唯×律SSまとめwiki SS52ギー太の恋

メニュー

合計: -
今日: -
昨日: -






リンク







※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SS52

ギー太の恋



「どうだ唯!カッコイイだろ?梓も見てみろよ」

どういう風の吹きまわしか『チマチマ』したことが苦手な律先輩がギターを部室に持ってきた。

先日行われたフリーバザーで購入したらしい。

全体的に傷みが進んでるし、塗装なんて素人が自分好みに塗り直したのかムラだらけ。とどめにアンプにつないでも音が出ないらしい。

かわいそうだな…せっかく良いギターなのに。

「黄色がかわいいねりっちゃん!」

「確かに年代物の風格はありますが、律先輩ギター弾けないですよね。コレどうするんですか?」

「唯のスペアにでもなんでもなるだろ。いや~1000円にしては良い買い物だったぜ」

「え!?安すぎますよ…新品なら15万円とか20万円しますよ?」

状態が良くなくても1000円なんてことはありえない。よっぽど楽器の知識が無い人だったのかな?

「そんなに高いのか?ただ色が好きで安かったから買ったんだけど」

「りっちゃん!何か弾いてみて?」

「私が弾けるわけないだろ?唯か梓が弾けよ」

と言うわけで、なぜか律先輩のギターを私が弾いてみることになってしまった。

チューニングを合わせてからアンプにつないで音を出してみる。

…………

ペチペチと小さな生音がするだけで、アンプの方からは何も聞こえてこない。

「やっぱり音が出ないですね。唯先輩どうぞ」

音が出ないものは仕方ないので唯先輩にギターをわたす。

「やっぱりおっちゃんの言う通り壊れてるか。まぁ、1000円だから別に良いけどな。話のタネにはなったし」

「直すとなると確実にその十倍以上のお金が要りますからね…!?」

「おおっ!すごい音だよりっちゃん」

律先輩と修理するかどうかを話していると、耳を塞ぎたくなるような大きな音がした。

私の時は音がしなかったのに、唯先輩が弾いたら鳴るなんて。

「なんだよ。しっかり音出てんじゃん。儲けもんだな」

「凄いよ。この子りっちゃんみたいに元気いっぱいだよ」

何か納得できない私を置いて、律先輩と唯先輩はギターに名前をつけるとか言って盛り上がりはじめた。


「ほんとに”きーちゃん”貰っていいの?りっちゃんが買ったのに…」

「良いよ。元々唯にプレゼントするつもりだったし、ギー太ばっかり大事にして”きーちゃん”を怒らすなよ?」

どうやらギターの名前は”きーちゃん”に決まったらしい。おそらく、理由はボディの色が黄色だからで間違いないと思う。

「大丈夫だよ。ギー太、今夜からお友達と一緒だね?あれれ、ギー太が照れてるよ」

「なるほど、きーちゃんは私に似て美少女なんだな。良かったなギー太!彼女ができたぞ」

「おとうさん、きーちゃんを僕にください!」

「お前に娘はやら~ん!」

ギー太ときーちゃんで顔を隠しながら、唯先輩と律先輩が変な遊びをしている。

それにしても、私の時だけ音が出なくて唯先輩だと元気いっぱいって…ギターも持ち主に似るのかな?


end