たきのぼり/ちょうはつ/まもるorみがわり
選択技:こごえるかぜ/でんじは

HP252は確定。素早さに振るのは仮想する敵を決めて最小限に抑える(多くて160くらい)。
こごえるかぜが上手くきまれば大抵のポケモンに先制できる。

挑発対策とタイプ一致技としてたきのぼりは確定技として使いたい。
こちらもダメージを与えるのがメインではなく怯み狙い。

ハチマキ型

特性:いかく
性格:いじっぱり/ようき
努力値:HP252、攻撃素早さ調整
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:アクアテール/ストーンエッジ/おんがえし
選択技:たきのぼり/じしん

イマイチ足りない火力をハチマキで補強する。
バンギラスやメタグロス、霊獣ランドロスを短いターンで落とせるため相手をさせやすい。
反面電気体制がからっきしになるため、ひらいしんの味方や電気無効のポケモンでカバーしたい。

タッグ候補

ガラガラドサイドン
特性[ひらいしん]によってギャラドス弱点であるでんきタイプの攻撃を封じる。
ただし、こちらがでんじはを打つ場合も引きつけられるので注意。

対策

ギャラドスより素早い大半の電気ポケモン。サンダースランターンならでんじはも怖くなく、
ウォッシュロトムなら水を半減する。ソクノからのでんじは等が怖いので、
それ以外の電気ポケモンはみがわりやジュエルが欲しいところ。
もしくはトリトドン。いるだけで相手はたきのぼりを使えなくなるため、
ドサイドンバンギラスでも居座ることができるようになる。
ラティオスもたきのぼり半減のため、みがわりを持っているなら有利。

外部リンク

添付ファイル