唯×律SSまとめwiki SS16ピンポーン。

メニュー

合計: -
今日: -
昨日: -






リンク







※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SS16


ピンポーン。

憂「はーい!あ、律さんどうもこんにちはぁ」

律「おう憂ちゃんこんにちは。唯は自分の部屋?」

憂「はい。ギターの練習ばっかりやっていて。でもそんなお姉ちゃんも可愛いんですよ~」

律「可愛いよな~」

憂「えっ?」

律「あ、いやいや何でもないよ。じゃ。上がらせてもらっていいかな?」

憂「あ。済みません引きとめちゃって。どうぞ上がって下さい、お菓子は・・・?」

律「あ、いいよ。持って来たから。気づかいありがとな」

唯の自室

律「おーやってるなぁ」

唯「あ~りっちゃんだー!」

律「りっちゃんだぞー。っとその前に土産だ」

何かな?紙袋に入っていて、中身が分からない。

唯「りっちゃんこれなにー??」

律「開けてみてからのお楽しみだ!」

ガサガサっと袋から箱を取り出した。ドーナツだ!

唯「りっちゃん買ってきてくれたの!?」

律「うん。好きかなーってな」

唯「大好きだよ!!りっちゃんもドーナツも!」

律「おいおい。あたしはドーナツと一緒か!」

唯「えっ?そ、そゆことじゃなくて・・・・」

律「ふふ。冗談だよ唯。まったく可愛い奴だなぁ。まったく」

唯「ぶー。もうりっちゃん////」

律「はは。まあ食べようぜ!」

唯「・・・うん。食べようか」

パクっとチョコを一口。りっちゃんはオールドなんとかってのを食べてる。

唯「おいしいー!ねえりっちゃんのもおいしい?」

律「ん。おいしいよ。一口食うか?」

唯「えっ?いいのー??じゃあ一口。あ、じゃありっちゃんもあたしの食べてみて~」

パクっ。

唯「それおいしいね!」

律「お前のもおいしいな」

唯「あ・・・。間接キス・・・だね/////」

律「前から食べあいしてるだろ?何が変わるんだ。てか、そんなこと言ったら恥ずかしくなるだろ/////」

そう。前から。間接キスとか気にせずに食べあいっこしてた。

でも何でだろう。こんなにも恥ずかしく。やだあたし、顔超真っ赤じゃん!
そう。そうだ。そうなのかもしれない。?

唯「好きに・・・・好きになっちゃた・・・のかも・・・しれない。りっちゃんのこと」

律「・・・・・」

沈黙。ここでの沈黙は一番怖い。何を思っているかとか、受け取り方次第では。もう、、友達でもいられない。そんな気がする。
「怖い」心の中がそれでいっぱいだったとき、やっとりっちゃんが口を開いた。

律「あ、あたしは。あたしは・・・・悪くはないと思ぅ///」

唯「え!?」

予想外の反応だった。気味悪がられるって思ってた。

律「あっあたしも唯が好きだ。最近そんな感情が胸の辺りでぐるぐるしてる感じだった」

律「でも、唯が好き。って言ってくれて、あたしも決心が付いた。女だからこんな言い方おかしいかもしれないけど」

あたしは、その次に来る言葉をずっと待ち望んでいたんだ。

律「付き合おう。いや、恋人になってくれないか?

唯「う。。うん!絶対、絶対なる!!!」

ああ!あたしがりっちゃんの恋人!!かっ、彼女なのかな??

律「そう言ってくれると嬉しいぜ。あ、後1つ。りっちゃんは無しだ。"律"って呼べよ。もう友達じゃないんだからさ///」

唯「分かったよ、りっちゃ。じゃなくて、律」

あたしが最近抱えていた悩みはこれだったのか。ずっと律を思ってたんだ。律もあたしを好きでいた。
お菓子を食べる事なんかよりも、ずっとずっと嬉しい。

唯「律か。律律律律律・・・・」

律「そんなに呼ばなくてもどこも行ったりしないよ。唯」

唯「うんうん。違うんだ。律って呼べるのが、とってもとっても嬉しいんだ!」

律「あたしも呼んでもらえるのがうれしいよ。唯」

唯「うん。律」

律「キスーーーーーしようか」

唯「え!!??で。。でもキス何て初めて////」

律「あ、あたしも初めてだよ。でも、上手くするから。。。嫌か?」

唯「嫌じゃないの分かってるクセに・・・。してぇ?」

律「う。。うん。目つむって」

ぎゅっと目をつむった。律の吐息が頬を撫でる。息がくすぐったいよ。

ちゅっ。

軽く唇が触れる程度だった。でも、とても嬉しい。

唯「律にあたしの初めて盗られちゃった」

律「あたしも初めてだよ////」

お互いに初めてをあげあった。こんなにも、こんなにも。愛おしい人に会えたのは初めて。ああ。嬉しいよ律、律。

唯「律・・・・・好きだよ。心の底からあなたを愛せるのが嬉しいよ」

律「唯っ。あたしもだよ!!ホントに可愛い奴だな。愛してr

唯「ん。さっきのお礼///」

あたし、律の唇に・・・!!

律「むぅ。キスはあたしからするんだよー」

唯「えっ!!!あたしからじゃだ・・・ダメなのぉ?」

律「うっ/////嘘だよー!嘘に決まってんだろ。そんな可愛い顔しやがって、もうっ!」

ちゅっ。
はははっ。嬉しいや。

唯「律・・・・・」

律「ん。唯・・・・・・」

唯律「「好きだよ」」

お終い。