※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


怪盗L

声:???

かつて小林オペラと渡り合った伝説的大怪盗。
小林がトイズを失う原因となった爆発事故で死亡した事になっているが…
+以下ネタバレ
声:石塚運昇

実はアンリエット生徒会長の執事、舘その人であり、怪盗帝国とミルキィホームズの真の創始者。
アルセーヌを唆し、怪盗帝国とミルキィホームズを創らせ、その活動の裏で自らの目的の為の活動を行っていた。
その目的とは小林への復讐と、無様な形で生き延びた自分の抹消であった。
ミルキィホームズが作られた真の理由は、愛しい教え子を助けられない自分の無力さ、無能さを小林に痛感させ、絶望させるためだったのである。
最期はフォルトニウムごと反応炉へ飛び降り、消滅した。

もともとは誇り高い怪盗であったらしく、小林ら以外には逃げる猶予を与えたり、アルセーヌも信頼していた様子がうかがえる。

トイズは 「精神操作」 。非常に強力な能力であり、トイズを掛けられた対象は記憶や人格までも操られ、怪盗Lの意のままに動く手駒と化す。
対象に複雑な行動を取らせるには、洗脳完了まで相応の時間が必要となるが、たった一つの行動を取り続けるような簡単な命令ならば、即効で効果が現れる。
ゲームでは、その力をもってミルキィホームズ達を一瞬で戦闘不能にしてしまった。

彼が憎き宿敵である小林オペラを呼ぶときのセリフ「こぉばやしくぅん」は非常に印象に残りやすく、よくネタとして多用される。
その小林オペラへの異常な執着は捉え方によってはヤンデレに見えるため、スレでは完全にヤンホモ化している怪盗Lの姿がたびたび見られる。
添付ファイル