※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆ミドルフェイズ②


右2部屋目
□□━□□
□□□□□
□□□□□
□□□□□
□□━□□

GM: 特別目を引く物は無いが
GM: 一際ぼろぼろで、天井が今にも崩れてきそうという印象を受ける
GM: 部屋自体には何も仕掛けは無く、雑多な物が色々と置かれているようだ、おそらくギルマンたちが倉庫に使っているのだろう
GM: あ、見える仕掛けが無いって事ね
ショコラ: 「使えそうなものは無いかな?」
アデル: 「うはー、ガラクタいっぱいだねー」と、そこら辺を眺めつつ
ミミナ: 「ガラクタ持ってかえろー」
ジーン: 「探すのもいいが天井を見ろやばいぞ」
アデル: 「見ないようにしてたんだよ!!!」とジーンに
シオン: 天井も含めてトラップ感知ー
GM: どうぞ
シオン: 3d6+4
(DiceBot) _08_Shion : 3d6+4 => 14(3d6: 5 5 4)+4 = 18
GM: クラッシュダウンの罠があった
GM: 作動したら筋力判定で3dの貫通ダメージ
シオン: クラッシュダウンなら解除できるね
GM: クラッシュダウンは改造されていて解除値は13
GM: 解除も出来るし解除せずに部屋の探索も出来るけどその場合トラップハザードが起動している物として感知判定-2で行います
シオン: 敏捷じゃなくて感知?
GM: 探索にペナルティだからね
シオン: 13だと解除にペナルティなくてもちょっと厳しいかな……
GM: 探索は一人1回出来ます、ファンブルするとクラッシュダウン発動するよ
アデル: それじゃフェイト一点使ってクラッシュダウン解除いきますか
GM: 判定どうぞ
アデル: 3d6+6 いけっ
(DiceBot) _10_adel : 3d6+6 => 9(3d6: 3 5 1)+6 = 15
GM: 無事クラッシュダウンは解除、1人1回探索できるよ
ジーン: 「よくやった後で甘いの1個やろう」
ミミナ: 「餌付けされてるー」
アデル: 「全くしたかないなっと」といってそこら辺の物を勝手にドガガガっと撃って散らす
アデル: 「猫が猫に餌付けされちゃってるわーカバル焼きうまいわー」もしゃもしゃ
GM: 探索判定するならどうぞー
シオン: 「おー、さっきからすごいねー」と じゃちょっと調べてみようー
アデル: 2d6+6
(DiceBot) _10_adel : 2d6+6 => 7(2d6: 4 3)+6 = 13
シオン: 2d6+4
(DiceBot) _08_Shion : 2d6+4 => 9(2d6: 4 5)+4 = 13
ミミナ: 2d6+4 せっかくだから
(DiceBot) _11_Mimin : 2d6+4 => 8(2d6: 4 4)+4 = 12
ジーン: 2d6+5
(DiceBot) _11_gene : 2d6+5 => 7(2d6: 3 4)+5 = 12
ショコラ: 2d6+4
(DiceBot) _06_Choco : 2d6+4 => 10(2d6: 6 4)+4 = 14
GM: アデリーデ、シオン、ショコラはアイテムを見つけたよ
GM: 1d6を振って下さい
アデル: 1d6
(DiceBot) _10_adel : 1d6 => 2(1d6: 2) = 2
シオン: 1d6
(DiceBot) _08_Shion : 1d6 => 4(1d6: 4) = 4
ショコラ: 1d6 「わーい」
(DiceBot) _06_Choco : 1d6 => 1(1d6: 1) = 1
GM: アデリーデとショコラは果物を1d6個、シオンはギルマンの上ヒレを1d6個見つけた!
ジーン: 「ぐぬぬ……探すのは苦手なんだ……」
ミミナ: 「こんなことより歌ってたいなー」
アデル: 「やったー甘いもの増えた!って食えるのかこれ?」と、果物発見
シオン: 1d6 個数判定っと
(DiceBot) _08_Shion : 1d6 => 5(1d6: 5) = 5
アデル: 1d6
(DiceBot) _10_adel : 1d6 => 1(1d6: 1) = 1
ショコラ: 1d6
(DiceBot) _06_Choco : 1d6 => 6(1d6: 6) = 6
GM: 合計ギルマンの上ヒレ5個、果物7個を手に入れた
ショコラ: 「こっちにたくさんあったよ!」
アデル: 「うわ、多い」
シオン: 「おっとー、珍しいもん見つけたよ 何でこんな体の一部を倉庫に置くのかはわかんないけどー」
ミミナ: 「人間がへその緒を残すのと一緒なんじゃないかなー」
ジーン: 「上ヒレは生えるもんじゃいはずなんだが」
アデル: そしたらあれだな 「ほい。ミミナさっきからお菓子も食ってないしあげるよ」といって果物パス
ミミナ: 「わーい、しゃりしゃりー」
ミミナ: 何個回復すればいいかな
GM: 食べる個数分判定どーぞ
ショコラ: 「いっぱい見つけたからおすそ分けー」
ミミナ: では4個貰います
ミミナ: 4d6
(DiceBot) _11_Mimin : 4d6 => 13(4d6: 4 1 3 5) = 13
シオン: じゃあその間に扉のトラップ探知ー
シオン: 3d6+4 探知判定
(DiceBot) _08_Shion : 3d6+4 => 8(3d6: 4 1 3)+4 = 12
GM: はい、トラップは無さそうです
アデル: 「・・・凄い食べるんだね 見かけによらず」
ミミナ: 「だって喉が渇いてるもん」
ジーン: 「甘過ぎると逆に喉渇くもんなんだが」
シオン: 「今回も大丈夫そうだよ、食事は終わったかな?」振りむいて言う
アデル: 「こっちはいいよー 行く?」
ショコラ: 「行こう!」
ジーン: 一応感知しとこうかな自分も
ジーン: 2d+5
(DiceBot) _11_gene : 2d+5 => 11(2d: 5 6)+5 = 16
GM: 罠はない
ジーン: 「念の為やったけど問題なかったな」
シオン: 「ね、大丈夫だって言ったでしょー?じゃ次行きますよー」開けるー

地下通路2
━■■■×
□■/■□
□□□□□
□■■■□
━■■■━
■は壁

GM: 1Fへ上がるらしき階段、位置関係からは先ほどの行かなかった方の道へとつながると思われる道、奥の部屋2か所への扉が見える、そのうち奥の部屋1か所は崩落によって入れなくなっているようだ
GM: みんなは右下の扉から入ってきた形だね
アデル: 「また二択だよ」とげんなりしつつ
ジーン: 「階段もあるから実質三択だ」
アデル: 「左のはさっきのギルマンのところじゃない?」
ジーン: 「不安なのはギルマンがこっち向いてるかもしれないってとこだな」
ショコラ: 「2部屋分移動したからギルマンと違う部屋かも!?」
ミミナ: 「とりあえずこういうときは…カンだ!」
ジーン: ところで通路って罠探知した後だっけ
シオン: してない、罠探知いる?
シオン: いや、聞いちゃだめだな するよー
GM: では探知判定どぞ
シオン: 3d6+4
(DiceBot) _08_Shion : 3d6+4 => 8(3d6: 3 3 2)+4 = 12
GM: トラップは見当たらない
ジーン: 念の為自分もしておく
ジーン: 2d+5
(DiceBot) _11_gene : 2d+5 => 10(2d: 4 6)+5 = 15
GM: トラップは無さそうだ
シオン: 「だから大丈夫だっていってるじゃん」
ミミナ: 「とっつげきー」
ショコラ: 「ってどっちに?」
ジーン: 「不安だがとりあえず行こうか」
GM: 調べるなら場所も含めてどうぞ
GM: 聞き耳する人判定どうぞ
ミミナ: とりあえず左下に聞き耳
ミミナ: 念のためにフェイト1個入れて聞いてみよう
ミミナ: 3d6+4
(DiceBot) _11_Mimin : 3d6+4 => 10(3d6: 1 5 4)+4 = 14
GM: 2体ほどの何かの息遣いが聞こえる
GM: それは扉のすぐ近くに居るようだ
GM: と、それとうっすらと水音が聞こえる
ジーン: 「どうだ?」
ミミナ: 「2匹かなー、それ以外は大丈夫」
アデル: 「何かいるのかー ほっといた方がよさそうね」
シオン: じゃあ、階段のトラップ探知しとこうかなー
GM: 判定どーぞ
シオン: 3d6+4
(DiceBot) _08_Shion : 3d6+4 => 18(3d6: 6 6 6)+4 = 22   Critical!
ショコラ: すごい!
GM: トラップは無い、はっきり言える
シオン: 「ここも大丈夫、絶対にー」
GM: 階段上から遠くの方で、かすかに声が聞こえる
GM: 遠いので何を言ってるかは聞き取れないが、どうやら女性の声である
シオン: 「そして、何か居るみたいね、しかもしっかりと知性のある奴が」
アデル: 「やーっと親玉さまの出番ってことかにぇ?」
ジーン: 「なるほどよし捕獲して解剖するぞ」
ミミナ: 「かいぼうするぞー」
アデル: 二人して邪気の篭った笑顔してそうだwww
ショコラ: 「解剖って、冒険者かも知れないでしょっ」
シオン: 「人間だった場合は解剖は勘弁してやってねー」じゃ、奥の扉調べてないけど上行ってみる?
シオン: とりあえず奥の扉調べてから、かー
アデル: 「とりあえずこっちも調べてみるよ」 と、扉に身を低くして近づいてっと
アデル: 2d6+4
(DiceBot) _10_adel : 2d6+4 => 7(2d6: 4 3)+4 = 11
GM: 鍵Aがかかっている事がわかる
ミミナ: 「尻尾踏んでいい?」
アデル: 「やめてっ!尻尾は駄目!絶対!」といってバッと抱えます
ジーン: 一応自分も探知する
GM: 探知どうぞ
ジーン: 2d6+5
(DiceBot) _11_gene : 2d6+5 => 7(2d6: 1 6)+5 = 12
GM: 鍵Aの解除値は12、老朽化のためHPは30で防御は0です
GM: また、この扉はギルマンには開けられなかったのか、長い間放置されていた事がわかった
ジーン: 「んー・・・この先ギルマンは多分いないぞ。いても多分死んでる」
ショコラ: 「ギルマンゾンビ」変なものを想像している
ジーン: 「そんなのいたら捕獲してすぐさま解剖する」
ミミナ: 「メカギルマン」
アデル: 「と、とりあえずこれあけちゃうよ うん」といってそのまま鍵に触れてっと
アデル: 2d6+6
(DiceBot) _10_adel : 2d6+6 => 8(2d6: 5 3)+6 = 14
GM: アデリーデの手によって問題無く扉は開いた
アデル: 「ほいさっさ」 キャリバーの手入れ用のドライバーで開けた感じ
ジーン: 「後でミルクをおごってやろう」
ショコラ: 「鮮やかな手つきですね」
ミミナ: 「このドロボーねこ、とかさー?」
アデル: 「昼ドラで培ったフィンガーテクニックで・・・って違うから!」

地下・元研究室
□□□□□
□□□□□ 
□□□□□ 
□□□□□ 
□□━□□

GM: 机や本棚が大量にある、どうやら研究室だった部屋らしい
GM: やはり、長らく放置されていた部屋らしくカビ臭い
ジーン: 「ほうこれはこれは……
アデル: 「うわ、ジーンが好きそう」
シオン: 「さって、じゃあ調べてみるかなー」
ショコラ: 「魔力の供給源について手がかりありそう」
GM: ここも1人1回ずつ部屋内探索出来るよー
シオン: 2d6+4 それじゃ感知判定ー
(DiceBot) _08_Shion : 2d6+4 => 11(2d6: 5 6)+4 = 15
アデル: 2d6+4 感知ー
(DiceBot) _10_adel : 2d6+4 => 10(2d6: 6 4)+4 = 14
ミミナ: 2d6+4 じゃあ感知ー
(DiceBot) _11_Mimin : 2d6+4 => 5(2d6: 1 4)+4 = 9
ショコラ: 2d6+4 感知
(DiceBot) _06_Choco : 2d6+4 => 5(2d6: 2 3)+4 = 9
ジーン: 2d+5 感知
(DiceBot) _11_gene : 2d+5 => 8(2d: 4 4)+5 = 13
GM: シオン、アデリーデ、ジーンは1d6どうぞ
アデル: 1d6
(DiceBot) _10_adel : 1d6 => 6(1d6: 6) = 6
ジーン: 1d6
(DiceBot) _11_gene : 1d6 => 2(1d6: 2) = 2
GM:
シオン: 1d6
(DiceBot) _08_Shion : 1d6 => 2(1d6: 2) = 2
GM: アデリーデは1d6どうぞ
アデル: また?!
アデル: 1d6
(DiceBot) _10_adel : 1d6 => 4(1d6: 4) = 4
GM: ジーンとシオンは保存箱らしき物を見つけ、HPポーションを1d6個見つけた、相当古いがどうにか使えそうだ
シオン: 1d6
(DiceBot) _08_Shion : 1d6 => 4(1d6: 4) = 4
ジーン: 1d6
(DiceBot) _11_gene : 1d6 => 2(1d6: 2) = 2
GM: アデリーデは机の中から指輪が入った箱を見つけた
GM: アイテム鑑定するならどうぞ
アデル: 「おろ、なんか光り物めーっけ♪」
ショコラ: 「指輪の鑑定なら任せて」
アデル: 「おおうお願いお願いー」
ショコラ: 2d6+7 鑑定~♪
(DiceBot) _06_Choco : 2d6+7 => 6(2d6: 4 2)+7 = 13
シオン: 2d6+6 「ちょっと俺にも見せてー」
(DiceBot) _08_Shion : 2d6+6 => 3(2d6: 2 1)+6 = 9
GM: 指輪は護りの指輪である事がわかった
ミミナ: 2d6+4 「僕もー」
(DiceBot) _11_Mimin : 2d6+4 => 2(2d6: 1 1)+4 = 6   Fumble...
ジーン: 3d+4 一応見せてくれ
(DiceBot) _11_gene : 3d+4 => 12(3d: 6 5 1)+4 = 16
アデル: 「・・・で、これ何?」
ショコラ: 「護りの指輪ですね」
ショコラ: 「防御と魔法防御、回避判定と魔術判定が上がりますよ」
アデル: 「ほぇーなんか凄いんだね」
ジーン: 「よかったじゃないか色々補えるぞ」
ミミナ: 「…」あたまから煙
シオン: 「おおー、そりゃすごいものだねー」
アデル: 「魔術系のならシオンが持ってるといいのかな?」といってそっちを向く
シオン: 「おっと、貰っていいのー?それならありがたく頂戴しますよー」
アデル: 「ほれーい」といって指で弾いてパース
ショコラ: 「私の指輪とお揃いね///」
アデル: 「おお!?エンゲージッ エンゲージッ」
シオン: 「ゲーット、そういえばそうなるねー」じゃあ早速装備するよ
GM: ちなみに本棚の本はことごとくかびてしまっていて、まともに読む事は出来なさそうだ
ジーン: 「んー……」
ジーン: 「流石にこれは読むのは無理か……もったいない」
GM: これ以上はこの部屋には何も無さそうだ
ミミナ: 「もうだいじょうぶー?あたまいたいー、ほんがいたいー」
アデル: 「ミミナがこのままじゃ活字に殺されちゃうし進もうか」
シオン: 「そうだね、じゃ階段登ろっかー」さっきのところまで引き返して階段行くよー
GM: 階段を上る?
ジーン: 警戒しながらのぼろう
アデル: 何もないのはわかってるし登ろう
シオン: 上っていいよー
ショコラ: 上に行こうー

地上通路
■■━■■ 
■■□■■
■■/■■
■■□■■
■■×■■
/は階段、■は壁、×は崩落しており━は扉

GM: 階段を上ると、通路に出た
GM: ×の崩落している部分は、やはり崩落してまもない
アデル: 「うっわ狭いよここ」と、グラーシーザが邪魔臭そうな感じで
ジーン: 「またえらく狭いな」
シオン: 「ここは一本道みたいだね」とりあえず扉あたりトラップ探知しようか
GM: どうぞ
シオン: 3d6+4 探知ー
(DiceBot) _08_Shion : 3d6+4 => 13(3d6: 3 5 5)+4 = 17
GM: 扉にはエクスプロージョンの罠が「あった」
GM: 作動済みで扉にはよく見ると焦げ跡がある
GM: それ以上の罠は見当たらない
ジーン: 「どうだ?」
シオン: 「罠の残骸ならあったよ、さっきの声の奴が作動させたのかもねー」
ジーン: 「と、なると引っかかった奴は手負いか……捕獲はしやすいな」
シオン: 「手負いとは限らないよー?この手の爆発は避けようと思えば避けれるからね」
アデル: 「・・・なんか 相手に同情したくなってきたわね」
ショコラ: 「回復してるかもしれないしー」
ジーン: 「まあ、ともかく引っかかったってことは相手はあまり警戒をしていない冒険慣れはしてないようだ」
ミミナ: 「じゃあさっさと行くに限るのかなー、ごーごー?」
シオン: 「うん、進まない限り何もわかんないねー」 結局後ろは調べる?
アデル: 一応調べてみるかい 何もなさそうだけど
ジーン: 調べたほうがいいかな
GM: 調べるならやっぱり感知でどうぞ
シオン: 2d6+4 「ちょっとだけ後ろも確認ー」
(DiceBot) _08_Shion : 2d6+4 => 7(2d6: 2 5)+4 = 11
ジーン: 2d6+5 探知
(DiceBot) _11_gene : 2d6+5 => 5(2d6: 1 4)+5 = 10
アデル: 2d+4 なんか辛そうだし
(DiceBot) _10_adel : 2d+4 => 8(2d: 2 6)+4 = 12
ショコラ: 2d6+4 一応探知
(DiceBot) _06_Choco : 2d6+4 => 7(2d6: 1 6)+4 = 11
GM: 特に何も見つからなかった
アデル: 「・・・なんでこんな狭いところで押し競饅頭しながら瓦礫漁ってるんだろう」
ミミナ: 「ばーかばーか?」
ショコラ: 「だってほら」
ショコラ: 「意図的に崩されたなら何かあるかもしれないじゃん」
シオン: 「でも結局は何もなし、と、さっさと進みましょっかー」 と扉のほうにー
ジーン: 「不安だけどまあ問題ないかな」
ショコラ: 「ですねー」扉へ

地上罠部屋
□□━□□
□□□□□
□□★□□
□□□□□
□□━□□

GM: ★の部分にはばらばら壊れた捕獲罠が見える
GM: そして、痛みの結界が捕獲罠の場所には仕掛けられていた
アデル: 「なんというか 相手も災難みたいだにぇ・・・」
ジーン: 捕獲罠は引っかかった後?
GM: 作動して、破壊された後ですね
シオン: 「あの結界……嫌なものが置いてあるねー」
ジーン: 「……本当に冒険慣れしてなさそうだな」
GM: そして、聞き耳判定をする必要もなく、女性、というか女の子の声が聞こえる
GM: ??「一気に決めちゃいなさい!!」
GM: どうやら、何か居るらしい事がよくわかる
アデル: 「おおーう 何かやりあってる感じー?」ちょっとワクワクしながら
シオン: 扉の奥からだよね?「ああ、あれがさっきのあの声だよ」
ジーン: 「ギルマンではない・・・ようだが」
ミミナ: 「ギルマンを人間にしたとかー?」
アデル: 「ギルマンマン?」
ショコラ: 「人面魚?」
アデル: それじゃ
アデル: 「どらっしゃああああああああい!!」といって扉を蹴破って入ります
GM: 扉も調べるまでもなく罠はない、準備が出来ていて先に進むならここでシーンを切ります
GM: ここでミドルフェイズ終了

<<BACK / NEXT>>