※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「え…なにそれ…」

梓「規制強化の時代ですからね」

律「未成年がパンチラしちゃまずいよな」

澪「いや、そう言われても……。あ、あれは事故だし……それにお茶碗でちゃんと隠したのに……」

唯「映画館で事故起こされたら大変だよ~」

紬「映画は規制対象外だけど、アニメだし念には念ということで澪ちゃんの出演は自主規制なの」

澪「そんな……」



律「まーでも良かったじゃん。澪、映画なんて目立つ場所に出たくないだろ?」

澪「確かに目立つのは嫌だけど……」

唯「私達が澪ちゃんのぶんも頑張るから!」フンス

澪「で、でも!えっと……ベ、ベース!ベースはどうするんだ?」

梓「澪先輩の穴埋めにはちょっと頼りないですけど、純がベース弾けますから」

澪「うぐぅ……」

紬「だから澪ちゃんは客席でポップコーン食べながら見守っててね」

澪(目立つのは嫌だ……。だけど……)

澪(みんなと一緒じゃないのはもっと嫌だ……)ジワ



澪「で、出る……」

唯「え?」

澪「私も出る!」

律「何が?おしっこ?」

澪「違う!私も映画出るから!仲間はずれなんてイヤだ!」

梓「いや、ムリですよ。世間の風当たりは澪先輩が思ってる以上に強いんです」

澪「ヤダ!絶対私も出る!映画出るからな!」

紬「う~ん……」

唯「そのエロエロボディで出られちゃ困るよ~」

澪「そ、そんな事ないだろ!どこからどう見ても健全な非実在女の子だ!」



律「だってさぁ」

唯「そのおっぱい」

澪「え?」ボイーン

梓「制服の上からでも大きいってわかりますよ」

澪「ちゃんと服着てるからいいだろ!」ボボイーン

紬「そういう問題じゃないの。映画を見た子供たちがエッチな気分になったらアウトなの」

澪「じ、じゃあおっぱい小さくする!ダイエットするから!」

律「高1の時からダイエットって言ってるけど全然成果ないじゃん」

澪「ちゃんと痩せるから!ケーキももう食べない!」

唯「あ、じゃあ澪ちゃんのケーキもーらいっ!」ヒョイパク

澪「あ……」



唯「おいひぃ~♪」グモグモ

澪「わ、私のケーキ……」

律「ほーら、そんなんじゃダイエットなんて無理だって」

澪「う……で、でも体つきだったらムギだってエッチじゃないか!」

梓「ムギ先輩はお色気シーンありませんでしたし」

紬「おっぱいが画面にアップで映った事なんてなかったわ」

澪「……さ、さわ子先生は……そうだ!先生なんて彼氏いたことあるんだぞ!絶対エッチな事してるはず!」

唯「さわちゃんはとっくに成人してるじゃん」

澪「子供が見てエッチな気分になるのがダメなんだろ!?成人とか関係ないんじゃ……!」

梓「そのへんは曖昧な規制ですから。とにかく澪先輩はアウトという判断です」

澪「そんなぁ……」グス



澪「そ、そうだ!じゃあいっそ18禁にして上映すれば……!」

唯「それはダメだよ~」

律「中高生どころか小学生だって見てるんだぞ」

紬「いきなり18禁にしたら興収に響くわ」

澪「興収って……。わ、私達はロックバンドなんだぞ……。それじゃまるで産業ロック……」

梓「私はハイプと言われてるバンドも嫌いじゃないですし」

澪「で、でも……私も出たいよ……。みんなとお茶してお喋りして……演奏したい……」グス

紬「澪ちゃん……ごめんね」

律「何もバンド解散するわけじゃないんだ。ほら、諸事情でツアーに参加できないメンバーとかよくある話じゃん」

唯「おお!ミュージシャンぽい!」

律「だろー?」

唯律紬梓「キャッキャ」

澪「……」

澪(だめだ……。みんなもう私を規制する気満々だ……)

澪(このままじゃ本当に……。だ、誰かに相談しないと!)



真鍋家

和「で、私のところに来たわけね」

澪「お願いだ和……。なんとかしてよ……」

和「うーん……そう言われても、私も出られるかどうか微妙だし」

澪「えっ?和は別にエッチな事なんて何もしてないじゃないか」

和「噂によると、映画は唯達の卒業後のエピソードになるらしいの。私は違う大学だし、出られるとしても回想か……まぁどんなに頑張ってもチョイ役ね。悲しいけど」

澪(元々チョイ役……)



澪「うう……」

和「ごめんなさい澪。私じゃあまり力になれそうもないわ」

澪「和ぁ~……」シクシク

和「ていうか、ムギならなんとかしてくれるんじゃないの?」

澪「ムギの家は都議会に頭が上がらないみたいで、そういうのは出来ないんだって……」

和「世知辛いわね」



澪「やだよ……。みんなと一緒にいられないなんて絶対やだ……」シクシク

和「仕方ないわよ。私も澪のその……」

澪「……」ボボーイン

和「……うん。やっぱり規制対象ね」

澪「ううう……」シクシク

和「憂は?憂には相談してみたの?」

澪「憂ちゃんは唯が映画に出る事で頭がいっぱいだよ……」

和「ああ、そうね。あの子はそうでしょうね。ていうか憂に相談したところであまり意味なさそうだけど」

澪「う…ううう~……」ポロポロ

和「うーん…私はともかく、澪が出られないのはやっぱり可哀相ね」

和「わかったわ。私より澪の力になれそうな人を呼んでみる」ピポパ

澪「え……?」



数十分後

ピーンポーン

和「あ、来たみたいね」

澪「な、なぁ和。誰なんだ?誰を呼んだの?」

和「すぐにわかるわ」

ガチャ

和「わざわざありがとうございます。どうぞ入ってください」

澪「えっ!?あ、あなたは……!」










恵「フフフ。お久しぶりね」



澪「な、なななな……曽我部先輩!?」ガクガク

恵「澪タ……秋山さんが困っていると聞かされて、すっとんできちゃった」ドン!

和「曽我部先輩は澪達と同じ大学。きっと私より出番が増えるはずだし、力になってくれるんじゃないかしら」

澪「ひいぃ……」

恵「秋山さん。あなたが出ていない劇場版なんて、うらおん以下よ!秋山さん主演のスピンオフで三部作をやってもいいくらいなのに、あろうことか規制なんて由々しき問題だわ!」

澪「は、はい……」ガクガクブルブル



和「それで、未来のレギュラーとして何かいい策はあるんですか?」

恵「レギュラー候補と言っても、そもそも澪タンが規制されちゃったら私の出番なんてほとんどないわよ」

澪「言われてみれば……」

恵「私が出るためにも、澪タンには何としても出演してもらわないと!ていうか澪タンのいない劇場版なんてうらおん以…」

和「それさっき言いました」

恵「とにかく私が出るため!それと何より澪タンの出演は至上命題なのよ!」

澪「は、はいっ!」

恵「そのためなら手段は選ばないわ!澪タンのために、何だってしてあげる!」

澪「あ、ありがとうございます!そ……それで、何か作戦はあるんですか……?あ、生徒会長の権力を使って、とか」

恵「いえ、私は今やただの大学生。せいぜいサークルの会長が関の山。それに学祭と映画じゃ規模が違いすぎるし、生徒会長パワーなんて役に立たないわ」

澪「え……」

恵「私が出来るのは、まぁ……うん、アドバイスとかそういう……」

澪「……」

和(ていうかよく考えたらこの人ストーカーだし、一番の規制対象なんじゃないかしら)



澪「それでその……アドバイスって何かあるんですか……?」

恵「澪タン。あなたが規制されるのは、その美貌とエッチさが原因なのよね」

澪「そう、みたいです……」

恵「エッチさってどうして生まれると思う?」

澪「え?や、やっぱりおっぱい……ですか?」

恵「それもエッチさのひとつだけど、根本的な原因はそこじゃないわ」

澪「じゃあ一体……」

恵「澪タンがエッチなのは、澪タンが女の子だからよ!!」

澪「!?」



澪「え、あの、言ってる意味が」

恵「澪タンが男なら、例えおっぱいポロリンチョしても全然エッチじゃなくなるでしょ?」

澪「おっぱいとっちゃえって事ですか!?」

恵「おっぱいとってアレつけちゃえばいいのよ!男になっちゃえばいいのよ!」

澪「な、何言ってるんですか!?そんな事出来るわけ……」

和「いえ、現代医学では確かに可能ね」

澪「!?」

和「モロッコあたりに行けば手術してもらえるわ」

澪「な、なななな……わ、私が男の子に……?いくらなんでもそれはちょっと……」



恵「澪タン……私も澪タンが女を捨てるのは辛いの。でも、澪タンが映画に出るには、それしか方法がないのよ」

澪「いや、でも……」

恵「澪タン!!女である事と、みんなと過ごす楽しい日常、どっちが大事なの!?」

澪「……ッ!!」ガガーン

澪「…」

澪「……」

澪「…………」

澪「……わかりました」

澪「私、男の子になる!そしてみんなと映画に出て、お茶して、お喋りして、いっぱい、いっぱい演奏します!!」

恵「よく言ったわ澪タン」

澪「はい!私頑張ります!」

恵(ふふふ……これで男の子になった澪タンとあんな事やこんな事……)ジュルリ

和「それ確実に規制されますよ」



翌日 成田空港

律「……行くんだな」

澪「ああ。私も映画に出たいし」

梓「ほ、本当にいいんですか?いくら映画のためとは言え、男になるなんて……」

澪「性別なんかよりみんなといる事のほうが大事だよ」

澪「それに私、男っぽい口調だし、丁度良かったよ。なんて……」

紬「澪ちゃん……」

唯「澪ちゃん!私は応援してるよ!男の子になったらアレ見せてね!」

梓「それこそ規制されますよ」

唯「あ、そっか~」テヘ

唯律澪紬梓「アハハハハハハハ」

澪「よーし!じゃあみんな!行って来るよ!!」


キーーーーー……ン……



モロッコの病院

医者「それではこれからオペを始める」

澪(……)

澪(私、女の子じゃなくなっちゃうんだな……)

澪(でも、映画に出るためだ!)

澪(みんなと一緒に、私も映画に……!)

医者「メス」

澪(オスになったら恋愛はどうすればいいんだろう……)

澪(律は……律ならこんな私でも……)

ブブブブブブブ

澪「あ、すみません。ちょっと電話出ます」ピ

澪「もしもし?」

和『澪、ダメよ!男になったら映画どころかテレビアニメもOVAも出演不可能になるわ!!』

澪「ええっ!?」



澪「な、今更何言ってるんだよ!?男になれって言ったのは和と曽我部先輩だぞ!!」

和『ごめんなさい!私たちはとんでもない事を忘れていたわ!』

和『あなた達の進学先は女子大!男になっちゃったら合格取消で、澪は一人浪人生になってどこにも居場所がなくなるのよ!!』

澪「!?」

医者「それでは麻酔を……」

澪「うわあああああああああ!?ま、待って!やめて!!おっぱいとらないでえええええええ!!!」ジタバタ

医者「え、ちょ…」

澪「私は女の子!澪男(みお)じゃなくて澪!!変なのつけないで!!男なんて野獣だっ!!!」

澪「いやああああああああああああああああ!!!!」タタタタタ

医者「…」ポカーン



モロッコ空港

澪「あ、危なかった……。あやうく無意味に男になっちゃうところだった……」ゼェゼェ

澪「うう……とにかくもう日本に帰ろう……」グス

「おーーーーい!」

澪「ん?」

「みーーーーおーーーー!」
「みおちゃーーーーーん!」
「みおせんぱーーーーい!」

澪「あ、あの声は……」

唯律紬梓「澪っ!(ちゃん!先輩!)」

澪「み、みんな!?ど、どうしてモロッコに……?」



唯「澪ちゃん!私達が間違ってたよ!」

律「やっぱり澪がいないと放課後テキータイムじゃないからな!」

澪「う、うん。でも結局、私、男の子には……」

紬「澪ちゃんだけに辛い思いはさせないわ!」

梓「私達は一蓮托生です!」

澪「……?」

律「へへ……」

唯「せーーーのっ!!」

唯律紬梓「えいっ」ボロロン

澪「!!?」



澪「な、ななな!ウ、ウインナー!?タコさんじゃないウインナーがたくさん……」ガクガク

唯「私達も男の子になったよ!」

律「これでみんな一緒だ!」

紬「劇場版は熱い男の青春バンドものよ!」

梓「男になってよりロックになってやりました!」

澪「あ、あ……ああああ……」

唯「む……。なんか澪ちゃん見てたらムラムラしてきた……」ムハー

律「わ、私も……」ムハー

紬「み、みおちゃん……お、おっぱい……」ムハー

梓「や、や……」ムハー

唯律紬梓「犯らせろーーーーーー!!!」グアッ

澪「い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁ~」




けいおん!発禁処分

              完