※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

 年末恒例フィクサードの命の大安売り。
 六道紫杏の率いる、キマイラを使う六道の紫杏派フィクサード達。
 先の『楽団』による「三ツ池公園」襲撃に対して危機感を覚えた彼女達は、バロックナイツ「モリアーティ教授」の配下組織『倫敦の蜘蛛の糸』の力を借りて、三ッ池公園の「閉じない穴」の力を得ようとする。

 アークのリベリスタはそれを迎撃しようとするが、当然のように『楽団』も公園に侵入して来て死体泥棒をしている。
 果たしてリベリスタ達は公園を守りきることができるのだろうか。

結果



主要NPC

六道紫杏(りくどう・しあん)

 通称『六道の兇姫』。六道の首領の異母兄妹。バロックナイツのモリアーティとは師弟関係。
 また、逆凪の『凪聖四郎』とは恋人関係にある。

登場シナリオ

『<逆凪>ハーオスとの邂逅』 『ハーオスの強行』 『<逆凪>邪鬼の難題』
『<六道紫杏>ハーオスとの取引』『<兇姫遊戯>臨む摩天楼は未だ遠く』『曰く、魔術組織ハーオスによる使徒招来』

凪聖四郎(なぎ・せいしろう)

 通称『逆凪の異端児』。
 六道紫杏の恋人にして逆凪当主・逆凪黒覇の義弟にあたる青年。
 すごいつよい魔術師でルックスもイケメンだ。
 結社「ハーオス」を利用する気満々で日本に連れて来たりと、見果てぬ野望のために暗躍中。

登場シナリオ

『<逆凪>ハーオスとの邂逅』 『ハーオスの強行』 『<逆凪>邪鬼の難題』
『<六道紫杏>ハーオスとの取引』『<兇姫遊戯>臨む摩天楼は未だ遠く』『曰く、魔術組織ハーオスによる使徒招来』

『倫敦で二番目に危険な男』セバスチャン・モラン

 バロックナイツ第十一位ジェームズ・モリアーティの腹心の部下。
 フィクサード組織『倫敦の蜘蛛の巣』のNO.2。
 <兇姫遊戯>倫敦の蜘蛛の糸 で来日し、モリアーティの弟子である六道紫杏を支援している。

登場シナリオ

『<兇姫遊戯>倫敦の蜘蛛の糸』『<三ツ池公園大迎撃>『二番目』の男 』