※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

 [バロックナイツ]がついに日本侵攻を再開!
 『福音の指揮者』ケイオス・“コンダクター”・カントーリオの率いる恐るべきネクロマンサー集団『楽団』が、
日本各地でアンデッドを生み出していく。

 これに対応するアークだが、事件が終わらぬうちに「閉じない大穴」のある三ツ池公園に『楽団』のナンバー2たる
モーゼス・“インスティゲーター”・マカライネンに率いられた『楽団』メンバーが襲来。
 迎撃に当たったリベリスタを壊滅に追い込んだモーゼスは、公園に渦巻く「怨念」を回収、撤退するのだった。

 そして、この襲撃事件は六道紫杏を刺激し、後の<三ツ池公園大迎撃>の原因となる。


主要NPC

『福音の指揮者』ケイオス・“コンダクター”・カントーリオ

 バロックナイツ第十位。ポーランドのリベリスタ組織を一方的に壊滅させた『混沌』事件の主役。
 同第五位キース・ソロモンの盟友でもある。

バレット・“パフォーマー”・バレンティーノ

 <混沌組曲・序>Balletto op.18 'O 'Sanghe に登場。
 『楽団』の『第一弦楽器』(コンサートマスター?)。

『歌姫』シアー・“シンガー”・シカリー

 <混沌組曲・序>ある歌姫のためのアルト狂詩曲 に登場。
 『楽団』所属と思しき謎の美女。

モーゼス・“インスティゲーター”・マカライネン

 『楽団』木管パートリーダー。三ツ池公園を襲撃し、警戒に当たっていた多数のモブリスタの命を奪った。