※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「つまんでみたいんだ」

紬「え?」

唯「あーわかる、その気持ち」

律「だろ?ちょっと触ってみたいよな」

唯「きっと澪ちゃんのふともも、指よりぷにぷにしてるんだろーなー」

律「うんうん、違いない」

唯「でも私は澪ちゃんのお腹が一番かな」



律「唯はお腹かー、お腹も魅力的だよなー」

唯「ぷにぷにしたい!」

梓「そんな事澪先輩がさせてくれる訳ないですよ」

紬「澪ちゃん怒ると思う」

律「それなんだよなー、私がやったら絶対鉄拳制裁だし…」

唯「澪ちゃん警戒心強そうだもんね」

律「どうしたらいいと思う?」

梓「…」

紬「…」



梓「多分うまくいくと思うんですけど」

唯「何か策はあるの?あずにゃん」

梓「あ、はい、でも言いません」

唯「なんで?!」

梓「私一人じゃないとできませんから」

紬「つまり抜け駆けって事?私も澪ちゃんとスキンシップしたいのに!」

梓「いや…そういう訳じゃないんですけど…
 律先輩と唯先輩の願望は私と似ているようで少し違うんです」

律「どう違うんだ?」

梓「私は澪先輩の二の腕のお肉をぷにぷにしてみたいんです」



唯「あー……それもいいね」

梓「ええ、ですから私は目的達成の為に一人で澪先輩に望みます」

律「二の腕か…いいとこつくなぁ」

唯「ムギちゃんはどこをぷにぷにしたいの?」

紬「私は澪ちゃんのお尻をぷにぷにしたみたい」

梓「お尻も捨てがたいですよね、今の今まで二の腕と迷ってました」

唯「澪ちゃんのお尻肉づきが良いもんねぇ」

律「私がふとももで唯はお腹で梓が二の腕、ムギがお尻をぷにぷにしたいのか」

紬「みんなそれぞれ違うのね」



唯「じゃあさ、こうしようよ」

律「ん?」

唯「あずにゃんはもう一人で計画を立てているみたいだし
 みんなそれぞれで澪ちゃんをぷにぷにできるように頑張ってみようよ」

梓「賛成です、頑張ります私」

紬「異議なし」

律「あ、ひとついい?」

梓「なんでしょうか?」



律「幼馴染として言わせて欲しい
 みんな強引に澪をぷにぷにするのはやめて欲しい
 知ってると思うけど澪はけっこう気にしてるからな…」

唯「わかってるよ、りっちゃん」

紬「あくまで自然に…ね…」

律「ちゅーこって、皆の健闘を祈る!」

唯・紬・梓「らじゃ!」




――
―――

律「(ふとももかー…改めて考えてみると自然にぷにぷにするって難しいよな…)」

律「(澪は普段ほとんどパンツルックだし、狙うとしたら今みたいな制服時だよなー)」

澪「律、なにぼーっとしてるんだ?」

律「へっ?!…な、なんでもない!」

澪「変な奴だな…で、どこなんだ?解らないところ」

律「澪のふともも…」ちら

澪「?」

律「(程良い太さでいいなぁ…柔らかそう…)」



澪「教えて欲しいって言ってきたのはお前だぞ?」

律「な、なぁ澪」

澪「なに?」

律「実は宿題教えて欲しいっていうのは嘘なんだ」

澪「はぁ?なんでそんな嘘つくんだよ」

律「今日は宿題よりも大事な事を澪としたいと思ってさ」

澪「大事な事?」

律「うん、大事な事」

澪「なんだよそれ」

律「…ぷ…」

澪「ぷ?」

律「プロレスごっこだ」



澪「…」

律「…」

澪「帰っていい?」

律「だぁーっ、ちょっと待って!」ガシッ

澪「はーなーせー」

律「お願いだよ澪ちゃん、一緒にやろーよー」

澪「絶対にやだ、そういう事は聡とやればいいだろ?」

律「あいつ最近力強くなってきて負けちゃうんだよー…」

澪「だからって私を誘うのはやめろ!」

律「澪ちゃんじゃないとダメなんだよ~!」



澪「いいからとりあえず手離して」

律「…やる気になった?」パッ

澪「…」

律「…」

澪「…」

律「…」

律「さぁ始まりました、田井中律対秋山澪」

澪「…」

律「永遠のライバル同士の対決です」

澪「…」

律「過去の対戦成績は10勝10負のイーブン
 久々の対決で両人とも気合いが入っているようですねえ」

澪「…」

律「先に仕掛けたのは田井中律だぁ、秋山澪に勢いよく…」

澪「やっぱり私帰るね」

律「だぁぁ…!!ひどいよ澪!ひどすぎるよ…!」



澪「な…なに泣き崩れてるんだよ…」

律「昔はよく一緒にやってくれたのに…」

澪「小学生の頃の話だろ…流石にもう恥ずかしいし…」

律「私達の友情って…そんなもんだったのか…!」

澪「い、いいから泣くのやめろよ…」

律「もう澪なんて知らない!…知らないんだから…!」

澪「どういうキャラ設定だよ…」

律「…スン…スン」

澪「…」

律「…」

澪「はぁ…わかったよ律…」

律「…」ニヤリ



澪「ちょっとだけだからな?」

律「勢いよく襲いかかったー!」

澪「わっ!ちょっ!…いきなり?!」

律「秋山の左腕をとったぞー?ここからどうする?」

澪「ずるいぞ律!」

律「ベッドに押し倒したー」

澪「うわっ…!」バフン

律「これはチャンスだ田井中律!」

澪「このっ…!」

律「(さりげなーく…)」サワワ

澪「なっ、やめろっ!どこに手入れてるんだよ!」

律「(うわー澪のふともも超スベスベだ
 めちゃくちゃ手触りいいよ…!)」



澪「さわるなー!」ジタバタ

律「(よーし、このままちょっとつまんでみますかね)」

むに

澪「!」

律「や…やわらか…!…かっ!…」

澪「…」グググ

律「み…澪…首…しまってる…」

澪「………」ギュゥゥゥ

律「ま…負けました…」カクン




――
―――

澪「でも梓の家に防音完備のスタジオがあるなんて知らなかったよ」

梓「澪先輩には言ってませんでしたっけ?お父さんがよく使ってるんです」

澪「梓が上手い筈だよ、自分の家にこんな部屋があるなんて羨ましい」

梓「澪先輩さえよければいつでも来て下さい、私も澪先輩合わせると勉強になります」

澪「ありがとな、梓」

梓「(てへへ…)」

梓「あ、澪先輩、そろそろお腹空きませんか?」

澪「そういえば…もうこんな時間か」

梓「少し熱中しすぎましたね」

澪「そうだな、どうする?どこか食べに行こうか?」

梓「いえ…あの…」



澪「?」

梓「澪先輩が良ければなんですけど…
私がお昼ご飯作るので食べてもらえませんか?」

澪「いいのか?梓」

梓「ええ、あんまり自信ないですけど…」

澪「そういう事なら私も一緒に手伝うよ」

梓「いいんですか?じゃあお願いします」

澪「よし、じゃあ早速作ろうか」

梓「エプロンの予備が無いのでお母さんの物でも良いですか?」

澪「あぁ、ありがとう」



梓「(うわー澪先輩と一緒にお昼ご飯作れるなんて感激だよ!)」

澪「で、梓、何作るんだ?」

梓「オムライスです」

澪「いいね、じゃ、私玉ねぎ刻むよ」

梓「お願いします」

梓「(澪先輩にしては珍しく大胆なカットソーだなぁ
 エプロン着ると二の腕が強調されて普段よりずっとセクシーに見える…)」

……

澪「ごちそうさま」

梓「どう…でしたか?」

澪「とてもおいしかったよ、梓料理上手いじゃないか」

梓「まだまだ勉強中ですけど…嬉しいです
 次は澪先輩のお手伝い無しでおいしいって言ってもらえる様に頑張ります」

澪「大した事してないよ、ほとんど梓が作ってくれたじゃないか」

梓「そうですかね…あ、澪先輩」

澪「どうした…?」



梓「あの…その…」

澪「?」

梓「…」

澪「…」

梓「…少し…お昼寝しませんか?」

澪「えっ」

梓「あっ、嫌だったら良いんです!れ…練習の続きやりましょうか?」

澪「はは」

梓「澪先輩?」

澪「ごめん、なんか唯みたいな事言うなーって思ちゃってさ」

梓「そ、そうですか?!…ごめんなさい…なんか私らしくないですよね…」

澪「謝らなくていいよ、梓眠いの?」

梓「はい…少し…」



澪「じゃあ梓の提案に賛成」

梓「ありがとうございます」

澪「…」

梓「…」

澪「…?」

梓「あ、あの…」

澪「ん?」

梓「澪先輩…」

澪「どうしたんだ?」

梓「……………腕枕して欲しい……です」

澪「えー…」

梓「…だめ…ですか?」



澪「(なんだか知らないけど梓が私に甘えてくる…
 腕枕って…今日に限って思い切った服きて来ちゃったよ…
 腕とか脇とかノーマークだし…困ったな…)」

梓「…」ジー

澪「(そんなせがむ様な目で…どうすればいい?どうすれば?!)」

梓「い…いきなりそんな事言われても困りますよね!
 変な事言ってすみません!今の事は忘れt」

澪「いいよ…おいで?梓」

梓「………はい」

澪「(梓の先輩として寛大なところを見せておかないと
 きっと梓は寂しいんだろうな、後輩もいないし)」

梓「あ、髪解きますね…邪魔になっちゃうし」

澪「あ、あぁ」

梓「…んっと」ふぁさ



澪「これで…いいの?」

梓「はい…じゃあ失礼します」ササ

澪「(あっ、梓の頭…意外と重たい…)」

梓「(うわー…私澪先輩に腕枕してもらっちゃってるよぉ…夢みたい)」

澪「…」

梓「…澪先輩」

澪「んー?」

梓「…重くないですか?」

澪「平気だよ」

梓「よかった、ねぇ澪先輩」



澪「な、なに?」

梓「合宿のお風呂の時さわ子先生が私達二人を見て
そっくりだって言ったの覚えてますか?」

澪「あぁ、そんな事もあったな」

梓「私あの時すごく嬉しかったんです
憧れの澪先輩と似てるって言われるなんて」

澪「そ、そうなんだ、あ…ありがとう」

梓「(澪先輩…すごく良い匂い…最高だよぉ…)

澪「(な…なんか雲行きが…
 どう考えてもお昼寝どころじゃないぞ…)」



梓「もし私達の事を全然知らない人が部屋に入ってきたら…
 姉妹がお昼寝してるって思うかもしれませんね」

澪「そ、そうかな…?」

梓「そう思います。あ、すみません。喋りすぎましたね
 お昼寝するっていうのにこれじゃあ眠れませんよね」

澪「あ、あぁ…(梓の髪の毛で腕がちくちくする…けどそんな事言えない…)」

梓「それじゃあ澪先輩、おやすみなさい」スス…

澪「おやすみ(あ、こっち向いて寝るの…?!)」///




――

澪「………」

梓「(ふふ、ご飯食べてすぐお昼寝しちゃう澪先輩可愛いなぁ)」

澪「………」

梓「(よし…もうちょっと近づいて…スス…
 うわぁ…澪先輩の生の二の腕が目の前に…!感激…
 それにこの角度からだと澪先輩のきれいな脇が丸見えだよぉ…!
 こんなもの拝めるなんて…生きてて良かった…)」

梓「(それでは…ちょっと失礼して…)」

ぷにっ

梓「(なんて柔らかいの…?澪先輩の二の腕ぷにぷにだぁ…
 もうちょっと触っても大丈夫だよね…?)」

ぷにぷに

梓「(柔らかさの中に弾力性もあって…とってもきもちい
 なんか中毒性があるみたい…ずっと触ってたいよ…!)」

ふにふにふに…

ふにふにふに…



梓「(澪先輩の二の腕魅力的すぎるよぉ!
 これだけはしちゃいけないって思ってたけど…
 もう我慢できません!澪先輩…バカな後輩ですみません…)」

ぺろっ

梓「(うわあぁぁぁ!!澪先輩の二の腕舐めちゃったよぉ!!
 おいしい…澪先輩の二の腕とってもおいしい…
 ちょっと汗の味…ずっと部屋にこもって練習してたからなぁ…
 きっと澪先輩汗かいちゃってたんだ…
 でもこれが澪先輩の味…澪先輩の汗の味…!)」

ぺろぺろぺろ

ぺろぺろぺろ



梓「ふぁ…澪せんぱぁい……」

ぺろんぺろん

梓「おいしいよぉ…澪先輩の…二の腕…」

ぺろろ

澪「あの…もういいかな?」

梓「だめぇ…もう少しぃ…」

澪「…」

梓「……え?」



澪「…」

梓「え…あの………これは……」

澪「…」

梓「(うわぁぁぁぁ!!!…起きちゃってた!澪先輩起きちゃってたよー!
 あまりにも舐めるのに夢中で全然気付かなかった!
 もうだめだ…見てよあの澪先輩が私を蔑む目…
 私が今まで築きあげてきた良い後輩のイメージは崩れさちゃった訳だ…
 だめだ…だめだ…明日からは澪先輩の中で変態あずにゃんとして扱われるんだ…
 もう終わりだ…)」

梓「あの…起こしちゃいましたね…すみません…」

澪「あ、えっと…最初から起きてた…かな?」

梓「(最初から?!じゃあ二の腕ぷにぷにからずっと起きてたの?!
 むしろなんで今の今までずっと狸寝入りをしてたんだろう…)」

澪「(こんな空気になるなら勇気を出してもっと早く言えば良かった…
 梓が寝ぼけてるんだろうなって思って何も言えなかったよ…
 それに一心不乱に腕をぺろぺろしてくる梓…怖かったよぉ…)」



梓「(やばい…やばいやばい…
 蔑むどころか私を恐れてる目だよぉ…
 これじゃあ澪先輩、明日から口聞いてくれなくなっちゃうよ!
 い、いや!そんなの絶対嫌だ!!
 そ、そうだ!この手でいこう!!)」

澪「それで…なんで…なのかな…?」

梓「えっと…おまじないです」

澪「おまじない?」

梓「あれ?澪先輩知らないですか?
 今、憧れの人の二の腕をぺろぺろするのが流行ってるんですよ?」

澪「え…え…?」

梓「澪先輩の腕をぺろぺろすれば、
私も澪先輩見たいにギターもカッコよく弾けるかなと思いまして」

澪「…そうなんだ」


2/2