※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「唯が風邪?」

紬「ええ、憂ちゃんから連絡があったの」

律「こりゃ今日の練習はナシだなー」

紬「みんなでお見舞いに行きましょう」

澪「別にいいんじゃないか?」

律「なんだ澪、冷たいな」

澪「いや、大勢で押しかけたら迷惑かな、って」

紬「それもそうね」

澪「……」



律「あいつもよく風邪ひくよなー。何とかは風邪ひかないっていうのに」

紬「心配ね……」

律「唯のことだ、おおかたアイスでも食い過ぎたんだろうぜ!」

紬「あら?澪ちゃんは?」

澪(唯……!)だっ



唯「えっきし!」

唯「うぅ……誰か私の噂話してるのかなぁ?」

唯「憂は学校だし、一人じゃ寂しいよ……」

ピンポーン

唯「ほぇ?」



ピンポンピンポン

唯「はいはーい……」よろよろ

ガチャ

澪「唯!大丈夫か?」

唯「澪ちゃん!?学校は?」

澪「あぁ唯、起きちゃダメじゃないか。ちゃんと寝てなきゃ!」

唯「起こしたの澪ちゃんなんですけど」

澪「あっ」



唯「えっきし!」

澪「ごめんな唯、私のせいで……」

唯「平気平気。それより澪ちゃん、授業はいいの?」

澪「そんなの関係ないよ!唯の方が心配なんだ」

唯「でも澪ちゃん、あんなに真面目に勉強してたのに……」

澪「……どうでもいいよ」

唯「えっ?」

澪「あ、ううん。何でもない。ほらほら、布団入らなきゃ」



唯「うぅー、頭ガンガンするー」

澪「待ってて。今、冷やしたタオル持ってくるから」

唯「私、このまま死んじゃうのかな……」

澪「なに言ってんだ」

唯「だって、さっき熱計ったら39℃あったんだよ?もうお迎えが近いんだよ……」

澪「止めなよ、……縁起でもないぞ」

唯「……お父さんお母さん、近所のおばあちゃん。先立つ不幸をお許しくださ」

澪「止めてくれぇ!」

唯「!?」



澪「……っ……うぅ……」

唯「……どしたの澪ちゃん」

澪「私は、私は絶対に嫌だ!唯が、唯が死んじゃったら、私、わたし……」

唯「澪ちゃん……」

澪「唯とお話できないなんてやだ、唯が笑ってくれないとやだ、唯とお別れなんて絶対やだっ……」じわっ

唯「……」



澪「……ぐすっ」

ぎゅっ

澪「ゆい……?」

唯「ごめんね澪ちゃん。私、絶対によくなるから。もう死ぬなんて言わないから、泣かないで?」なでなで

澪「な、ないてない!ないてないぞ!」ぷいっ

唯「澪ちゃんがこんなに私のこと思ってくれるなんて、嬉しいよー」

澪「も、もう放してくれ!」ばたばた

唯「……え」

澪「え?」

唯「っきし!」べちょ

澪「……」



唯「ごべんね澪ぢゃん」ずるずる

澪「……ほら、ティッシュ」ふきふき

唯「ぢーん」

澪「まったく……」

唯「ねー澪ちゃん、もっかいやっていい?」

澪「なにを?」

唯「澪ちゃんのお胸、やわらかであったかかったなぁ~」にへら

澪「!!」

ゴチン!



唯「いたぁ……」

澪「……あ、ごめん」

唯「えーん、澪ちゃんがぶったー」

澪「ごめんってば」

唯「えーんえーん」

澪「泣きやんでくれよぅ……」おろおろ

唯「じゃあ、さっきの続き、話してくれる?」

澪「さっきの?」

唯「私が死んじゃやだー、って言った時の続き」

澪「なっ……!」



唯「ねー澪ちゃん、おねがいー」じたばた

澪「や、やだよ!」

唯「えーんえーん」

澪「う……」

唯「……」きらきら

澪(子犬みたいな目で見るな……!)

澪「……ゆ、唯は」

唯「うんうん」



澪「唯は私のこと何回も助けてくれただろ?最初のライブの前とか、歌詞持ってきた日とか」

唯「私だって新歓で澪ちゃんに助けられたよ~」

澪「……ゆ、唯は」

唯「うん?」

澪「唯は私にとって、ベースみたいな人なんだ。そばにいるととっても安心できて、暖かくてふわふわした気分になれて……」

澪「だ、だから私、いつまでも唯といっしょにいたいんだ。目の届く範囲にいてほしいし、手がつなげる範囲にいてほしい。いつか自然に、手を……」

唯「手を?」

澪「か、語りすぎた……」しゅー

唯「澪ちゃん、顔赤いよ?お熱?」



澪「うぅ……恥ずかしい……」

唯「よしよし……けほけほっ」

澪「あーほら、ちゃんと布団入って」

唯「さーむーいー」

澪「……わ、すごい汗。着替えないとダメだな」

唯「澪ちゃん、新しいパジャマとってー」

澪「うん、どこにある?」

唯「タンスの左上だよー」

澪「ここかな……わ!」

唯「ほえ?」

澪「わああ!わああぁぁあ」ぱたぱた

唯「今度はどったの?」

澪(唯の下着……!)



唯「澪ちゃんおねがい、早くー」

澪「……ほ、ほら」ぽいっ

唯「ありがとー」ぬぎっ

澪「!?」

唯「んしょっと……おや?」ぬぎぬぎ

澪「~~~~~!!」

唯「どうして壁の方向くの?」

澪「ちょっとは恥じらいを持て!」どきどき



唯「?……変な澪ちゃん」

澪「まったく……今度こそ濡れタオル持ってくるから、待ってて」

唯「ありがと~。何から何まですみやせん……」

澪「別に構わないよ」

唯「あ、そうだ?」

澪「なに?」

唯「あったかい飲み物、持ってきてーん?」くねくね

澪「……はいはい」




澪「んー、んー」ぎゅうぎゅう

澪「ふう、タオルはこれでよし。あとはあったかい飲み物か」

澪「……えーと、ハチミツレモンとか、かな?」

澪「でもハチミツもレモンもどこかわかんないや」

澪「紅茶は淹れられないし、コーヒーは寝れなくなっちゃうし……ん?」

澪「これだ……!」ぐっ



唯「けほけほけほ」

ガチャ

澪「お待たせ。まだ起きてたのか?」

唯「あ……ありがと。澪ちゃんがいろいろしてくれてるのに、寝ちゃ悪いかなー、なんて」

澪「気にするな。はい、タオル」

べちゃ

唯「……澪ちゃん」だらだら

澪「なに?」

唯「これ、ちゃんと絞った?」だらだら



澪「……あれ、おかしいな。絞る回数が足りなかったかな」

唯「首が冷たい……」がくがく

澪「あ、そうだ。はいこれ」

ことっ

唯「……澪ちゃん、これは?」

澪「あったかい飲み物だよ」

唯「……コーンスープ……」



澪「スープ嫌いか?私が入れたのは嫌か?」

唯「いや、そうでなくて。ちょーっと想像と違ったなー、って」ずずず

澪「おいしい?」

唯「うん、おいしいよー」にこっ

澪「……お、おほん!そうだろそうだろ!なにせ私が入れたんだからな!」どやっ

唯(粉をお湯に溶かしただけやないかーい)



澪「♪」じー

唯「……ごちそうさま」

澪「どう?あったまったか?」

唯「う、うん、あったまったよ」

澪「それはよかった!」

唯(嬉しそう……)

澪「あ、そうだ。風邪薬も飲まなきゃいけないよな」

唯「えっ」

澪「机に置いてあるこれか?」

唯「み、澪ちゃん!」

澪「わっ……なんだよ、急に大きな声出して」

唯「私、寝る前にちょっとお話が聞きたいなー!」



澪「お話って……」

唯「ヤダヤダ、お話してくれなきゃやだーん」くねくね

澪「子供か!」

唯「みーおちゃーん」うるうる

澪「まったく……昔の話か?」

唯「お願いします!」

澪「えっと……昔、ここで勉強会したよな」

唯「え?……あぁ!そんなこともあったねぇ~!」

澪「お前が追試になってな!」

唯「そうそう!あの後100点取ったんだよね!」

澪「そう、そうだったな!」

唯「私、あの答案用紙を額縁に入れたんだよ!」

澪「本当か?……ふふっ」

唯「あはははは!……けほっ」


2/2