※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

 R-typeの再びの出現によって、ラ・ル・カーナの「世界樹」は発狂した。
 この滅びを回避するには、世界樹中枢部に至り、「忘却の石」によって異常を忘却させるしかない。
 忘却の石を唯一使えるフュリエの長シェルンは、世界樹内部への突入を決意する。

 一方、バイデン達もまた滅びを回避するべく世界樹攻略に乗り出す。
 だが元よりR-typeの影響から生まれた彼らの状況は、フュリエ以上に深刻だった。
 彼らは加速度的にその存在を狂わせ、異形の「変異体」となり始めていたのである。

 狂化変異体と化して仲間をも襲うバイデン、狂える世界樹が生み出す怪物たちが行く手を阻む中、アークはシェルンを助け、世界樹の攻略に乗り出すのだった。

結果

 リベリスタの援護を受け、シェルンは世界樹のコアに到達。
 コアとの接触に成功したことで、狂える世界樹は崩壊し、異形達は消滅した。
 世界樹は新芽へと姿を変え、ラ・ル・カーナは新生することに。その具体的な影響は……?

主要NPC

シェルン・ミスティル

 フュリエの長。世界樹にアクセスして近い未来の情報を引き出す能力を持つ。
 「忘却の石」で世界樹にアクセスし、R-type接触による影響の消去ことを試みる。

エウリス・ファーレ

 バイデンに追われて地球に現れたフュリエの少女。

プリンス・バイデン

 バイデン最強の戦士。世界樹エクスィスとの戦いの中で死亡。
 その肉体はエクスィスの内部に突入したリベリスタ達の前に、敵として現れる。

イザーク

 バイデンの若き勇士。プリンス亡き後のバイデンを束ねることに?

世界樹エクスィス

 ラ・ル・カーナのミラーミス。コアの意識は黒髪の少女の幻影を取る。
 無形の巨人『R-type』の影響を受けて発狂、世界を滅ぼそうとしたため、アーク、フュリエ、バイデンの総力をあげて修正された。