※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「みんな、みんな、ありがとうぅぅ うええぇぇぇんん」

紬「みんな、澪ちゃんの事が好きなのよ」

唯「えへへ、私もこれからも迷惑かけちゃうけどよろしくね~」

梓「わっ、私は後輩ですけど!もっと頼ってくださいです!」

澪「うわぁぁぁああん」ガシッ

澪「ありがとうぅ!ありがとうぅぅ!!」ギュー

唯「あ、ムギちゃんだけずるいよ~」ムー

唯「じゃあ私はあずにゃんに」ギュー

梓「ちょ、唯先輩!こんな時に何してるんですか!!」モウッ

紬「あらあら」ポワワ

紬「でも澪ちゃん、それはりっちゃんの為にとって置きましょう」

澪「そうだ、律!」



澪「私、律に謝らなきゃいけない そしてお礼を、ありがとうを言わなきゃいけないんだ!」グズッ

紬「そうね それじゃ行きましょ(彼氏の事は私の口から話すべきじゃないわね)」

澪「行くって何処に?」

紬「ふふふ すぐに分かるわ~(それに 今の澪ちゃんならもう大丈夫!)」

唯「行こうっ!澪ちゃん」

梓「先輩!先輩は1人じゃないんです!さあ!」

澪「あ、ああ!」

ギイッ バターン!



ゾロゾロゾロ

紬「その前に 澪ちゃんや私たちの鞄と楽器を取りに行かなくちゃ!」

唯「そうだった!ギー太ー!今待っててねー」ダッ

梓「あっ!待ってください、唯せんぱ~い!」

澪「私何も持たずに飛び出してきちゃったんだっけ」カアッ

紬「でもこういうのも青春って感じでいいじゃない?」

澪「わわわっ そんな恥ずかしい事言うなっ!」カアアッ



スタスタ

紬「でもね、私 本当にうれしいのよ」

澪「青春がか?」

紬「うん!私ってお嬢様って外見で判断されちゃってからね、昔から本音で言い合える友達とかいなかったの」

紬「みんなね、その、他人行儀というか」

澪「そ、そうなのか(いや、でも実際ムギはお嬢様だろ)」

紬「だからね、こういうのにすごく憧れてたの~!」ニコッ

澪「ハハ …ふぅ!」

澪「ムギ、何度も言う様だけど、ホントにありがとな」



澪「ムギがいなかったら今回の件、私潰れちゃってた 立ち直れなかった」

澪「何度もムギに励まされて、落ち込んで、そして追いかけてもらって」

紬「いえいえ~ 力になれてうれしいわぁ」

澪「今回もまた甘えた結果になっちゃったけどさ… これからも甘えさせてくれ!」

紬「勿論です!」ドントコイ

澪(あとは律だ 待っててくれ、律!今行くから!!)



唯「いよっし、バックOK!ギー太OK!」

梓「私も準備OKです!」

紬「よいしょっと~ 私も完了よ」

澪「私も全部持った それじゃ行こうか」

唯「唯隊員に続け~!」

紬「おお~!」

梓「これやるんですかね?」

澪「さ、さあ?」ハハ

唯「ほれ!ほれ!」

梓「お、おぉ~!」

澪「(よしっ!)行くぞっ、オー!!」ビシッ

唯「み、澪ちゃんすごい気合だね」

澪「ああ、行こう!」

ギイッ バタン



ゾロゾロ

澪「って学校出ちゃうのか!?律は?」

紬「大丈夫よ、忘れてなんかいないわ~」

澪「そ、そうか」

ゾロゾロ

紬「えっと、ここを右に曲がって」

ゾロゾロ

紬「ここを左に曲がって、あ!あそこね」

ゾロゾロ ピタッ

紬「着きました!」

澪「!!」

澪「ここは…」



キイッ キイッ

律「よっ!澪」

澪「律!!」

紬「じゃあ私たちはこれで帰るわね また明日ね、澪ちゃん」

唯「バイバーイ まったあっした~」

梓「さよならです それではまた明日」

澪「ああ、今日はありがとう それじゃ」

ゾロゾロ



キイッ キイッ

律「よく子供の頃この公園で遊んだよなー」

チャンチャンチャララン♪ヨイコハオウチヘカエリマショウ

律「この良い子のチャイム無視して親に怒られたりさー」ハハ

澪「なんでブランコなんかに座ってるんだよ」

律「まーまー いいから澪ちゃんも座りなさいって」ポンポン

澪「わかった」

スタスタ キイッ



キイッ キイッ

律「今回の話さ、私がちょっと余計な事したからこんなになっちまったんだ」

律「隠したりしてホントごめんっ!」ガバッ

澪「頭上げろよ、律 謝らなきゃいけないのは私の方だから」

律「澪?」

澪「律に彼氏が出来たって聞いたとき、ショックだったんだ」

澪「律が私の知らない所に行っちゃうんじゃないかって」

澪「私の前から消えていなくなっちゃうんじゃないかって怖くなったんだ」

律「澪…」



澪「律は私の為にたくさんの事をしてくれた」

澪「でも私はそんな律の幸せを一緒に喜んでやれなかった」

澪「それで、体調崩してみんなにも迷惑かけて」

澪「本当にすまなかった!」ガバッ

律「みーお、顔上げろよ」

澪「律?」

律「つまり、嫉妬ですな!」

澪「なななっ」カアッ



律「私を彼氏に取られたくないと思ったわけだー」ヘヘーン

澪「ななななっ!」カアアッ

律「もーう、澪ちゅわんったらー 可愛いですなあ」ニヒヒ

澪「調 子 に 乗 る な !」

ガツン!



澪「あっ!ごっ、ごめん!(また手を出してしまった…)」

律「フフフ…」プクー

澪「律?」

律「はーっはっはっは!!」ヒリヒリ

澪「なっ、どうしたんだよ」

律「やーっと、ツッコミ入れてくれたじゃん澪!」

澪「ツッコミって… ただの暴力じゃないかっ!!」



律「ここ数日間、まったくツッコミ入れてくれなかった、ずっと気にしてたんだろ?」

澪「っ!ま、まあ」

律「澪がツッコミしてくれないからさー調子狂ってたんだよ」

律「でもさ、ずっと一緒にいるのに気がついてやれなかった」

律「ずっと体調悪いのかなーとしか思ってなかったんだよ」

律「気づいてやれなくてごめんな?」

澪「っ!」カアッ

律「ハハ、澪ちゃん顔真っ赤!」

澪「うぅ…」



律「何も遠慮するなよ!私たちの仲だろうが!!」ビシイッ

スタスタ ピタ

おばさん1「何かしらあの子たち」

おばさん2「ブランコ座って何か叫んでるわ」

ヒソヒソ

澪「律、声が大きい…」カー

律「ふぁい…」カー


16