YOMIURI ONLINE


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ 福岡 転落 ] の検索結果
新着順


福岡県太宰府市で池に車転落、6人不明か 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1293205908/1
http://megalodon.jp/2011-0113-1338-49/yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1293205908/1
24日午後11時40分頃、福岡県太宰府市吉松4の池に、「車が転落したようだ」と119番があった。
県警筑紫野署などによると、車同士が衝突し、うち1台が転落した。転落した車には9人が乗っていて、うち6人が車内に取り残されているという情報もある。取り残されている6人のうち5人は子どもだという。
現場は片側2車線の県道沿いで、ガードレールを突き破って転落したらしい。
(2010年12月25日00時45分 読売新聞)

福岡・太宰府で池に車転落、男児含む6人不明 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://backupurl.com/l7vd2t
県警筑紫野署などによると、転落した車には9人が乗っており、うち6人が車内に取り残され、警察や消防が救助している。

乗用車の運転手は行方がわからなくなっている。
同署の発表などによると、25日午前1時半までに、取り残されていた6人のうち男児1人を含む4人を引き揚げた。

近所に住む30歳代の女性によると、大きな衝突音がしたため、家の外に出ると1台の車が水没していた。池の近くで若い女性が「子どもを助けて」と叫んでいたという。
現場は、西鉄天神大牟田線都府楼前駅の西約1キロ。車道と池は約2メートル離れている。
(2010年12月25日02時19分 読売新聞)

乗用車の運転手は行方がわからなくなっており、同署は逃走した可能性もあるとみて捜している。

(2010年12月25日02時19分 読売新聞)

福岡の車転落、5人死亡確認…女性1人なお不明 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://backupurl.com/p55lcm
乗用車の運転手の行方はわかっていない。

転落直後、3人は脱出したが、6人が取り残された。女性1人の行方がわかっていない。

(2010年12月25日03時05分 読売新聞)

福岡の車転落、5人死亡確認…ひき逃げ容疑で捜査 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
ttp://backupurl.com/yzrxko
車転落、5人の死亡確認…ひき逃げ容疑で捜査 (読売新聞) - Yahoo ...
ttp://news.jackandneroru.com/wordpress/archives/53852
車転落、5人の死亡確認…ひき逃げ容疑で捜査
情報元:YOMIURI ONLINE(読売新聞)主要ニュース
ttp://www.choix.jp/getpost/9847645
車転落、5人の死亡確認…ひき逃げ容疑で捜査
RSS: www_yomiuri_co_jp (2010-12-25 03:41:34)
2010-12-25 03:41:34

池転落事故で死亡6人、救出の乳児は重体 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://backupurl.com/epqnjp
県警筑紫野署によると、転落したワゴン車には17~18歳の男女8人と生後6か月の男児の計9人が乗っており、3人は自力で脱出、6人は病院に搬送されたが、男性2人、女性3人の計5人の死亡が確認された。

乗用車を運転していたとみられる同市青葉台4、アルバイト秦智之さん(26)も池の中から遺体で発見された。

(2010年12月25日12時15分 読売新聞)

「子供を助けて」女性の悲鳴響く…池転落事故 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://backupurl.com/7tmlxw
ワゴン車が水温5度前後の池に転落した事故は、高校生や6か月の男児を含む7人が死亡する惨事となった。

「泣き叫びながら子供の名前を呼ぶ女性の声が忘れられない」
池付近で救助の様子を見守った近所の女性(23)は25日朝、事故直後の現場の様子を語った。
現場近くのガソリンスタンドで洗車していた大学生今井勢也さん(21)が、スタンド内に車を急停車させ、大声で叫ぶ男性に気づいたのは24日午後11時40分過ぎ。男性はワゴン車と衝突した乗用車に乗っていたアルバイト秦(しん)智之さん(26)とみられ、すぐに池に向かって走り、飛び込んだという。
事故の約10分後に到着した筑紫野消防署の浦下和久主任(36)らによると、水は冷たく、濁っていて車はほとんど見えなかった。
車は道路から5~6メートル先の池の底に沈んでいたため、車を道路側に引き寄せた後、隊員が池に入ったという。
ライトで照らしても水中の濁りはひどく、ほとんど前が見えない状態だった。ハッチバックドアと後部座席のドアを開けて、車内を確認していった。浦下主任の手に、山本悠斗ちゃん(6か月)の頭が触れたのは約1時間後。すぐに車から引き出したが、呼吸は確認できなかったという。
激しい衝突音を聞いて駆け付けた住民ら約20人も救助活動に参加した。短いロープを5メートルほどにつないで投げ、水面に浮かんできた男性を助けるなどした。

近くに住む古賀優子さん(50)は「(悠斗ちゃんの)名前を呼び、泣き崩れている女性に毛布をかけて背中をさすることしかできなかった」と唇をかんだ。
(2010年12月25日20時20分 読売新聞)

車衝突し池に転落、高校生ら6人死亡・乳児重体 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101225-OYS1T00418.htm
http://megalodon.jp/2010-1225-1612-46/kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101225-OYS1T00418.htm
2010/12/25 00:00
乗用車の運転手については一時、行方が分からなくなっていたが、運転していたとみられる男性が池の中から遺体で発見された。

ワゴン車は木村さんの父親の名義で、定員は7人だった。福岡市内にクリスマスイルミネーションを見に行く途中で、3人は「どのように車と衝突したか、分からない」と話しているという。
乗用車を運転していたとみられる太宰府市青葉台4、アルバイト秦(しん)智之さん(26)は、事故後、救助のために池に飛び込んだとの情報もある。
現場は片側2車線の信号がある交差点で見通しはよかった。乗用車の破損状況などから、県警は、直進するワゴン車と右側から来た乗用車が衝突、その弾みでワゴン車がガードパイプを突き破って約2メートル下の池に転落した可能性が高いとみており、速度や運転手が誰だったかなどを調べている。
池は農業用水として使用されており、水深は約2・5メートル。警察や消防のレスキュー隊が救助にあたり、ワゴン車は、3時間後にクレーン車で引き揚げられた。県警によると当時の水温は5度前後だったという。
県警は25日午後、池の水を抜き、遺留品の収集を行うとともに、他に事故に巻き込まれた通行人がいないかなどを調べる。

(2010年12月25日 読売新聞)

「子供を助けて」泣き叫ぶ女性、冷たい水に救助難航 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101225-OYS1T00193.htm
http://megalodon.jp/2010-1226-0102-08/kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101225-OYS1T00193.htm
2010/12/25 00:00
「泣き叫びながら子どもの名前を呼ぶ女性の声が忘れられない」
県道脇にある池付近から救助の様子を見守った近所の女性(23)は25日朝、前夜の事故を振り返った。
池の水面には、沈んだ車からもれたとみられる油や靴も浮かんでいた。
「人が落ちた」
現場近くのガソリンスタンドで洗車していた大学生今井勢也さん(21)が、乗用車をスタンド内に急停車させ、大声で叫ぶ男性に気づいたのは24日午後11時40分過ぎ。男性はワゴン車と衝突した乗用車に乗っていた同県太宰府市青葉台、アルバイト秦(しん)智之さん(26)とみられ、すぐに池に向かい、飛び込んだという。乗用車の後部座席には、プレゼントとみられる赤い包装紙の箱が紙袋に入って残されていた。
事故の約10分後には、筑紫野消防署の救助隊員が到着した。
救急救助係の本田豊章係長(37)と浦下和久主任(36)によると、水は冷たく、濁っていて車もほとんど見えなかった。
車は道路から5~6メートル先の池の底に沈んでいたため、車を道路側に引き寄せた後、隊員が池に入ったという。
ライトで照らしても水中は濁って見えず、手探り状態だった。
エアバッグが開いており、ハッチバックドアと後部座席のドアから救助を開始。

その後4人を救助。事故による外傷は見当たらなかったが、すでに意識はなかった。次々にロープで引き出され、毛布でくるんだ。
「これまでで一番冷たい水中での救助作業だった」と浦下主任は声を落とした。
(2010年12月25日 読売新聞)

<1位>「子供を助けて」泣き叫ぶ女性、冷たい水に救助難航 2010アクセストップ10 ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20101001-858944/news/20101228-OYS1T00312.htm
http://megalodon.jp/2011-0112-1446-40/kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20101001-858944/news/20101228-OYS1T00312.htm
2010/12/25 00:00
(2010年12月25日 読売新聞)

重体6か月乳児も死亡、死者7人に…池転落事故 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://backupurl.com/mroixn
筑紫野署の発表によると、いずれも水死とみられる。翔さんの妻、佑紀さん(18)ら3人はワゴン車後部のハッチバックドアなどから自力で脱出し、腰の打撲などの軽傷を負った。
同署の聴取に生存者の1人は「右側を並走していた乗用車とぶつかった」などと説明。同署は片側2車線のうちワゴン車が左車線を、乗用車が右側の追い越し車線を並んで走り、何らかの理由で衝突してワゴン車が県道左側の池に落ちた可能性があるとみている。
ただ、衝突時の状況については、生存者によって食い違う部分もあるという。乗用車は左前部が大きく破損。並走時の衝突でこうした壊れ方にはなりにくいとの見方もあり、同署は慎重に調べを進めている。
(2010年12月26日01時25分 読売新聞)

重体の乳児も死亡、太宰府事故 死者7人に 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101227-OYS1T00179.htm
http://megalodon.jp/2010-1228-0623-15/kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101227-OYS1T00179.htm
2010/12/26 00:00
県警筑紫野署の発表によると、いずれも水死とみられる。翔さんの妻、佑紀さん(18)ら3人はワゴン車後部のハッチバックドアなどから脱出し、いずれも腰の打撲などの軽傷を負った。

ワゴン車は乗用車と衝突した弾みで県道脇のガードパイプを10メートル余りにわたってなぎ倒し、池に転落。定員(7人)を上回る人数が乗っていたほか、チャイルドシートはなかったという。助かった3人からアルコール分は検出されていない。同署は運転手がだれだったかなどについても、確認を急いでいる。
(2010年12月26日 読売新聞)

彼女へのプレゼント残し、救助のため冷たい池に 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://backupurl.com/sfx397
「グラスを贈りたい」
ワゴン車と衝突した乗用車に乗っていたアルバイト秦(しん)智之さん(26)(太宰府市青葉台)の友人(29)によると、秦さんは24日夜、交際している女性にクリスマスプレゼントのグラスを渡しに行くと、別の友人に打ち明けていた。
事故後、現場近くのガソリンスタンドに止められた秦さんの車の後部座席には、そのプレゼントとみられる、白いリボンを結んだ箱が紙袋に入ったまま残されていた。
秦さんの遺体が発見された池に25日夕、花を手向けに訪れた友人は、5年ほど前に居酒屋で一緒にアルバイトをした時から付き合いがあったといい、「(秦さんは)みんなに気を使い、人気者だった。車の運転がとても慎重で、『安全運転、安全運転』と繰り返し言っていたので事故に遭うなんて信じられない」と嘆いた。
池には26日午前0時を過ぎても、友人の男性20人以上が足を運び、手を合わせて池の水面を見つめる人もいた。
秦さんの自宅を訪れた男性の一人は、「池の中に沈んだ人を助けるために飛び込んだに違いない。あいつらしい」とだけ語った。
(2010年12月26日19時11分 読売新聞)

太宰府7人死亡、転落ワゴン車は50キロで走行 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://backupurl.com/85g5lq
(2010年12月27日13時42分 読売新聞)

ワゴン車速度50キロか、現場付近ブレーキ跡なし 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101227-OYS1T00185.htm
http://megalodon.jp/2010-1227-2008-04/kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101227-OYS1T00185.htm
2010/12/27 00:00
ワゴン車の衝突直前の速度は時速50キロ程度とみられ、制限速度とほぼ同じだったことが捜査関係者への取材でわかった。県警は高速走行が原因で事故が起きた可能性は低いと判断しており、衝突時の状況について慎重に捜査を進めている。
捜査関係者などによると、交差点直前とみられる衝突現場の前後にブレーキ痕はなく、転落した県道脇付近に長さ3メートル程度のタイヤの走行痕があるだけだった。
衝突地点からワゴン車がガードパイプをなぎ倒した県道脇までは10メートル余りで、そこから池の中の転落場所までは約5メートル。ガードパイプは歩行者用で強度が弱い。こうしたことから、それぞれの距離と推定速度を分析すると、衝突直前は時速50キロ程度だった可能性が高いという。乗用車は破損の状態などから、ワゴン車よりも低速だったとみられるという。現場の制限速度は時速50キロだった。
また、ワゴン車から脱出した3人のうち、男性(18)は県警の聴取に「自分と別の1人が交代で運転していた」と説明。県警は事故当時の状況について、詳しく事情を聞く方針。
(2010年12月27日 読売新聞)

「ワゴン車の車線に乗用車進入」太宰府事故で目撃証言 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110105-OYS1T00775.htm
http://megalodon.jp/2011-0108-2355-47/kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110105-OYS1T00775.htm
2011/01/05 00:00
ワゴン車の後続車の女性が「乗用車がワゴン車の右方向から対向車線を横切って車線に入ろうとし衝突した」と証言していることが4日、県警への取材で分かった。
ワゴン車の生存者の1人は「右側を並走していた乗用車とぶつかった」と証言していたが、県警は、女性の証言や双方の車の破損状況などから、並走していた可能性は低いとみている。
県警によると、女性は事故直前、ワゴン車の約80メートル後方を走行。ワゴン車が追い越し車線を走行し、現場の交差点を青信号で通過しようとしたところ、右方向から入ってきた乗用車と衝突したという。
(2011年1月5日 読売新聞)

「ワゴン車の車線に乗用車進入」太宰府事故で目撃証言 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110105-OYS1T00775.htm
http://megalodon.jp/2011-0108-2355-47/kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110105-OYS1T00775.htm
ワゴン車の後続車の女性が「乗用車がワゴン車の右方向から対向車線を横切って車線に入ろうとし衝突した」と証言していることが4日、県警への取材で分かった。
ワゴン車の生存者の1人は「右側を並走していた乗用車とぶつかった」と証言していたが、県警は、女性の証言や双方の車の破損状況などから、並走していた可能性は低いとみている。
県警によると、女性は事故直前、ワゴン車の約80メートル後方を走行。ワゴン車が追い越し車線を走行し、現場の交差点を青信号で通過しようとしたところ、右方向から入ってきた乗用車と衝突したという。
(2011年1月5日 読売新聞)

福岡7人死亡事故、死亡の2運転者を書類送検 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110218-OYT1T01067.htm
http://backupurl.com/n3gu5s
同県警筑紫野署は18日、乗用車を運転していた太宰府市のアルバイト男性(当時26歳)とワゴン車を運転していた八女市の少年(同18歳)を容疑者死亡のまま、自動車運転過失致死容疑で福岡地検に書類送検した。
発表によると、男性は12月24日午後11時40分頃、太宰府市向佐野のガソリンスタンドから県道に入り、安全確認を十分に行わず走行してワゴン車に衝突。ワゴン車は池に転落し、車内にいた17~18歳の高校生ら5人と、6か月の乳児の計6人を水死させた疑い。
同署は、ワゴン車を運転していた少年も安全確認が不十分だったとみて、同容疑を適用した。
ワゴン車には9人が乗っていたが、3人は自力で脱出。男性は事故直後、救出のため池に飛び込んだとみられ、池から水死体で見つかった。
(2011年2月18日22時33分 読売新聞)

7人死亡事故 両運転者を書類送検「安全確認双方不十分」 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110219-OYS1T00259.htm
http://megalodon.jp/2011-0219-1437-42/kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110219-OYS1T00259.htm
県警筑紫野署は18日、乗用車を運転していた太宰府市のアルバイト男性(当時26歳)とワゴン車を運転していた八女市の少年(同18歳)を容疑者死亡のまま、自動車運転過失致死容疑で福岡地検に書類送検した。
発表によると、男性は12月24日午後11時40分頃、太宰府市向佐野のガソリンスタンドから県道に入り、安全確認を十分に行わず走行してワゴン車に衝突。ワゴン車は池に転落し、車内にいた17~18歳の高校生ら5人と、6か月の乳児の計6人を水死させた疑い。同署は、ワゴン車を運転していた少年も安全確認が不十分だったとみて、同容疑を適用した。
ワゴン車には9人が乗っていたが、3人は自力で脱出。男性は事故直後、救出のため池に飛び込んだとみられ、池から水死体で見つかった。
同署は、生存者の証言からワゴン車の運転手を特定。事故を目撃した後続車の女性や、ガソリンスタンド関係者の証言、双方の車の破損状況などから事故の形態を分析した。
その結果、男性が県道沿いのガソリンスタンドで乗用車に給油した後、スタンドを出て県道を斜めに横切るように走行。衝突角度は18度だったとみられ、並走に近い状態で乗用車の左前部と、追い越し車線を走行するワゴン車の右側前部が衝突した、と判断した。
(2011年2月19日 読売新聞)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。