※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM:ミドル1 ”この暖かな世界で” シーンプレイヤー:PC4
GM:
GM:場所:喫茶店
GM:登場:PC1&PC4 他不可
GM:

GM:では、君たちが喫茶店を探して入る
GM:少女はこういうところに来るのが初めてのようで、とても興奮しているね
近衛:「ここのカルボナーラはなかなかいいわよー。あ、パフェも頼みましょ」
風堂:「とりあえず好きなもん頼んでいいぞ 金は俺が出すから」
近衛:「あなたに借りを作るのは業腹ねぇ」
風堂:「ここまでの案内料だよ」メニューをめくり何か腹を満たせるものはないかと探しつつ
GM:少女「…?」 首をかしげる
風堂:「・・・当然お前も好きなもの頼んでいいぞ? ほら」メニューを無造作に渡す
近衛:「はい、おいしそうなの指差してねー」メニューみせみせ
風堂:「・・・動作かぶってんぞ近衛」
GM:少女「いつも食べてるの、ないよ?」
風堂:「ん?いつもは何食べてるんだ?」
GM:少女「えーと…」 難しいことわかんないのでなんかくるくると考えつつ
近衛:「んー・・・ご飯とか、パンでもないのね・・・」不思議なこだなぁと首をかしげる
風堂:「・・・まぁ、偶には普段と違うものってのも悪くないぞ 近衛、なんかオススメでも教えてやれ」
GM:良く調べたいなら<情報>での調査をお勧めするよ
GM:技能は指定しないが、特定のものだと追加情報が出るかもしれない
近衛:「んじゃアサリとしょうゆの和風パスタね!」って店員を呼んでオーダーするよ
近衛:「それにしても、迷子・・・なのかしらねぇ」警察関連の情報を思い出してみる
GM:では、情報:警察で振ってみてくれ
近衛:3r10 社会2にコネクションで3d
(Dice_) 近衛 -> 3R10 = [6,10,3][5]<クリティカル> = 15
GM:まず、この子の名前がクーと言うことが分かります

GM:8:
GM:クーはここ最近見かける少女である
GM:公園で子供たちを良く眺めているが、いつの間にか居なくなっていることがある
GM:13:
GM:クーは何人かのUGNの人間が監視しているらしい
GM:UGNからの調査をお勧めする

風堂:「UGNが監視・・・?」
GM:クー「…?」
風堂:「ああ、何でもない もう少ししたら物が来るから、待ってようか」
GM:クー「うん」
近衛:「うーん、なにやらきな臭そうね・・・」真剣な顔つきになる
近衛:「たまたまあたしたちイリーガルに接触してきたのかしら?」
風堂:「UGN・・・ね・・・(携帯の方からデータみれたかな・・・)」
GM:では、情報:UGNで振ってみてくれ
風堂:2r10
(Dice_) 風堂 -> 2R10 = [2,5] = 5
GM:何も分からない
風堂:「(まぁ、監視対象のことなんて早々上げないか)」
近衛:2r10 「風堂君のほうにはそういう話は入ってないか・・・私のほうはどうだったかな・・・」
(Dice_) 近衛 -> 2R10 = [4,2] = 4
GM:残念ながら、2人とも分からずじまいですね
GM:クー「きたよー?」
近衛:「ごめんなさい、わからないわ・・・・素直にUGNの人と接触したほうがいいかも・・・」
風堂:「まぁ、イリーガルはアルバイトみたいなもんだしなっと」
風堂:「よし、それじゃとりあえず喰うか いただきますっと」
風堂:風堂 カレーパスタを啜る
近衛:「いただきますークーちゃんはんぶっこしましょ?」
GM:クー「うん、ママ」 昇格
近衛:※カルボナーラと和風どっちも食べたい
風堂:「ぶっ」
近衛:「えへへ、ママだって、かわいいわね~」
GM:クー「~♪」
風堂:クーの言葉にむせる風堂 「(今更だけどこれって家族連れですよねそうですよね)」
近衛:「~♪」ほっぺのソースナプキンで拭いてあげたり
GM:少女がUGNの監視下にあると分かった君たち
GM:しかし、それ以上の情報は手に入らない
GM:ならば、と少しの団欒を過ごすのであった


GM:ミドル2 ”雪と交差する世界” シーンプレイヤー:PC3
GM:
GM:場所:支部
GM:登場:PC3&PC5 他不可
GM:

GM:未来「さて…一条さんが資料を無くしてしまったので、件のジャームは全く分からずじまいなんですが!」
GM:少し怒気を含んで、未来が会議を始める
GM:未来「まずはその調査からなんだよ、もう」
一条:「・・・すまんな」
GM:未来「ということで調べて下さい」
美津理:「あのー、資料のコピーは?」
GM:未来「向こうから持ってきてもらう資料にFHエージェントのことやジャームのことが載ってたんだよ」
GM:具体的にはUGNor裏社会で調査可能です
美津理:「そういうことなら仕方ないか。お姉さま、お手伝いしますねっ」
一条:「調査とか資料とか難しいことは分からんが、要は守ればいいんだろ?」
美津理:「かっ、かっこいい……よーしちょっと本気出して調べます!」
GM:未来「…この人たち駄目かも」
美津理:《コンセントレイト:モルフェウス》+《サイコメトリー》でUGN振ります
GM:ほいさっさ
美津理:5r10@8
(Dice_) 杉平 -> 5R10@8 = [3,4,4,5,2] = 5
GM:えっ
美津理:「あ、あれ……? 調子わるいなぁ」
GM:すまん、何も分からん
GM:一条は?
一条:2r10
(Dice_) 一条 -> 2R10 = [4,1] = 4
GM:駄目です
美津理:「こ、困りましたね……(苦笑い」
GM:未来「…えっと、何この状況」
GM:未来「とりあえず、もう一回向こうの支部から情報を回してもらえないか連絡して見るよ」
美津理:「あっほら、公城くんは何やってるのさ!」 と思いついて言います
GM:未来「公城は…えと、任務だよ、任務!」
美津理:「情報収集とかあの子の担当じゃない!」
美津理:「任務かぁ……それで、あたしたちは今何すればいいの?」 と責任が無いかのごとく
GM:未来「えと、データが来るまで、待機?」
一条:「待機か・・・つまらんなぁ」
GM:支部に冷たい風が吹き抜けて行った


GM:ミドル3 ”誰かの面影に” シーンプレイヤー:PC2
GM:
GM:場所:???
GM:登場:PC2 他不可
GM:

GM:君が調査をしていると
GM:青年から声が掛けられる
GM:青年「やぁ、公城くん」 と、風堂に良く似た顔だね
公城:「ん・・・風堂さん?」おや、と思いながらもとりあえずそう返す
GM:青年「忘れてしまっているかな、僕のことを」
GM:青年「未来を連れて来て欲しいんだが…」
公城:「あ、すいません」と人違いを詫びる
公城:「未来さんですか?未来さんは今丁度外に行ってますが・・・」と青年を怪しみながら言う
GM:青年「伊藤士郎の名を出せば伝わるはずだ」
GM:士郎「怪しいと思ったなら調べてみると良いよ」
公城:「伊藤士朗さん・・・ですか」調べてみろ、というとは思っていなく、少し警戒する
GM:士郎「支部の位置などとっくに分かってるよ、長話失礼したね」
GM:と、彼は《瞬間退場》でこのシーンから離脱する
GM:彼について調べるならUGNかFHだね
公城:「あ・・・」何か言う間もなく、立ち去られてしまう
公城:それならUGNで調べてみよう
公城:社会6のコネと情報1で8r10+1
公城:8r10+1
(Dice_) 公城 -> 8R10+1 = [8,2,10,1,3,1,5,5][2]<クリティカル>+1 = 13

GM:6:
GM:彼のシンドロームはサラマンダー/オルクスである
GM:11:
GM:彼のコードネームは”ホワイトアウト”と言う
GM:まだ未確認の情報があります
公城:では財産P8を使用して判定に+8
GM:16:
GM:彼は10年前に任務で亡くなっている
GM:「情報:動く死体の怪異」のキーワード入手

公城:情報は以上?
GM:えぇ、これ以上はありません
公城:了解
GM:次のキーワードを調べてもいいですし、支部に持ち帰るも自由です
公城:「・・・10年前に亡くなっている人、か・・・」
公城:調べるとしたら次の判定もUGNで大丈夫?
GM:次のは裏社会ですね
公城:一応振ってみよう
公城:6r10
(Dice_) 公城 -> 6R10 = [7,3,4,6,5,3] = 7

GM:7:
GM:巷で、死んだはずの人間が徘徊していると言う
GM:まだ未確認の情報があります

公城:んー・・・まぁ財産Pも残り4だしここまでにしておこう
GM:賢明です
公城:「死んだはずの人が・・・」とりあえず支部に戻る事にする
GM:これでこのシーンで探索できる情報は以上ですが
GM:では、君の不可解な思いを残したまま、支部への帰路に


GM:ミドル4 ”明日への道標” シーンプレイヤー:PC5
GM:
GM:場所:支部
GM:登場:全員可
GM:

GM:公城は先程の情報を、風堂、近衛組はクーのことを聞くため、そして杉平、一条組はその応対に、それぞれ理由はあれど
GM:ここに、いくらかの人間があつまって来たのであった
GM:未来「公城、よく帰ってきてくれた」
GM:クー「ここ?」
風堂:「ん、まぁちょっと用事があってな」
近衛:「怖いとこじゃないから安心してね」
公城:「未来、伊藤士朗さんと名乗る写真と同じ顔の人に会ったよ」と、静かに言う
GM:未来「…え」
風堂:「んあ、随分雁首そろえてるな・・・何かあったのか?」
GM:未来「…そっか、ごめん」
GM:未来「ごめんね、公城、ちょっと席外すね」 そういって支部の自分の部屋へと帰っていく
近衛:「なんか深刻なとこに来ちゃったかしら・・・」
風堂:「あ、おいおい」
GM:クー「パパ?」
美津理:「未来ちゃんどうしたんだろ……と、こ、ろ、でー」
公城:「・・・うん、わかった」不味い事言ったかな、と思いながら見送る
美津理:「その幼女はどちら様なのよ。風堂さんの隠し子?」
近衛:「な、に、か、なー?」
近衛:「風堂がパパで私がママなのよ」真顔
美津理:「へっ……」 ボーゼン
風堂:「ハァ・・・」ため息しか出ない
公城:「風堂さんと近衛さんの・・・?」
GM:クーは6歳ぐらいだ
風堂:「公城 お前もそこで納得するな」
近衛:「ふふっ、なーんて・・・半分冗談よ」
一条:「(少し飽きてきたな・・・)」 少し離れたところであくびをする
公城:「あ、冗談でしたか・・・すいません」ちょっと焦っているようにも見える素振で謝る
GM:クー「何か調べるの?」
風堂:「残り半分はほっといて んで、とりあえずだ」
風堂:「そう、調べものだ ちょっとな」
風堂:「公城、未来に何かあったのか?」
公城:「あー、実は未来に少し頼まれごとをしていて、その事で・・・」経緯を話していいものかちょっと迷いながらも簡単に話す
風堂:「俺に似たやつ・・・で、しかもそいつは昔に死んでる・・・ねぇ」
風堂:「ミツリたちは何か聞いてるのか?」
美津理:「あたしたちは、その……待機中(笑)」
風堂:「待機・・・任務か 嫌に重なってるな」
美津理:「まぁ実をいうと……」 と任務のあらましと情報収集に失敗したことを伝えるよ
近衛:「またこんなことに首突っ込んで・・・」ミツリにはちょっと怒ってるみたい
公城:「・・・えっと、そちらの方は?」と一条を見て
美津理:「朱海さぁん、あたし今回巻き込まれた方なんだからねっ」
一条:「あたしは、本日付けでこの支部に出向になった一条っていうもんよ」
風堂:「エージェントを呼ぶほどの任務かー まった面倒なことになったぜ」
公城:「そうでしたか、僕は佐々木公城と言います、よろしくお願いしますね」丁寧に礼をする
近衛:「まったく、気をつけなさいね・・・っと、よろしく、頼りにしてるわね一条さん」
風堂:「そいで・・・だ こいつはクー まぁ、そうだな・・・」 と、あらましと、クーがUGNの監視下にあることなどを説明する
GM:クー「そわそわ」
風堂:「はいはい、今済ませるから」
近衛:「で、何か情報はないものかって・・・」公城をじー
公城:「ん・・・」ク―を見て、ふと未来から受け取った写真を取り出す
公城:「これ、君かな?」ク―にその写真を見せる
美津理:覗き込み 「これ、風堂さんとクーちゃんじゃない?」
GM:クー「うん」
風堂:「・・・何で俺が写ってんだ?」
GM:写真を見た人は<知覚>で判定して良いよ
風堂:「さっきも言ったけど、俺がこいつとあったのは今日が初めてのはずだ・・・」 頭をかきつつ過去を思い出す
美津理:感覚4知覚1の出番ね!
美津理:4r+1
(Dice_) 杉平 -> 4R+1 = [7,2,4,4]+1 = 8
近衛:1r10+1
(Dice_) 近衛 -> 1R10+1 = [10][2]<クリティカル>+1 = 13
風堂:3r
(Dice_) 風堂 -> 3R = [6,2,5] = 6
公城:1r
(Dice_) 公城 -> 1R = [1]<ファンブル> = 0
一条:1r10
(Dice_) 一条 -> 1R10 = [1]<ファンブル> = 0

GM:では、杉平と近衛は分かるね
GM:この写真は10年前に取られただろうものだ
GM:背景の町並みからそう推測出来る

近衛:「ずいぶん古いじゃない、これって・・・」
風堂:「そんなに古いのか?」
美津理:「これ、風堂さんじゃないね。10年くらい前だよ……?」
近衛:「10年はたってる・・・ってことはその、そっくりさんのほうね」
風堂:「・・・10年!?」 自分はともかく、クーの顔を見る
GM:クー「…?」
美津理:「クーちゃん……何歳かな?」 とおそるおそる
公城:「10年・・・」
GM:クー「ろくさい!」
近衛:「そうよねー六歳よねー」
風堂:「・・・あー、予想以上に大変なことになったぞ・・・」
美津理:「公城くん、この写真ってどこで手に入れたの?」
公城:「これはこの男性を調べる時に、未来から借りたものです」未来の顔を思い浮かべクーと見比べている
近衛:「・・・この写真の人物を探してっていう依頼自体がおかしいわ」
風堂:「えっと・・・おかしいって どういうことだ?」
美津理:「未来ちゃんに直接話を聞いた方が良さそうね。でも、彼女大丈夫かな……」
近衛:「10年前の写真を渡して探せだなんて、変じゃない?」
公城:「どういう意図で未来は・・・」
公城:このタイミングで未来について調べて大丈夫?
近衛:「出なきゃ変化がないことを確信して渡してるってこと・・・何か知ってるのよ」
GM:調べてオッケーですよ
風堂:「・・・っ!」
公城:UGN?
GM:UGNかFHで
公城:ではUGNで
公城:8r10+1
(Dice_) 公城 -> 8R10+1 = [5,2,2,2,10,5,1,5][2]<クリティカル>+1 = 13

GM:5:
GM:未来はここに10年前から配属されたチルドレンである
GM:11:
GM:彼女は”触媒(カタリスト)”のDロイスを持っている
GM:これは、レネゲイドを活性化させ、強力にする力がある
GM:彼女自身はその能力に関しての知識はないが
GM:UGN、FH内では標的にされやすい能力とも言える

風堂:「10年前・・・また10年前か」
風堂:「・・・あー、そいや『変な噂』があるんだって?公城」
風堂:「死人の怪」についてたずねる
公城:「あぁ、死体の怪、ですね」調べた事を簡単に説明する
公城:こちらについても調べるならまた裏社会?
風堂:「わかった・・・ちょっと待ってろ」と、携帯電話とメモ帳を取り出す
近衛:・・・クーちゃんの脈とっていい?
風堂:「噂話」で判定できないか?
GM:クーには脈がありますよ
GM:んー、噂か…可にしましょう
風堂:ありがとう
美津理:珍しく風堂さんがやる気だから様子を見ます
GM:クー「ママ、何?」
風堂:2r+1
(Dice_) 風堂 -> 2R+1 = [4,6]+1 = 7
GM:失敗です
近衛:そかそか、生きてはいるのかなあ・・・「ん、手があったかいなーって」ちょっと苦笑い
公城:警察かUGNでそれを調べる事は?
近衛:私が噂話で判定するわ
GM:おk
美津理:噂ならあたしもいけるから安心して失敗して!
GM:ん、警察は可、UGNは不可で
GM:噂話はどうぞ判定を
近衛:4r+1  うわさ好きの友人がいるから
(Dice_) 近衛 -> 4R+1 = [2,1,5,7]+1 = 8
近衛:だめっぽい・・・

GM:10:-4
GM:それはFHエージェント”ゴーストスプリクト”の仕業である
GM:彼?彼女?は記憶に憑き、その記憶から事件を起こすと言う
GM:まだ未確認の情報があります

公城:では警察で回してみよう
近衛:かくかくしかじかー
公城:8r10
(Dice_) 公城 -> 8R10 = [4,7,4,3,2,8,4,6] = 8
公城:(´・ω・`)

GM:13:-6
GM:”ゴーストスプリクト”は未来の持つ”触媒”の性質を使い
GM:事件を起こそうと計画しているようだ

風堂:「・・・未来の記憶 伊藤士郎 クー」
美津理:「もしかして、あたしたちの方の仕事って」
公城:「"ゴーストスプリクト"・・・」
美津理:「UGN支部の護衛じゃなくて、未来ちゃんの護衛だったってこと・・・?」
風堂:「おそらく、このゴーストスクリプト こいつが相手だな」
公城:未確認情報は無し?
一条:「あぁ・・・、だったらしいな・・・」
GM:えぇ、もうすべてこの情報は出ましたね
公城:了解
美津理:ゴーストスクリプト自体の調査は可能?
近衛:「・・・未来を一人にするのはまずい?!」
GM:”ゴーストスプリクト”自体は自身には何の能力も持ちませんね
美津理:判定不要ということ?
GM:あくまで取りついた記憶の攻撃を行いますし、倒すには記憶を破壊して再生を困難にすることしか出来ません
GM:あぁ、実体化した記憶、っすね
風堂:「・・・クーはどうする」
公城:「・・・僕が出会った伊藤さんはその"ゴーストスプリクト"が実体化したものかな」
風堂:「・・・近衛、クーは任せる とにかく未来を見に行くぞ」
公城:クーについて調べたい気もしたけどみんなで見に行くところかな
近衛:「わかったわ、クーちゃん、ちょっとママと遊んでましょーね」
GM:道すがら調べられますよ
GM:クー「はーい」
公城:了解、ではUGNで判定?
GM:ですね
公城:8r10+1
(Dice_) 公城 -> 8R10+1 = [2,4,1,10,1,8,1,6][4]<クリティカル>+1 = 15

GM:12:
GM:クーはUGNチルドレンの一人の特徴と一致している
GM:ただし、該当するのは10年前のデータベースである
GM:「情報:該当するデータベース」のキーワード入手

美津理:「一条さん、あたしたちも急ごう。未来ちゃんを護るのはもともとあたしたちの役目だもん!」
公城:そのまま該当するデータベースを調べられる?
GM:おkです。UGN限定ですよ
一条:「そうだな。ここで何かあったら出向しに来た意味がないしなっと」
公城:8r10+1
(Dice_) 公城 -> 8R10+1 = [5,3,3,10,7,3,2,8][10][2]<クリティカル>+1 = 23
GM:おぉぉぉ
近衛:さすがの情報収集担当

GM:21:
GM:クーは榛原未来のデータベースと一致する
GM:”クロックワーク・エンジェル” ブラックドッグ/ハヌマーン・エンジェルハィロゥ

公城:「・・・未来」発覚した情報を見て、心配そうに足を速める
GM:君たちが未来のところに向かっていく…と言ったところでシーンカット

公城:情報収集てがら、嫌な予感を感じてUGNボディアーマーの購入をしたい
GM:おk、購入判定を
公城:6r10+1
(Dice_) 公城 -> 6R10+1 = [4,8,5,3,3,10][3]<クリティカル>+1 = 14
公城:達成値は12だから購入・・・よね
GM:購入成功です
公城:あい、装備は後になるかな
風堂:同じく、購入判定で日本刀を 社会2と調達2とコネ:手配師で・・・
風堂:5r10+2かな?
GM:だね
風堂:5r10+2
(Dice_) 風堂 -> 5R10+2 = [5,10,5,4,6][5]<クリティカル>+2 = 17
風堂:11だから成功かな
GM:うむ、日本刀を購入成功
GM:他の人もレザージャケットぐらい狙っとけば?
美津理:あたしレザージャケット常備化ですっ!
GM:すげぇ
美津理:盾担当ですから!
近衛:お金がにい
近衛:強化服常備でいいや
GM:では、購入はいいかな?
風堂:OK
近衛:大丈夫、かな
公城:おk
一条:購入判定でレザージャケット
一条:2r+1
(Dice_) 一条 -> 2R+1 = [1,5]+1 = 6
GM:はい、では裏で財産Pの1点消費を聞きましたので、購入成功です
近衛:2r10+1 私もやっぱジャケット購入
(Dice_) 近衛 -> 2R10+1 = [9,3]+1 = 10
近衛:お、買えた
GM:ほい、余裕で成功
美津理:2r10+2 くさりかたびら!
(Dice_) 杉平 -> 2R10+2 = [4,5]+2 = 7
近衛:いっこ上のにしときゃよかったか
美津理:失敗で
GM:流石に無理でしょうがw


GM:ミドル5 ”そして世界は踊る” シーンプレイヤー:PC4
GM:
GM:場所:支部
GM:登場:全員可 制限あり
GM:
GM:※このシーンに出た場合、次のシーンに出られない

GM:では、残ったクー側
近衛:遊んでます。割と能天気
GM:クーの体から少しずつレネゲイドが離れ、実体を保てなくなっていきます
GM:クー「…あ」
近衛:「?!え・・・クーちゃん?」
GM:クー「たぶん、”ゴーストスプリクト”に気付かれたの」
公城:「・・・やっぱり」丁度その時、公城が戻ってくる
近衛:「え、どういうこと・・・?公城君!」
GM:クー「わたしは、乗っ取った記憶の一部から、ここに来ようとしたの」
近衛:「乗っ取ったって、クーちゃん・・・あなたは一体・・・?」
公城:「・・・少し、調べました」警戒しながら
近衛:「説明、してくれるかしら?」
GM:クー「安心して、位置情報は向こうには行っていないし」
GM:クー「”ゴーストスプリクト”も自分の能力を乗っ取られるなんて、と」
公城:「見つかったのは10年前のUGNの記録、そこでクーちゃんと一致するデータが見つかりました」
公城:「・・・10年前の未来と一致したんです」
近衛:「じゃあこの子は未来の、過去に姿を借りた・・・」
公城:「・・・乗っ取られる?」そこまで言って、その言葉聞いてクーを見つめる
GM:クー「エージェントの一部、です。”触媒”の一部で、逆に能力を使って」
GM:クー「過去の未来を再現してここに送り込むつもりでした」
GM:クー「現在の未来が狙われている、と」
公城:「・・・つまり君は未来の一部で、"ゴーストスプリクト"では無いのかい?」
GM:クー「はい」
GM:クー「わたしはもうすぐきえますが」
近衛:「ゴーストスクリプトがきっかけだったのかもしれない、でも・・・そこから逆に触媒を使って自我を得た、と・・・」
GM:クー「そうなります」
公城:「・・・つまり、あの伊藤士朗が”ゴーストスプリクト”で、未来を探しているってのは・・・」
GM:クー「おそらく、本来の”触媒”の力を使えば、このまちすべてを」
公城:「・・・なんてことだ」
GM:クー「すべてを」 もう話すことも出来ないようだ
近衛:「それを伝えてくれたのね・・・ありがとう、クーちゃん」
公城:「・・・急いで合流しましょう」近衛に言う
近衛:まだ、姿は見えるのかな・・・?
GM:少しだけですが
近衛:頭のあたりをなでて
近衛:「私の中のあなたは、消えないから・・・この町を、守りましょう。ママと」
近衛:そういって、泣いてるような笑ってるような苦笑いを浮かべて
GM:その言葉を最後に光となって消えてしまう
GM:聞いた彼女は笑っているように見えた


GM:ミドル6 ”色が消える日” シーンプレイヤー:PC1
GM:
GM:場所:支部
GM:登場:制限
GM:

風堂:「未来・・・!」
美津理:「未来ちゃん……!」
GM:君たちが部屋に飛び込むと
GM:士郎「渡して欲しかったんだけどね」
GM:士郎「もう正体はバレているんだろう?」
風堂:「・・・お前の目的はなんだ『ゴーストスクリプト』っ!」
GM:”ゴーストスプリクト”「単純な話さ」
GM:”ゴーストスプリクト”「この街を地図から消してやりたいと思っただけだ」
美津理:「こいつ、何をッ……!」
GM:”ゴーストスプリクト”「面白いじゃぁないか、地図から消えた街。栄えある3つ目だよ」
風堂:「お前の能力は『記憶の再現』だろう 作る能力で、ただ破壊しかできないとは 随分と安いやつだ」
美津理:「そんなことのために、未来ちゃんを連れて行かせるわけにはいかないわ!!」
GM:”ゴーストスプリクト”「そうだ、こんなまどろっこしい能力、鬱陶しいと思わないか?」
風堂:「・・・鬱陶しい?」
GM:”ゴーストスプリクト”「どうせならただ吹き飛ばすだけの能力の方が面白かったろう?」
風堂:「・・・はっ 羨ましいな "亡くした事がないヤツ"ってのはよ」
GM:”ゴーストスプリクト”「はっはっは」 GMは《異能の指先》を宣言します。<RC>か<意志>で抵抗してください
GM:5r10
(Dice_) 名前 -> 5R10 = [5,3,2,2,5] = 5
風堂:2r10+1
(Dice_) 風堂 -> 2R10+1 = [3,8]+1 = 9
風堂:<意志>ね
美津理:1r+2 RCで抵抗!
(Dice_) 杉平 -> 1R+2 = [3]+2 = 5
一条:2r10+1
(Dice_) 一条 -> 2R10+1 = [5,8]+1 = 9
GM:全員抵抗ですね
GM:”ゴーストスプリクト”「記憶が読めないだと…」
美津理:「あら、何かした?」 フフンと笑って
一条:「なんだ今のは・・・」
風堂:「安いぜ 何も持ってないヤツの力なんて そんなものだ」
GM:”ゴーストスプリクト”「この俺が何も持っていないだと…お前だけは許しちゃおけねぇ」
GM:”ゴーストスプリクト”「まぁ良い。このガキを頂いて行けば俺の計画は完璧だ」
GM:”ゴーストスプリクト”「”プランナー”も出し抜ける俺の計画だぜ」
美津理:「素直に帰してもらえると思ってるの!?」 一歩前に出る
一条:「そうはいかないな、その子を守るのが私の仕事なんでな!」
GM:”ゴーストスプリクト”「流石に多いな、荷物を持ってちゃ逃げられねぇ」
GM:《瞬間退場III》
風堂:流石にこれは阻害できないか
GM:”ゴーストスプリクト”「次は軍勢をひきつれて来てやるよ、はっはっは」
美津理:「未来ちゃん!」 取り残された未来に駆け寄ります
GM:とシーンアウト
GM:未来「え、あ、大丈夫…」
風堂:「たくっ 能力が能力だからもっと面白いやつかと思ったがな 無事ならよしとするか」
美津理:「良かった……!」 涙ぐみながら未来を抱きしめます
GM:未来「杉平先輩…?」
美津理:「危ないところだったんだから! もう一人にはさせないからね!」
GM:未来「え、あのボクが勝手に飛び出したからだし」
風堂:「おう、反省しとけ 後悔してからじゃ遅いぞ」
GM:未来「はい、でもどうしてこのことを?」
美津理:「そ、それは……」 チラッと風堂を見る
風堂:「・・・はいはいっと ちょっと野暮用で寄ったんだがな ちょうど公城やコイツらと出くわしたんで」
風堂:といって、クーのことを説明する
風堂:「ただの迷子だと思ったら 何でも監視対象だって聞いてここに来たわけだ」
GM:未来「うんうん」
風堂:「・・・うんうんって お前は何も知らないのか?」
GM:未来「大体わかってたけど、裏付けなんてなかったから」
風堂:「裏づけって・・・なんのだ?」
美津理:「裏付けなんて必要ないのに……」
GM:未来「だから色々誤魔化してエージェントを呼んでみましたっと」
美津理:「……えーとお姉さま、怒ってない?」 とおそるおそる
一条:「怒る・・・? 未来が無事で何事もなければいいんだ・・・問題ない」
美津理:(優しい人……!)
一条:「(あたしは闘えればいいんだ・・・殴れればそれで・・・!)」
GM:未来「じゃあ、アレはどうするの?」
GM:未来「また襲ってくる口ぶりだったけど」
風堂:「連れてくるとかいってたけど 流石にあれの足は追えんわ」
美津理:「えっと、そのことなんだけど……
風堂:「今できることは、わかってる情報を集めて・・・ミツリ、何かあるのか?」
美津理:「刺客の狙いがUGN支部じゃなくてあなたってわかったから、かえって動きやすいわよ」
GM:未来「って言うと…囮作戦?嫌だよ?」
風堂:「アイツからわざわざ来るって予告してるんだ 誘き出さんでも来るだろ」
GM:未来「ですよねー」
美津理:「大丈夫、あたしが24時間傍にいてあげるから!」
GM:未来「先輩に期待したボクが馬鹿だったよ」
一条:「敵さんが来るっていうんだ、ゆっくり待てばいいさ」
風堂:「とにかく、一端戻ろう 公城と近衛、それにクーが待ってるかもしれない」
美津理:「そうね、未来ちゃんが知らない話もあるみたいだし戻りましょう」
GM:未来「はいはい、拗ねてごめんなさいーだ」
風堂:(・・・風堂は少し不安だった 相手が容易く下がったことと 何より途中まで一緒だった公城が戻ったことだ)
GM:その不安を抱えながら、戻っていく4人であった


GM:ミドル7 ”反撃の狼煙” シーンプレイヤー:PC1
GM:
GM:場所:支部
GM:登場:全員
GM:

GM:では、支部の会議室に帰ってきた組と、残った組の合流
近衛:こちらが追っかけてこうとしたらちょうどかえって来たとこか
美津理:「未来ちゃん無事だったよー!」とノックもしないで部屋のドアを開けます
GM:静まり返った会議室
風堂:「そっちは何かあったか?」
美津理:「……あ、あれ? どったの?」
近衛:「・・・そう、よかったわ・・・こっちは・・・あのね」
公城:「話すと、長くなるよ」経緯を簡単に説明する
風堂:風堂 押し黙る
近衛:「・・・任されたのに、ごめんね風堂君」
風堂:「・・・いや それがアイツの 自分に持った意味だったんだ」
風堂:「だったら、何も謝ることもないし 悲しむべきでもない」
風堂:「俺たちは、クーの願いどおり 未来を守る それでいい」
近衛:「うん。わかってるけど、さ・・・やっぱ悲しくなっちゃうのよね。」
公城:「・・・・・・」心配そうに未来を見る
近衛:そのあと明るく「そちらは、未来ちゃん無事助けられたみたいで何よりだわ」
美津理:「あ、うん、さっき話してた“ゴーストスクリプト”ってのが……」と事情説明
GM:未来「とりあえず、ごめんなさい」 近衛と公城に謝って
GM:未来「でもって、アレをなんとかしよう、ボクも情報収集は手伝うからさ」
風堂:「・・・一つだけ気になっていることがある」
風堂:「"ゴーストスクリプト"は、本当に『伊藤士郎』なのか?」
公城:「・・・うん、まずは"ゴーストスプリクト"をどうかしないと」
風堂:「・・・まぁ、接触した公城が言うなら そうか」
GM:とりあえず知りたいなら「件のジャーム」を調べてみるべきだね
公城:「とにかく、情報収集だね、今は情報が吸うな過ぎる」
風堂:「・・・おい、未来 もう一度事件について説明をくれないか」
美津理:「んー、さっきの男が支部を狙ってたジャームじゃないの? 確認した方がいいのかな……」
GM:未来「事件って言うのは、この異常気象自体がジャームの仕業ではないか、って言われてることなんだけど」
美津理:判定するとしたら情報:UGN?
GM:ですね
風堂:「・・・それだ」
公城:とりあえず公城は「件のジャーム」について情報収集に入る
風堂:「この『雪』は、誰の仕業だ?」
風堂:「"ゴーストスクリプト"やつの目的を考えると あまりにも不自然だ」
近衛:「異常気象・・・だと思ってた・・・」
美津理:「だってさ公城くん!」←他人任せ
公城:8r10+1
(Dice_) 公城 -> 8R10+1 = [10,8,2,9,9,8,5,2][6]<クリティカル>+1 = 17

GM:7:
GM:件のジャームの行動は指定した領域に雪を降らせることである
GM:11:
GM:件のジャームのコードネームは”ホワイトアウト”と言うらしい
GM:「情報:ホワイトアウト」のキーワードを入手

風堂:「ホワイト・・・アウト・・・」
公城:この情報はこれで全て?
近衛:「ゴーストスクリプトとは別の敵ってこと?」
GM:全てですね
風堂:「公城、思い出さないか」
公城:了解
公城:「思い出す・・・ですか?」
風堂:「『ホワイトアウト』聞き覚えがあるはずだ この名前に」
公城:「・・・あ」思い出したらしい
風堂:「そう、『伊藤士郎』やつのコードネームだ」
風堂:「だから最初に聞いたんだ "ゴーストスクリプト"は『伊藤士郎』なのかと」
公城:「・・・僕は"ゴーストスクリプト"が伊藤士朗さんの姿を借りていると思っていました」
GM:未来「違うから何が変わるって言うのさ?」
近衛:「それもあるけど、本物の伊藤士朗だったものがいるってことかしら?」
風堂:「・・・別の目的を持った、もしくは協力関係のジャームが別で存在する」
美津理:「“ホワイトアウト”についてもっとわからないの? 公城くん」
公城:「少し待ってください」と調べはじめる
公城:今回もUGNで判定?
GM:UGNで検索できますね
公城:8r10+1
(Dice_) 公城 -> 8R10+1 = [2,2,8,10,6,2,4,10][6,5]<クリティカル>+1 = 17

GM:8:
GM:このジャームは以前にUGNにデータベースとして存在していた
GM:11:
GM:このジャームの持つ能力は受ければ動けなくなるほどの力である
GM:16:
GM:このジャームはUGNエージェントの伊藤士郎のデータと一致する</I>

風堂:「ほんと、公城のネットワークには驚きだな」
近衛:「専属の情報やさんにならない?」
公城:「支部のみなさんのおかげですよ」少し照れたように
GM:要するにこの吹雪を町全体に展開出来れば、そこに居る人ごと氷漬けだろう
風堂:「さて・・・これはどうするかな」
GM:しかし、それには圧倒的に出力が足りない
GM:その結果が今の状態といえるな
美津理:「今の雪は序の口ってことなのかな……あ、まさか」
公城:「・・・つまり、ホワイトアウトの能力を増幅するための」未来を見る
風堂:「まて、決断を早まるな」
風堂:「もしやつが街をつぶす気なら 何故雪を降らせた」
風堂:「わざわざ『バレる』ようなことをする」
GM:未来「愉快犯って可能性はどうなの?」
近衛:「そこまで考えるかしら、ジャームが・・・?」
一条:「むぅ・・・話は分からんが、未来を守りながら奴を倒せばいいんだろ?」
風堂:「まぁ、一条のいう通りなのだが・・・」
美津理:「あるいは、力を制御できないとか・・・」
風堂:「もしかしたら 伊藤士郎 やつは味方かもしれない」
風堂:「根拠は・・・あまり無いがな」
近衛:「へぇ、風堂君にしては希望的観測じゃない」
近衛:「ジャームである以上敵対するものと思っておくべきだと思うわ、私は」
GM:未来「でもどうやって連絡を?」
風堂:「・・・そこなんだよなぁ」と、椅子に深くよしかかりつつ 溜息
近衛:ふと「・・・最初に公城君が会った伊藤士朗はどっちだったのかしら?」
公城:「普通に会話もしましたし、未来を探している点も考えると”ゴーストスクリプト”の方じゃないかな、と」考えを話す
風堂:「まぁ、聞いた話だと無駄に挑発的だったあたりも そんな気はするな」
近衛:「んーそっか、じゃぁ昔なじみだからって未来ちゃんに食いついてくれるわけじゃないのね」
風堂:「俺がやつ・・・仮に俺の仮定する『伊藤士郎』ならむしろ距離を置く・・・かな」
美津理:「ちょっと待って、そういえば」
公城:「・・・なんです?」
美津理:「未来ちゃんとその伊藤士郎って、どういう関係なのよ。まだ聞いてなかったよね……?」
風堂:「ああ、そういえばそうだな」
GM:未来「えと、教官とチルドレンだけど」
美津理:「本当にそれだけ? 悪戯されたりしなかったの?」
GM:未来「昔からUGNは人材が少ないから、年上のエージェントが子守したりとかするんだーって」
風堂:「ミツリは黙ってろ(ポカス) 公城に調査依頼をしたのは、伊藤が犯人だと思ったからなのか?」
美津理:「あたっ! うぅ~……」
GM:未来「多少は能力も聞いたことがあったし、それっぽい人を見たって言うのも聞いたからだよ」
GM:未来「今考えてみれば風堂さんだったんだろうけど」
風堂:「・・・ゴーストかどっちかは今だとわからんが 大差ないな」
風堂:「でも、この『雪』は存在している これは事実だ」
風堂:「伊藤士郎のものなのか ゴーストの能力なのかは確定できんがな」
公城:「・・・・・・」困ったように空を見上げて降っている雪を眺める
GM:未来「とりあえずさ、皆の意見はどうなのさ」
公城:「・・・まずは"ゴーストスクリプト"をどうにかしないといけないと思うな」
風堂:「そうだな、ヤツが敵で、後日また来るというのは確実だ」
近衛:「公城君に同じ。こっちは明確に敵よ。それも危険な考えを持ったね」
美津理:「どっちにしても、未来ちゃんの護衛は必要でしょ? あたしはそうするよ」
一条:「話が簡単で何よりだ、ここに敵が来るのなら迎え撃てばいいんだからな」
GM:未来「こっちから襲撃するって言うのはどうなの?」
GM:未来「相手の準備が終わってない時に行くの」
美津理:「襲撃って言うけど……未来ちゃん、ヤツの居場所がわかるの?」
風堂:「やつの居場所、そしてあの姿で現れたことを考えると 追うのは難しそうだが・・・」
公城:「居場所の検討が付けばいいけど・・・」
近衛:「でもじっと待つよりもいい手と思うわ」
公城:警察や噂話で足取り掴めないかな?
GM:未来「ふふーん」 と《タッピング&オンエア》+《天使の絵の具》+《空の楽器》
GM:具体的には、壁に画像が投影され、音が聞こえてくるね
近衛:即席モニター!
風堂:「相変わらず便利だな《エンジェルハイロゥ》」
GM:未来「ここに居るってさ」 周りには使われていないであろう、工場跡が見えるね
美津理:「知ってたなら、もっと早く言いなさいよっ!」 と未来ちゃんの頭をぐりぐり
風堂:「・・・追尾でもしてたのか?」
GM:未来「だってずっと地下に居たんだもん!」
一条:「ほう・・・やるじゃないか」
美津理:この工場跡はもう特定できていて、判定は不必要かな?
近衛:「ここまでわかってるなら、善は急いだほうがいいかしらね」
GM:いえす
風堂:「よろしい 迷うことは何も無い 未来、お前はどうするんだ?」
GM:未来「ついてくよ?」
GM:未来「入れ違いでこっちに来られても困るじゃん」
美津理:「そうだよね、一人になんて出来ないし!」
GM:未来「もちろんバレないように隠れてるけどね」
風堂:「よし、ならいい」
近衛:「それがいいわね・・・くれぐれも後ろにいなさいよ」
美津理:「よーし敵のアジトに殴り込みだ! えいっえいっおー!!」
風堂:「それじゃ、各々準備ができたら出発しよう あんな小悪党でも、まがりなりにビーイングらしいしな」
近衛:「ミツリも無理しちゃダメよ・・・」心配しながら準備にかかる
公城:「・・・(今回もみんな無事に帰れますように)」小さく祈りながら準備をする
一条:「(ようやく・・・か、早くこの渇きを潤したい・・・!)」
GM:それぞれの思いを抱え、戦いの場へ向かっていく


美津理:購入判定、鎖帷子。8以上でいけるっ!
GM:頑張れー
美津理:2r10+2
(Dice_) 杉平 -> 2R10+2 = [2,7]+2 = 9
美津理:財産Pを1消費して鎖帷子購入! 装甲値が3→8だよ!!
美津理:行動値が減るから書き換えるね
公城:購入判定、ブルーゲイル 達成値は20
公城:6r10+1
(Dice_) 公城 -> 6R10+1 = [10,8,8,8,3,9][7]<クリティカル>+1 = 18
公城:では財産P2消費してブルーゲイル入手
GM:すごいなぁ
近衛:2r10+1 防弾防刃ジャケット、目標10
(Dice_) 近衛 -> 2R10+1 = [2,5]+1 = 6
近衛:ダメでしたー
GM:防弾防刃はキツイさーw
GM:以上かな?
近衛:うんまぁダメもと・・・貧乏人はジャケットで我慢なの

 

Prev 1-2 / Next 1-4