※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


リリー・アドラー

声:阿橙佳奈

2012年における夏特番 『ミルキィホームズ Alternative ONE』 に登場。
物語中における中心人物。
何者かに盗まれた曽祖父の絵画を捜索していた際にひったくりにあってしまい、
そこを休日を利用してロンドンにやってきたミルキィホームズたちに助けられたことをキッカケに、
alternative oneの物語が始まることとなる。
顔や髪形などのデザインがアニメ版のゲストキャラであるアイリーン・ドアラに似ているが別人である。

ポアロ探偵学院の生徒だが、成績はあまり良くなく自分のトイズにも自信が持てずにいた。
コンプレックスから常に弱気で内向的な性格をしているが、
ミルキィホームズのメンバーとの関わりによって徐々に自分に自信を持ち始めていく。

トイズは液体を瞬時に凍らせる凍結系のトイズ。
ただし少しの量しか凍らせることが出来ない低出力の物であり本人にもそれがコンプレックスとなっている。
(作中の描写ではコップ一杯分ほど。ラットのトイズのように視界に入った部分にある液体に効果を出せると思われる)
しかし、かつて同じ様に自分のトイズの弱さをコンプレックスとしていたシャロに諭され、
最終的には咄嗟の機転を利かせることで彼女の能力が見事に事件解決の決め手となった。

事件後は警察に証拠品として一時預けられた絵画たちが戻ってくるまでの間小林 オペラのアパートで
ミルキィホームズたちと共にしばし居候することになった。

名前の由来はアイリーン・ドアラと同じく アイリ-ン・アドラー から。
わざわざ元ネタが既存のキャラがいるうえで新しいキャラとして作るというのは、
あくまで物語がアニメ版とは異なるパラレル世界ということを強調するためでもあるのだろうか。

ちなみに実家はサセックスで養蜂を営んでいるが、これは原作シャーロック・ホームズにおいてホームズが引退後に行っていた事。
アドラーの家系がそれをしていたのはあくまで物語としてのネタなのか、彼女自身もホームズと関連があるのではないか、と一部で考察されている。